【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

もうすぐ狂犬病予防注射月間。愛犬の狂犬病ワクチンについての3つの疑問【獣医師監修】

 

狂犬病ワクチンの済票

狂犬病ワクチン、毎年きちんとうけていますか?4・5・6月は狂犬病予防注射月間です。犬を含めたすべての哺乳類に感染し、人も犬もほぼ100%死に至る病気である狂犬病。この狂犬病の蔓延を防ぐために、日本では年に1回、愛犬に狂犬病予防注射を接種させることが狂犬病予防法で義務付けられています。今回は、この狂犬病ワクチンについてです。

狂犬病ワクチンは室内犬でも必要なの?

狂犬病ワクチンは、日本のすべての犬が対象です。室内で暮らす犬であったとしても、年に1回、必ず接種しなくてはなりません。

高齢になったら狂犬病ワクチンは免除される?

高齢でも狂犬病ワクチンをうける犬

狂犬病ワクチンは法律ですべての犬が接種するよう定められたワクチンです。「すべての犬」に義務付けらていることから、年齢を理由に免除されることはありません。

ただし、病気にかかっているなどの理由でワクチンの接種が難しい場合には、一定期間の猶予を受けることはできます。そのためには、「接種猶予証明書」を獣医師に発行してもらい、お住いの市区町村へ提出する必要があります。かかりつけの動物病院で相談してみましょう。

ぴったり1年ごとに、前年と同じ日に接種しないといけない?

きちんと狂犬病ワクチンを受けた犬

狂犬病ワクチンは毎年の接種が必要ですが、前年とぴったり同じ日である必要はありません。4月1日から6月30日が狂犬病予防注射月間として定められていますので、愛犬の体調も見ながらこの時期に接種しましょう。

病気の治療などでこの時期の接種が難しかった場合は、7月以降でも動物病院で狂犬病ワクチンの接種が可能です。治療後の接種を忘れないようにかかりつけの動物病院で相談をしておきましょう。

【令和2年度の狂犬病定期予防集合注射について】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、毎年4月に公園などで実施している「狂犬病定期予防集合注射」の延期や会場の変更などが行われている自治体が多数あります。おすまいの自治体へ問い合わせたり、随時HPでの確認をしたりすることをおすすめします。

愛犬と私たちの社会を守る大事な狂犬病ワクチン、必ず接種しましょう

狂犬病はひとたび発症してしまうと、なすすべなくほぼ100%が死亡してしまう非常に悲しく恐ろしい病気です。現在、日本で発生をおさえられているとはいえ、愛犬への狂犬病ワクチン接種を怠ると、いつ日本でも蔓延してしまうかわかりません。狂犬病ワクチンは、法律に定められた飼い主さんの義務です。必ず年に1回の接種をするようにしてください。

※関連記事
アウトドアや散歩に潜むリスク!愛犬と家族に危険をもたらすマダニ…被害にあわないための対策3つ

※関連記事
<犬の去勢>なぜ勧められているの?問題点やデメリットはないの?【獣医師監修】

関連記事