【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬はキャベツを食べても大丈夫!与えるときの注意は?【獣医師監修】

 

犬が食べてもOKなキャベツ

愛犬のドッグフードへのトッピングや手作りフードでキャベツを使ったことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。キャベツは犬が食べても特に大きな問題はないとされている食材ですが、与えるときにはいくつかの注意点があるので、確認しておきましょう。

犬はキャベツを食べても大丈夫だが必ず必要なわけではない

食事のメインは総合栄養食のドッグフードが基本

犬の食事の基本であるドッグフード

ほんのりした甘みがあり、1年を通して手に入れやすいキャベツは、愛犬のごはんに利用しやすい食材です。キャベツは健康な犬が食べても特に大きな問題になる野菜ではありません。しかし、必ず与えなくてはならない食材というわけでもありません。

特に、愛犬にドッグフードを与えている飼い主さんは、あえてキャベツを与える必要はありません。「総合栄養食」と記載のあるドッグフードを選んでいれば、適量のドッグフードと新鮮な水を与えているだけで、犬に必要な栄養が過不足なく、バランスよく摂れるように作られているからです。

どんな食材にも言えることですが、栄養を補おうと食材を追加することを繰り返すと、逆に栄養に偏りが出てしまったり、必要な栄養が十分にとれなくなったりする可能性があります。キャベツは健康な犬には与えても大丈夫ではありますが、特に積極的に毎日与える必要はないものと覚えておいてくださいね。

愛犬にキャベツを与えるのであれば、たまのお楽しみとしてドッグフードにトッピングするような与え方がよいでしょう。

※関連記事
【獣医師目線】愛犬のドッグフード選び。見るべき3点はここ!

キャベツはダイエットで食事制限中の犬に使うことが多い野菜

キャベツを使ったダイエットに成功した犬

前述したように、栄養補給という観点からは、総合栄養食であるドッグフードを与えている限り、キャベツは特に積極的に与えるべきものではありません。しかし、キャベツはカロリーが低く、犬が嫌がるような味のクセも少ないため、ダイエット中の犬にトッピングとして利用することがあります。

特に、肥満以外の健康上の問題がない犬の場合は、ドッグフードにキャベツをトッピングすることでボリュームが増し、ダイエット用に調整した量のドッグフードでも満足感を得やすくなります。

ダイエット中で、いつも食事が足りなそう…という場合には、一度かかりつけの動物病院で相談をしてみましょう。

※関連記事
愛犬の肥満度を知りたい!犬にもBMIはあるの?【獣医師監修】

犬はキャベツを生でも加熱しても食べられる

野菜のなかには、犬に与えるときには必ず火を通さなければならないものもありますが、キャベツは生のまま与えても、加熱してから食べさせてもOKです。

犬にキャベツを生で与えるときのポイント

ビタミンや酵素のように、加熱することで消失しやすくなる栄養をしっかりと摂れるのが生でキャベツを食べるメリットとして知られています。とはいえ、前述のように犬に必要な栄養素はドッグフードにおまかせしていれば、あえてビタミン補給のためにキャベツを与える必要はありません。また、生のキャベツは場合によっては胃腸に負担がかかってしまうこともあります。

ですから、ほんのり甘い生のキャベツをトッピングとして楽しませてあげたい場合には、細かく刻むか、フードプロセッサーでペースト状にするなどして、愛犬の胃腸の負担にならないようにしてあげることがポイントです。

キャベツを加熱して犬に与えるときのポイント

固いキャベツの葉は、加熱して柔らかくすることで胃腸への負担は軽くなりますので、一口サイズにカットして与えることができます。

しかし、一口サイズにカットした薄い葉は上あごやのどに貼り付いてしまうことがあります。また、熱いまま与えるとやけどを起こす可能性もあります。

加熱したあとは、しっかり冷めていることを確認してから与えてください。食べづらそうなときは細かく刻んで与えるとよいでしょう。

※関連記事
【獣医師監修】犬のおやつを手作りする前に!食べていい食材&調理法を知ろう

キャベツを与えるときの3つの注意点

病気で治療中の犬はかかりつけの動物病院で相談を

もしも愛犬が、病気で療養中の場合は、かかりつけの動物病院で相談をしてから与えるようにしてください。

特に、尿結石やアレルギー性の病気などで、食事として与えるフードについて指示を受けている場合には、自己判断でキャベツを犬に与えることは避けましょう。

※関連記事
ドッグフードへのトッピングの落とし穴5つ!【獣医師監修】

主食にはならない

ダイエットを進めるときに活用することのあるキャベツですが、主食になるわけではありません。キャベツをたくさん食べさせてお腹いっぱいにする、などという与え方では健康を害するおそれがあります。キャベツはあくまでも、フードへのトッピングとして、少量をたまに与える程度にしておきましょう。

味付けはしない

キャベツを茹でるときに、塩を入れて茹でるのはNGです。飼い主さんにとっておいしい味付けでも、味付けが犬の健康を害することも少なくありません。愛犬にキャベツを与えるときには、味付けをせずに与えることが基本です。当然、ドレッシングやマヨネーズも絶対につけないいようにしてください。

キャベツは与え方に気を付けて上手に与えるのがポイント

ドッグフードを与えている犬の場合は、キャベツは特に与えなくてはいけない食材というわけではありません。キャベツを与えるのであれば、与え方に十分気を付けて、与えすぎない程度にフードに混ぜて楽しませてあげましょう。

※関連記事
元気に長生きしてほしい!愛犬の長生きの秘訣5つ

関連記事