【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬が元気いっぱいでオスワリ・フセ・マテができない時はこれを試して!【獣医師監修】

 

子犬に「おすわり」や「ふせ」「まて」を教えたいけれど、ピョンピョン飛びついてくるばかりでうまくいかない…なんてことはありませんか?子犬が「おすわり」や「ふせ」「まて」がうまくできない理由でよくあるのが、「遊びたい!」の気持ちが勝っていること。今回は、子犬のしつけがうまくいかない時に試してほしいことについてです。

①時間帯を変えてチャレンジ!

お座りの練習より遊びたい子犬

子犬のしつけ、どのようなタイミングで行っていますか?目を覚ました子犬をサークルから出して、「さあ、練習しよう!おすわり!!」なんてはじめ方をしていませんか?

子犬が元気いっぱいで、遊びたいモードの時に「おすわり」「ふせ」「まて」といった、「落ち着く」「じっとする」というタイプのトレーニングを行うのは大変難しいもの。まずは時間帯を変えてチャレンジしてみてください。

満足するまで遊んで、少し疲れているときがしつけのチャンス!

満足するまで遊んでいる子犬

「おすわり」「ふせ」「まて」は子犬に落ち着かせることを教える練習。ですから、飼い主さんと思い切り遊んで、子犬が遊びに満足し、まったりモードになっているときがしつけのチャンスです。子犬に「おすわり」「ふせ」の練習をしてみましょう。

これだけのことで意外なほどにすんなりと「おすわり」も「ふせ」をしてくれたりもします。うまくいったらすかさずしっかりと褒め言葉をかけるとともに、ご褒美のおやつも与えましょう。そして「まて」の練習へとステップアップです。

※関連記事
犬に必要な散歩の時間はどれくらい?【獣医師監修】

※関連記事
子犬がどんどん賢くなる遊び方のコツ5つ【獣医師監修】

偶然「おすわり」「ふせ」で落ち着いているときに逆の指示を出してみる

偶然おすわりで落ち着いている子犬

ちょっといじわるな方法ですが、たまたま「おすわり」で落ち着いているタイミングで「ふせ」、「ふせ」で落ち着いているなら「おすわり」の指示を出してみましょう。子犬が落ち着いてる状態のときに指示を出すことで、いつもより成功率はアップするはずです。ここでもうまくいったら、しっかりと褒めてご褒美を与えてくださいね。

②偶然「おすわり」や「ふせ」で落ち着いているタイミングに褒める

偶然「ふせ」で落ち着いている子犬

特に指示を出していなくても偶然「おすわり」「ふせ」で静かに落ち着いてるタイミングを見つけたら、褒めてあげると効果的。「えらいね」と落ち着いたトーンで褒めて、優しく撫でてあげましょう。ここでは、子犬を興奮させないような褒め方をすることが大事なポイントです。そうすることで、「おすわり」や「ふせ」の姿勢で落ち着くということが好きになり、「おすわり」や「ふせ」がうまくいきやすくなりますよ。

※関連記事
犬のおすわりの教え方。確実にマスターするための4STEP

※関連記事
犬の伏せの教え方。4STEPでしっかりマスター

※関連記事
犬の「お手」の教え方。こうすればうまくいく!

落ち着くことを教えたいなら、子犬が落ち着ける状態にしてから練習を

遊びの中で色々なトレーニングを楽しく重ねていくのは大事なこと。でもその一方で、子犬はついつい遊びに夢中になってしまい、指示を聞くことが難しくなりがちなのも事実です。そんな時は、まずは子犬と存分に遊んで「遊びたい!」という気持ちを満たしてあげましょう。子犬が満ち足りた気持ちになれば、飼い主さんの指示も聞きやすくなりますし「おすわり」「ふせ」「まて」といった落ち着くことを教える練習も成功率がぐんとアップしますよ。ぜひお試しください。

※関連記事
人が好きで、すぐに飛びつく愛犬。どうすればやめさせられる?【獣医師監修】

※関連記事
ドッグカフェに行くときのマナーとしつけ

関連記事