【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬のノミダニ対策、6つの間違い【獣医師監修】

 

犬への対策の必要なノミとダニ

愛犬のノミダニ対策は万全ですか?「できてるつもり」だったのに、ノミダニの被害にあってしまった…ということが意外と多いノミダニ対策。そうならないためにも、「ノミダニ対策はばっちり!」という方も今一度、確認しておきましょう。

NG①ノミダニ対策は暖かくなってからでOK

きちんとノミダニ対策をしている犬

愛犬のノミダニ対策は、通年で行う必要があります。

たとえ冬であっても、あたたかな室内はノミにとってはとても快適な環境。マダニも冬場の草むらに生息しています。暖かい時期だけなく、一年を通したノミダニ対策を行うことを強くおすすめします。

※関連記事
【夏の終わりの疑問】愛犬のノミダニの薬はそろそろおしまいでOK?

NG②室内飼いではノミダニ対策は必要ない

室内飼いでもノミダニ対策をしている犬

ノミはあたたかな室内にも生息しています。また、普段室内で過ごしている愛犬であっても、毎日のお楽しみのお散歩コースの草むらや公園など、ノミやマダニに遭遇する機会は必ずあるはずです。

室内で暮らす愛犬でも、必ずノミダニ対策を行いましょう。

※関連記事
ノミが犬に寄生したら…病気や被害と対策のまとめ【獣医師監修】

NG③ノミダニ対策は量販店のノミ取り首輪や駆除剤で十分

犬のノミダニ対策の薬

量販店などで販売されているノミ駆除薬やいわゆるノミ取り首輪では、愛犬のノミダニ対策としては効果が不十分と言わざるを得ません。ノミ取り首輪が接している首回りにノミはいないけれど、しっぽのまわりにはノミが寄生している…なんてことも起こりがちです。

ノミダニ対策のお薬は、必ず動物病院で「動物用医薬品」を処方してもらい、指示通りに使ってあげてください。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

NG④アロマやハーブでノミダニ対策をしているから大丈夫

虫を寄せ付けにくくする効果のあるアロマやハーブも、単独ではノミダニ対策として完全な効果を期待するのは難しいものです。

動物用医薬品のノミマダニ駆除薬を指示通りにきちんと使用して、確実なノミダニ対策をしてあげましょう。

※関連記事
犬のシャンプーの頻度と自宅でシャンプーする時の注意【獣医師監修】

NG⑤ノミダニ対策は服を着せておけば不要

犬の体でマダニがつきやすい場所

外出時は愛犬に服を着せているから大丈夫…、などということは決してありません。愛犬はお散歩中、くさむらに鼻をつっこんだりして、クンクンにおいかぎを楽しみますよね。口の周りや鼻のまわりはマダニが寄生しやすい場所。また、ノミはピョンピョンと飛び回りますので、容易に洋服の中にも入り込んできます。

虫を寄せ付けにくくする効果のある犬用の洋服も販売されてはいますが、それだけで十分な効果を得るのは難しいと考えましょう。

※関連記事
犬に服って必要なの?着せる意味はあるの?【獣医師監修】

NG⑥ちょっとくらいのノミやマダニはつぶせばOK

ノミダニ対策で動物病院を訪れた犬

ノミやマダニ、1匹や二匹ならつぶしてしまえばイイや…なんて思ってはいませんか?それは絶対にNGです。

ノミやマダニを見つけたら、必ず動物病院で駆除してもらいましょう。 マダニの場合、無理やりとろうとすると、皮膚にがっちりとかみついている頭の部分が犬の皮膚に残ってしまうというのはよく知られていること。それだけではありません。ノミやマダニは、愛犬や人間にとって、大変危険な病気を運んでいることがあるのです。愛犬と飼い主さんの健康のためにも、ノミやマダニを愛犬の体に発見したら、触ったりつぶそうとしたりはせず、動物病院を受診して駆除してもらうようにしてください。

※関連記事
ノミとダニの違いとは?愛犬に寄生する天敵たち

愛犬とご家族の健康を守るノミダニ対策は正しい方法で

ノミダニ対策は、愛犬を痒みから守るだけのものではありません。ノミやマダニが媒介する、愛犬やご家族の命を脅かす危険な病気から守るためのものでもあるのです。必ず動物病院を受診し、正しく確実なノミダニ対策を行うようにしてくださいね。

※関連記事
愛犬に必要なブラッシングの頻度は?

※関連記事
犬が痒がるのは病気なの?原因リストと対処法【獣医師監修】

関連記事