【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

尿石症の犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

 

犬に多い泌尿器疾患のひとつ、尿石症。尿石症とは、本来尿に溶け込んでいるミネラルなどの成分が結晶化して、腎臓や膀胱で砂や石のようなかたまりになる病気です。頻尿や血尿といった症状が出るため、比較的飼い主さんが異常に気付きやすい病気のひとつといえるでしょう。今回は、尿石症と診断された愛犬との暮らしで知っておきたいことについてです。

犬の尿石症、原因はさまざま

犬の尿石症では、結石の種類やその原因はさまざまです。ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石が大部分を占める一方、 特定の疾患が原因で結石ができやすくなるケースもありますし、犬種によっては特定の成分からなる結石ができやすくなることも知られています。

尿結石の犬では、膀胱炎を起こしていることがとてもよくあります。中でも代表的なストルバイト結石では、結石の形成に尿中の細菌が関与しており、高い頻度で細菌感染を伴う膀胱炎を併発しています。

尿石症と診断された犬の治療は、結石の種類やできている場所、細菌感染の状況などにより異なります。尿石症の治療としては、食事療法やお薬での治療を行うことがよくありますが、結石の場所や種類によっては外科処置が必要なケースもあります。

尿石症の犬との暮らしで知っておきたいこと

食事療法中は…

尿石症の治療で食事療法を行っている愛犬や食事療法が必要になったことのある愛犬の場合、おやつにも気を付けなくてはなりません。人の食べもののおすそわけは当然NG。手作り食のトッピングをする習慣があるなど、療法食以外の食べ物を与えたい場合は、必ずかかりつけの動物病院で相談をしておきましょう。

※関連記事
ドッグフードへのトッピングの落とし穴5つ!【獣医師監修】

お薬を使っているときは…

尿石症では、細菌感染を伴う膀胱炎を起こしていることが多く、食事療法と並行してお薬による治療を行います。実はお薬を飲み始めると、数日のうちにみるみる血尿が改善していく場合がよくあります。でも、おしっこの見た目がよくなったように見えても、決して自己判断でお薬を減らしたりやめたりはしないでください。

膀胱炎を悪化させている細菌は目には見えないもの。赤かったおしっこが正常っぽく見えるようになったとしてもまだ細菌が残っている可能性は十分あります。また、膀胱炎は大変長期化しやすく、再発もしやすい病気です。お薬を中途半端なタイミングで勝手にやめてしまうと、細菌感染が悪化した時にお薬が効きにくくなり、完治にさらに時間がかかるようになることがあるのです。

必ずかかりつけの獣医師の指示通りの飲ませ方でお薬を飲み切り、再診でチェックを受けるようにしてください。

※関連記事
膀胱炎になった犬のためにしてあげたい5つのこと【獣医師監修】

お水を意識して飲ませよう

お薬や食事療法とともに大事なのが、お水をしっかりと飲ませること。特に、秋冬は飲水量が落ちがちです。工夫しながらしっかりお水を飲ませ、たくさんおしっこをさせてあげましょう。トイレを我慢させないように常にきれいなトイレにしておくことも大事です。

※関連記事
冬でも愛犬にうまく水分補給させる方法7つ【獣医師監修】

悪化のサインを見逃さない!

尿石症やそれに伴う膀胱炎は、頻尿になったり血尿が出たりと比較的異常に気が付きやすいものです。愛犬がおしっこをしたら、陰部を白いティッシュでふき取ってあげるなどして、おしっこの色のチェックを一日に1回はして悪化のサインに気づいたらできるだけ早く動物病院へ。

こんな時は一刻も早く動物病院へ

おしっこが丸一日でていない、出たとしても、ポタポタとしかでていない、何度もトイレをしようとするが出ず、落ち着かない様子…なんて時は、一刻も早く動物病院へ。結石が尿道に詰まる尿道閉塞という状態になっているおそれがあり、命にかかわります。数時間でみるみる状態が悪化することもよくありますので、躊躇せず動物病院を受診しましょう。夜間であれば、救急対応可能な病院へ。

そのほか、急激に元気がなくなったり、食欲不振や嘔吐や下痢がひどい場合も速やかに動物病院へ。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

尿石症、毎日の観察で異常の早期発見を

尿石症やそれに伴う膀胱炎は、再発をしやすかったり、治療が長期化しやすかったりすることがよくあります。加えて、結石による尿路閉塞を起こすと命にかかわることも。日々愛犬の様子をしっかり観察し、早期発見につとめましょう。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

関連記事