【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬のお散歩デビューの前からしておいて!リードの装着練習【獣医師監修】

 

子犬が本格的なお散歩デビューをする前にはしておきたいことがたくさん。抱っこで家の外に出て、外の世界に慣れておくこともそのひとつ。一方、おうちの中でぜひしておきたいことは、首輪やハーネス、リードに慣らすことです。きちんと慣らしておかないと、首輪やリードにじゃれてうまく歩けなかったり、リードや首輪を装着されるのをいやがって噛みつこうとするようになったりすることも…。そんなことにならないように、子犬のうちから楽しく練習しておきましょう。

ご褒美の使い方がポイント

子犬に首輪やハーネス、リードに慣れてもらう練習をするとき、必ず必要なものがあります。それはお気に入りの食べものと知育玩具です。首輪やハーネス、リードなどを装着されることに対して、とにかく嫌な印象を持たせないようにすることが重要です。

コングなどのフードを詰められるタイプの知育玩具にお気に入りのフードを詰めておき、子犬が夢中になっている間に練習をするようにしてくださいね。食べるのに時間がかかるようなガムなどを利用するのもひとつの方法です。

※関連記事
愛犬がコングに飽きずに夢中になる!その使い方とは?

ご褒美をあげ「ながら」首輪とハーネスを装着

はじめに、愛犬にご褒美の入ったおもちゃや食べるのに時間のかかるガムを与えます。子犬が夢中になっている間に、背中側からそっと首輪を装着しましょう。首輪がつけられたら、次はハーネスも練習しましょう。こちらも、ご褒美の食べものに夢中になっている間に装着してくださいね。

首輪やハーネスを装着できたら、その状態でしっかり褒めて、ご褒美を食べさせてあげましょう。そのあと、首輪やハーネスをつけたままで自由に遊ばせたり、食事の時間にしたりしましょう。

練習しはじめでまだ十分に慣れていないようなら、子犬が違和感を感じて「とって!」と嫌がる様子を見せる前に、首輪やハーネスを外してあげましょう。何度か繰り返しながら、装着している時間を伸ばしていければOKです。

リードを装着するのも、ご褒美を食べている間に

次に、リードを装着する練習です。首に負担を与えないためにも、リードは首輪ではなくハーネスに装着しましょう。これは本番のお散歩のときも同様です。

子犬にリードを装着するときも、必ず子犬がおもちゃやごほうびに夢中になっている間にささっとつけましょう。うまく装着できたら、そのまま遊ばせたり、家の中を歩かせたりしてください。

大切なことは、「首輪やリードを装着されること=拘束される、自由がなくなる!」という印象を持たせないようにすることです。

子犬がリードを噛んで遊ぼうとするときは…

リードを装着したまま遊ばせようとすると、子犬はリードにじゃれついたり、リードを噛んで遊ぼうとするかもしれません。そんな時は、あらかじめリードに「ビターアップル」のような噛みつき防止剤を塗っておくのがひとつの手。

また、飼い主さんが上手におもちゃでの遊びに誘導してあげるのも大事なポイント。リードをかじるよりももっと楽しいことがある!と子犬に感じさせてあげましょう。

※関連記事
犬のイタズラ。効果的なのに忘れがちな対策2つ。無視だけではダメ?!

ときどき一瞬リードを押さえる練習をとりいれてもgood

子犬がリードに慣れてきたら、家の中でリードをつけて遊んでいる最中に時々一瞬だけリードを押させるように固定し、すぐに離してあげる、という練習もしてみましょう。

お外での散歩では、何かに気を取られてぐいぐいリードを引っ張ろうとする愛犬を、リードを固定してそれ以上前に進めないようにすることでコントロールする必要のある場面がでてきます。この練習は、そういった「行きたくても行けない」という状況に慣れさせるための練習です。

ただし、飼い主さんがリードを引っ張って子犬をコントロールしようとするのはNGです。リードを引っ張られることは不快感を与えますし、大変危険です。リードは固定するだけ。そうすることで、子犬がそれ以上前に進めなくような状態イメージしましょう。お外での散歩をはじめたあとも、リードは引っ張らないことを意識しておいてくださいね。

※関連記事
「こっち行くっ!」散歩でリードを引っ張る愛犬にオススメの練習4つ

愛犬の安全を守るため、首輪やリードに慣れておこう

必要なときにすぐに愛犬に首輪やリードを装着できるようになっておくことは、愛犬との暮らしの中で非常に役立ちます。愛犬や周囲の人の安全を守るためのマナーとしても、ぜひマスターしておいてくださいね。

※関連記事
子犬とのおでかけはワクチン完了前から?!社会化期は待ってくれない!

※関連記事
ついやってない?犬との散歩、NGマナー6つ!

関連記事