【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬との室内遊びがマンネリぎみな時のひと工夫。しつけを復習してみよう!

   2020/04/02

なかなかゆっくり散歩を楽しめない日は、室内遊びで愛犬とコミュニケーション!でも、いつもの遊びに飽きてきた…そんな時はちょっと一工夫。今まで教えてきたしつけを遊びに取り入れてみると、ゲーム感覚で復習ができて一石二鳥ですよ。

追いかけっこ遊び +「ちょうだい」

おもちゃが生きて地面を這っているかのように動かして追いかけさせて遊ぶ「追いかけっこ遊び」。夢中になる愛犬も多いですよね!追いかけっこ遊びをするときは、ランダムに勝負をつけるのが飽きにくくておすすめ。たまには負けてあげて、愛犬におもちゃを捕まえさせてあげましょう。

愛犬がおもちゃを捕まえたら、「ちょうだい」で自らおもちゃを離す練習です。うまく離すことができたら、そのタイミングを逃さずしっかり褒め、ご褒美のおやつを与えましょう。離せるのが当たり前と思わず、何度でも何度でも褒めてあげてくださいね。

おもちゃを離すのが難しいときは…

愛犬がおもちゃをなかなか離さない場合は、以下のようにしてみましょう。

  • 口にくわえたおもちゃは引っ張ったりせず、「ちょうだい」と言いながらおやつを口元に近づけてみる
  • そのままおやつにつられて口元の力がゆるむのを待つ
  • 犬がおもちゃを離したら、しっかり褒めておやつを食べさせてあげる

しっかりと褒めたあとは、遊びを再開してOKです。だんだんと、自らおもちゃを離してくれるようになるはずです。

※関連記事
子犬がどんどん賢くなる遊び方のコツ5つ【獣医師監修】

かくれんぼ + 「おいで」

飼い主さんが物陰などに隠れて、かくれんぼ遊びを楽しむのもいいですね。「おいで」の声掛けで飼い主さんの元に来ることができたら、しっかりと褒めてご褒美を。

愛犬の目の前からまっすぐ距離をとって「おいで」をするより難易度はあがりますが、できるようになるといざという時にも大変役に立ちますよ。

引っ張りっこ遊び + クールダウン

ロープがついたおもちゃなどを引っ張り合うひっぱりっこ遊びは犬がとても興奮しやすい遊びです。ロープを生きているかのようにゆっくり動かして、犬の狩猟本能を刺激すると、時には「グルルル」とうなるほどに興奮することもありますよね。さらに、飼い主の周りをぐるぐる回らせたり、足の間をくぐらせたりと動きに変化を加えると、より楽しい遊びになるのでおすすめです。

ある程度遊んで、愛犬がヒートアップしてきたら、上手にクールダウンすることを教えておきましょう。

遊んでいた手をピタッと手を止めてしまってください。犬もふっと引っ張る力を緩めることができたら、しっかり褒めて遊びを再開です。

引っ張り続けてしまうようならば、おやつを口元へもっていき、犬がおもちゃをはなすようにしてみてくださいね。犬が落ち着きを取り戻し、おもちゃを離すことができたら、褒めてまた遊びを再開しましょう。

遊びの中での思わぬけがを予防するためにも、きっかけを与えることでうまくクールダウンできるようになっておきましょうね。

※関連記事
犬が喜ぶおもちゃの遊び方!遊び上手な飼い主はココが違う!

おうち遊びのマンネリ対策にトレーニングを

今回ご紹介した以外にも、今までマスターしたしつけをどんどん遊びの中にゲーム感覚で取り入れてみましょう。どんなに簡単な指示でも、こまめに復習しておくことが大切です。そうすることで、いざという時の成功率がアップします。ぜひお試しください。

※関連記事
【動画】雨の日は室内で愛犬と遊ぼう♪オススメ遊び方4選

関連記事