【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

家族みんなで確認!愛犬との安全なおうち遊びのためのチェックポイント4つ

 

愛犬とのおうち遊びは、とても楽しいコミュニケーションの時間ですよね。お子さまを含めたご家族みんなが愛犬と安全に遊べるように、おうち遊びのためのチェックポイントをおさらいしておきましょう。

①足裏の毛や爪のお手入れを

遊びの中でのけがを防ぐために大事なポイントのひとつが、足元のお手入れです。

遊んでいる時に滑りやすいようならば、足裏の毛もチェック。肉球が見えないほどに伸びているようなら、ツルツル滑る原因のひとつになっているかもしれません。足裏の毛のお手入れをきちんとしておきましょう。

また、お散歩が少なくて爪が伸びがちな愛犬の場合は、カーペットに引っかからないように爪切りもしておきましょう。

②フローリングは滑り止め対策を

お部屋の床がフローリングという方も多いのではないでしょうか。滑りやすいフローリングで走り回っていると、遊びに夢中になっているうちにけがをしてしまうことがあります。また、滑らないように踏ん張ることで足腰に負担がかかってしまうことも。

室内遊びの時にはマットを敷いたり、カーペットを敷いたりするようにしてくださいね。

※関連記事
シニア犬と長く快適に暮らしたい!自宅の環境整備のポイント

③誤飲には厳重注意!

ぬいぐるみの中綿が飛び出したり、ロープがほつれて糸がとびだしたりしていませんか?破損したおもちゃは誤飲による事故につながります。また、犬が口の中を傷つけたり、おもちゃをのどにつまらせて窒息したりといった危険も考えられます。

愛犬と室内遊びを楽しむ前には、必ずおもちゃが壊れていないかチェックしましょう。また、愛犬の月齢やサイズにあった強度のおもちゃを選ぶことも大事なことです。

※関連記事
犬が異物を誤飲した…その時、決してしてはいけないことは何?【獣医師監修】

④後肢で立たせるような遊び方はしない!

おもちゃを高い位置に持って遊ぶと、興奮した犬がおもちゃをとろうと後肢だけで立とうとすることがあります。この姿勢は、犬にとっては大変無理のある姿勢です。後肢や背骨に不自然に体重がかかることで思わぬけがにつながってしまうかもしれません。

おもちゃはできるだけ愛犬の目線より低い位置で動かしてあげるようにして遊びましょう。地面を這わせるようなランダムな動きを取り入れると、とっても喜んでくれますよ。

安全に愛犬とのおうち遊びを楽しもう♪

おうち時間が多くなってくる中、愛犬とおうちで遊ぶ機会が増えている方も多いかもしれません。事故を防ぐためにも、ぜひご家族みんなで安全についてこまめに確認しあい、楽しくコミュニケーションをとるようにしてくださいね。

※関連記事
子犬がどんどん賢くなる遊び方のコツ5つ【獣医師監修】

※関連記事
おうちで遊ぼう♪かわいい子犬ちゃん達がお手本!オススメ遊び方4選♪

関連記事