【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

ブラッシングしようとすると噛んでくる子犬…どうしたらいい?【獣医師監修】

   2020/03/20

ブラッシングしようとすると噛む子犬

子犬にブラッシングをしようとすると手に噛みついてくる…というのはよくあるお悩みです。甘噛みであっても、本気で噛もうとしていても、そのままブラッシングをしないわけにはいかないし…。今回はブラッシングをしようとすると噛んでくる子犬のための練習についてです。

①ブラッシングの前にストレス発散

ストレス発散してブラッシングをする子犬

まずは、ブラッシングをする時間帯を見直してみましょう。元気がありあまっている時間帯にブラッシングをしようとしているのであれば、時間帯を変えることをおすすめします。

あらかじめ散歩や遊びで存分にストレスを発散させておくことは必須です。さらに、子犬に噛んでもいいおもちゃを与えた一人遊びもさせて、噛みたい気持ちを満たしておきます。

気持ちが満足し、心地よく疲れた状態のときが、ブラッシングの練習に適した時間帯です。

②ブラシに対する警戒心をとる

もしも子犬がブラシに対して警戒心を持っているようならば、数日の間、近くに置いた状態で遊んだり、体を撫でたりといった時間を作りましょう。子犬にブラシのにおいをかがせてあげてもOKです。

ブラシそのものに対する警戒心をとってから、ブラッシングをスタートさせましょう。

③撫でる合間に一瞬ブラシで触れることから

ブラッシングの練習用の子犬のコング

子犬が体を手で触られることに抵抗がないようならば、フードを詰めたコングなどの知育玩具を子犬の口元に固定し、夢中になっている間に体を撫でてあげましょう。体を撫でている合間、一瞬だけブラシを使って体に触れてみてください。

ブラシを気にする様子がなければ、少しずつブラシでふれる時間を増やしていき、ブラッシングへとステップアップしていきましょう。少しブラシで触れるごとに、「おりこう」と褒めてフードを少しずつ食べさせてあげるようにするとgoodです。

ブラシで触れられたり、ブラッシングされたりすることに良い印象を持てるように、もしもブラシに気づいて噛みついて来ようとしても、決して叱らないようにしてくださいね。さりげなくブラシを隠して、そ知らぬ顔で手で撫でてあげればOK。根気よく練習を繰り返しましょう。

練習を終えるときも同様に、褒めながら触られて喜ぶ場所を撫でて終えるようにすると、ブラッシング練習を良い印象でおえることができますよ。

ブラッシングの練習は叱らず、無理せず進めよう

ブラッシングの練習を進める中で、嫌がっている子犬に無理強いをしたり、噛んでくる子犬を叱ったりすることはNGです。ブラッシングに良い印象を持てなくなり、今後もっと苦労するようになってしまうでしょう。これから長く習慣として続けて行かなくてはいけないブラッシングですので、楽しい雰囲気で根気よく練習を重ねていってくださいね。

関連記事