【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬の留守番嫌いをこじらせるかも?おでかけ前のNG行動3選【獣医師監修】

 

安心して留守番する犬

愛犬がお留守番が苦手というのはよくあるお悩み。愛犬が留守番上手になるためのカギは留守番前の対応にもあります。愛犬の留守番嫌いをこじらせてしまわないように、お出かけ前の行動を見直してみましょう。

NG行動①出かけるときに「ごめんね…いってくるね…」

留守番前に飼い主が誤ったあとの犬

愛犬に留守番をお願いして出かける前に、「ごめんね…ごめんね…いいこで待っててね…」などと謝ってから出かけてはいませんか?

愛犬が自信をもっていお留守番するには、飼い主さんの不安やネガティブな気持ちが愛犬に伝わらないようにすることが大切です。

愛犬が安心して安全に留守番できる環境を整え、留守番前に愛犬と散歩をしたり、しっかり遊んだりして満足させておくことは大前提。のんびりまったり一人遊びをしたり、眠ったりして飼い主さんの待っていればOK!という環境を整え、「いってくるね!」と明るい雰囲気で出かけましょう。

NG行動②出発ギリギリまでスキンシップ

飼い主さんが出発するギリギリまで、名残惜しそうにスキンシップをとるのもおすすめできません。いざお留守番がはじまり、飼い主さんがいなくなった時に、「飼い主さんがいない」ということがより強く感じられてしまうかもしれないからです。

留守番前だからといって過剰なスキンシップはとらず、普段どおりの距離感で「いってきます」をしましょう。

NG対応③出発前のルーティーン

出発前のルーティーンを見ている犬

愛犬が留守番に対してネガティブな印象を持っている場合は、留守番をお願いする前の飼い主さんの行動があまりにもワンパターンなのもよくありません。愛犬は「嫌いな留守番させられるかも!」と察知して、ハウスを嫌がってしまうかもしれません。そんな状態で、嫌がっている愛犬を無理やりハウスに閉じ込めてしまうと、愛犬はますます留守番が苦手に…。

愛犬が留守番に対して良い印象を持っていないようならば、留守番前の行動はあまりパターン化しすぎないようにしたほうがよいでしょう。

普段から愛犬と適度な距離感を

愛犬がお留守番で感じるストレスや不安を小さくするためには、愛犬と普段から適度な距離感を保っておくことが大事です。ちょっとの間、違う部屋で過ごすなどの簡単な練習から少しずつステップアップしていき、「離れていても必ず飼い主さんは帰ってくる!」「ひとりでも平気!」と愛犬が思えるように成功体験を積み重ねていきましょう。そういった練習の積み重ねとともに、愛犬が自信をもって留守番できるような接し方や行動の工夫もしてみてくださいね。

※関連記事
愛犬が一人遊び上手だとメリットいっぱい!【注意点とコツ、オススメの一人遊び4選】

関連記事