【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬の熱中症予防は春からはじめよう!【獣医師監修】

 

お出かけが気持ちいい季節になりました。これからの時期に気をつけたいのが、犬の熱中症。熱中症というと、真夏に起こるトラブルだと思っていませんか?実は、春に熱中症になってしまう犬は少なくないのです。 今回は、春から始める熱中症予防についてです。

春から犬の熱中症は増えてくる

熱中症というと、真夏の炎天下でかかる病気というイメージが強いかもしれません。しかし実際には、温度や湿度といった環境や犬の体調、犬種などによっては、真夏でなくても熱中症は起こります。

春は肌寒い日が続いたと思ったら、翌日には真夏日になるというようなことも少なくありません。人と同じで犬も体がまだ暑さに慣れていない時期でもあります。「まだ春だから大丈夫」と油断していると、愛犬が熱中症になってしまう可能性があるのです。春も熱中症の危険があることをきちんと理解して、適切な熱中症予防をしていきましょう。

犬が熱中症になりやすい条件とは?

①気温が高い

気温が高くなると熱中症のリスクも高くなるというのは、経験上、多くの飼い主さんがご存じのことでしょう。犬が感じる気温には、太陽から直接受ける熱だけではなく、太陽の熱を吸収した地面から上がってくる熱も含まれていることもお忘れなく。特にアスファルトのように熱を吸収しやす い路面での活動は要注意です。

②湿度が高い

犬はハッハッと激しく呼吸をして唾液を蒸散させ、その気化熱で体温を下げます。しかし、湿度が高いと、唾液の蒸散がうまくできないため、体温が下がりにくくなります。晴れて暑い日だけでなく、春の雨のあとや曇りの日、梅雨の時期なども、熱中症予防が必要です。

③換気が悪い

換気が悪いと気温が生ぬるく、湿度も高い状態になりがちですよね。熱中症予防で大事なことは、風通しをよくしてあげること。ただし、換気のつもりで窓をあけても、体温よりも温度が高く、湿度の高い風が犬の体に当たるようでは、かえって熱中症のリスクを高めてしまいますのでご注意を。

※関連記事
熱中症。うちの子もなりやすい?特に気を付けたい犬の特徴6つ

愛犬のためにしてあげたい基本の熱中症予防

①こまめな飲水

こまめな飲水は熱中症予防の基本です。こまめに何度も水を飲ませるようこころがけましょう。

散歩やおでかけなどの外出時は、水が足りなくなることがないように多めに持参することをおすすめします。留守番のときは、こぼしたり飲み切ったりしてしまうことで水が飲めなくなることがないよう、こぼしにくい形状の水飲みボウルを複数個所に置いてあげましょう。

※関連記事
【レシピ】週末にぜひ!暑い日にオススメ★愛犬用★簡単手作りごはん

②こまめに日陰で風通しの良い場所へ

ドッグランなどで夢中になって遊んでいるとついつい休憩を忘れがちですが、これは非常に危険です。

こまめに風通しの良い日陰に連れていき、休憩させましょう。もちろん、いくら風通しの良い日陰でも、その場所でずっと走り回っているようでは、運動により体温が上がります。休憩させることを忘れずに。

春のこんなシーンに気を付けて!

①車内の閉じ込め

車の中は非常に犬の熱中症のリスクが高くなります。ドライブ中、常に愛犬の様子を気にしておくことはもちろんのこと、どんなに短時間であっても犬をひとりで車内に残すことはしないでください。

春の気温がそれほど高くない日でも、停車中の車内の温度は短時間で急激に高くなってしまうことがあります。また、飼い主の不在で不安になった犬が車内で吠えることで、車内の湿度は一気に上がります。

春であっても、停車中の車内に犬を残すのは、犬をサウナに入れるようなもの。絶対にやめましょう。「少しくらい大丈夫」という飼い主さんの気のゆるみが、愛犬の命を危険にさらしてしまいます。

②気温が高い室内でのお留守番

愛犬をお留守番させなければならないときは、温度や風に留意しましょう。窓からの日差しが強い日は、春でも室内が蒸し風呂状態になることがあります。エアコンなどで適切に調整してあげることを忘れずに。

ケージでのお留守番の場合でも、ケージを設置する場所に注意しましょう。時間とともに太陽が移動することも忘れずに。

また、愛犬をお留守番させる場合には、必ず犬がいつでも自由に水を飲めるように準備してあげてくださいね。

春も油断しないで!熱中症予防は早めから

熱中症は真夏の病気のイメージが強いものですが、日差しが強く気温が高くなりはじめる春も油断大敵です。気温や湿度など、愛犬を取り巻く環境をよく考えて適切に整えてあげること、いつでも自由に飲める水を確保してあげることを忘れずに。春からしっかりと熱中症予防に努め、愛犬の快適な生活を守ってあげてくださいね。

※関連記事
愛犬が熱中症かも!その時するべき事・してはいけない事【獣医師監修】

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

関連記事