【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬がトイレを覚えてくれないときにチェックしたい5つのこと【獣医師監修】

 

トイレを覚えていない子犬

子犬にトイレを教えたくてがんばっているけれど、なかなか覚えてくれない…そんなことはありませんか。トイレのしつけは、時間がかかるものですが、今一度立ち止まって、こんなことがないか確認してみましょう。

①子犬が広い部屋で自由にしすぎてない?

子犬がトイレをマスターしていない状態で、一日中家の中のどこでも自由に歩き回れる状態にしてしまうと、トイレをなかなか覚えられないかもしれません。

もちろん、飼い主さんがトイレのタイミングを確実にとらえてトイレに連れて行くことができればよいのですが、四六時中子犬のトイレのために子犬の様子を見ておくのは難しいですよね。

トイレは失敗させないことが肝要です。広いスペースで遊びまわるのは、トイレを済ませた直後の絶対に失敗しなさそうなタイミングに限定し、それ以外はサークルやハウスで行動を管理することで、トイレの成功率をあげてみましょう。

※関連記事
【超基本】子犬のトイレトレーニング

②トイレが小さすぎない?

子犬がトイレをなかなか覚えないようなら、子犬がトイレの中で動き回れるくらいの大きめサイズのトイレを選ぶとよいでしょう。トイレを覚えて確実にできるようになるまでは、大型犬用やワイドサイズといった大きめのものでもOK。できるようになってきたら、徐々に小さくしていきましょう。

③トイレは常にきれいな状態になっている?

清潔なトイレの上にいる子犬

犬は普通、汚れたトイレでは排泄したがりません。トイレは1回ごとに清潔なものに取り換えるようにしてください。

④トイレに連れていくタイミングはつかめている?

もうすぐトイレのタイミングの子犬

トイレを成功させるためには、トイレのタイミングをしっかりつかんで飼い主さんが子犬をトイレへ連れて行ってあげる必要があります。これがうまくいっていないと感じるようなら、まずは1日の子犬の遊び、食事、飲水、睡眠、トイレの時刻をメモする行動記録をつけることから。同時に、うまくタイミングをつかめるようになるまでは1時間ごとなど、一定の時間ごとにトイレに連れて行くようにしましょう。

ただし、遊んでいる途中などのトイレをしたくないタイミングで何度もトイレに連れて行ってしまうと、「抱っこ=遊びをやめさせられる、トイレに閉じ込められる」と学習し、抱っこに嫌な印象を持つようになるかもしれません。ですから、子犬のトイレのタイミングをしっかり把握してあげ、適切な時間にトイレにつ入れていくようにすることはとても大事なことなのです。

※関連記事
子犬のトイレ習得の効率UP。絶対外せないタイミング4つとは?【獣医師監修】

⑤トイレの場所が気に入らないのでは?

トイレは部屋の隅などの落ち着いてできる場所に置きましょう。人がそばをしょっちゅう通り過ぎるような落ち着かない場所ではトイレをしたくないと感じているかもしれません。

子犬がトイレをおぼえるまではとにかく根気よく

子犬がなかなかトイレを覚えてくれないと、焦ったりイライラしたりしてしまうこともあるかと思います。それでも、とにかく失敗させないこと、うまく誘導して成功させ、しっかり褒めることを繰り返せば、子犬はトイレを覚えてくれます。根気よくがんばっていきましょう。

※関連記事
犬のしつけに効果的な褒め方のコツ5選!【獣医師監修】

※関連記事
子犬がトイレを失敗する3つの理由とその対策

※関連記事
犬に「それは悪いこと」と伝える時の正しい方法は?【獣医師監修】

関連記事