【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にイチゴを与えてもいいの?【獣医師監修】

 

犬には与えないほうがいいイチゴ

春が近づくとスーパーの店頭に並び始める「いちご」。いちごは甘くて美味しく、手軽に食べられるフルーツとして大変人気です。いちごをビタミンCの補給として食べている方は、愛犬にもこの美味しくて体に良いフルーツを与えたいと思うこともあるのではないでしょうか。でも実は、いちごをあえて犬に与えることはあまりおすすめできません。この記事では、犬にいちごをおすすめできない理由についてお伝えします。

イチゴは絶対NGではないが、積極的にはおすすめできない

人間が普段口にする食材の中には、絶対に犬が食べることができない危険な食材がいくつかあります。一方、イチゴは犬が少量食べてしまったからといって、慌てて対処しなければならないというわけではありません。しかし、場合によっては健康を害するおそれがあることから、積極的に与えることはおすすめできない食材といえます。

そもそも、犬に積極的にイチゴを与える必要がない

ドッグフードを食べるのでイチゴを与える必要がない犬

いちごに含まれる栄養素といえば、豊富なビタミンCを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。愛犬のビタミンCの補給のために、いちごを食べさせてあげたいと思う方もいるかもしれません。しかし、総合栄養食のドッグフードをきちんと与えている犬には、ビタミンCの補給目的で犬にいちごを積極的に与える必要はありません。

総合栄養食のドッグフードとは、新鮮な水とともに適量与えることで、愛犬に必要な栄養が過不足なくとれるフード。犬用の総合栄養食を食べている限り、栄養補給の目的で何かを追加で与える必要はありません。

※関連記事
【獣医師目線】愛犬のドッグフード選び。見るべき3点はここ!

消化がよくない

いちごの栄養といえばビタミンCの含有量がクローズアップされがちですが、食物繊維も豊富に含まれています。いちごは種も多く、消化の良い食べ物ではありません。食べたイチゴの量やその時の健康状態、犬の体質によっては、軟便や下痢をすることがあるかもしれません。

アレルギーの原因となることがある

犬にアレルギーを起こす可能性のあるイチゴ

甘くて食べやすく、フルーツのなかでも人気が高いイチゴですが、アレルギーの原因となることがあります。

イチゴを食べたあとに、目が充血したり口まわりが赤く腫れる、皮膚を痒がる、嘔吐や下痢など普段と異なる様子が見られる場合は、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

微量だがキシリトールが入っている

イチゴを食べないほうがよい犬

虫歯になりにくい人工甘味料として人間の食品に含まれるキシリトール。犬にはキシリトールを与えてはいけません。犬がキシリトールを摂取すると、低血糖などにより死亡することもあるキシリトール中毒を起こすことが知られています。イチゴには人が食べるキシリトールガムなどと比べれば微量ではありますが、このキシリトールが含まれています。

もっとも、ひとくちふたくち食べる程度で、イチゴに含まれるキシリトールによる中毒を起こす可能性は低いでしょう。とはいえ、犬により中毒を起こすキシリトールの量にはばらつきが大きく、犬の持病や年齢、その日の健康状態や食生活によっては何らかの影響が出るおそれもないとはいえません。必ず食べなくてはいけない食材ではない以上、イチゴを犬にあえて与えることはおすすめできません。

※関連記事
有害!キシリトール入りのお菓子を絶対に犬に与えないで!【獣医師監修】

イチゴは犬に積極的に与えたい果物ではない

いちごは犬に積極的に与えたいフルーツではありません。少量のイチゴを犬が食べてしまったとしても、犬の様子に変わったところがないようなら特別慌てる必要はありませんので、様子を見守りましょう。万が一、体調に変化が出たり、いつもと違う様子が見られたりしたら、速やかに動物病院を受診するようにしてくださいね。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

※関連記事
子犬が下痢をした…病院へ行ったほうがいい?【獣医師監修】

※関連記事
子犬が吐く…早くよくなるために知っておきたい「観察と対応のポイント」【獣医師監修】

関連記事