【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に多い皮膚病、アトピー性皮膚炎の愛犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

 

アトピー性皮膚炎と診断された犬

アトピー性皮膚炎は、生活環境の中にある埃やダニに対するアレルギー反応により皮膚炎を起こす病気です。皮膚病で病院に通う愛犬の中でも多くの割合をしめるアトピー性皮膚炎は完治が難しく、うまく付き合っていく必要のある病気です。今回は、アトピー性皮膚炎の愛犬との暮らしについてです。

アトピー性皮膚炎とは…

アトピー性皮膚炎の多い柴犬

アトピー性皮膚炎は、環境中に存在する物質を原因とするアレルギー性の皮膚炎。日本では、柴犬やゴールデンレトリバーに多いことが知られていますが、他の犬種でも発症します。

1~3歳くらいで発症することが多いものの完治が難しいため、多くの愛犬が生涯にわたるとても長い期間、病気とつきあっていくことになります。

アトピー性皮膚炎の愛犬に見られる症状とは?

アトピー性皮膚炎で多いかゆみの症状

アトピー性皮膚炎で特徴的な症状が皮膚の強いかゆみ。皮膚の見た目としては、初期のうちは皮膚が赤くなったり、毛が抜けたりしはじめ、やがて慢性化していくことで皮膚が厚くなったり、色素沈着を起こして黒ずんできたりします。

症状の見られる場所も特徴的。腹部や顔面(特に眼の周囲)、手足の指や指間、脇の下などでよく見られます。さらに、慢性外耳炎を起こしていることもよくあります。

※関連記事
犬が痒がるのは病気なの?原因リストと対処法【獣医師監修】

アトピー性皮膚炎の一般的な治療とは?

アトピー性皮膚炎の一般的な治療としてのシャンプー

アトピー性皮膚炎は、様々な要因がとても複雑に絡み合って発症します。そのため、色々な方面からアプローチをしていき、できるだけ症状を抑えて生活の質(QOL)を維持することを目指します。

まず、アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンはできる限り除去してあげたいところです。生活環境はできるだけ清潔に保ちましょう。とはいえ、埃やダニといった環境中に存在するアレルゲンを完全に除去することなど、実際にはほとんど不可能。掃除のことばかり気にしていては、愛犬との暮らしを楽しむことは難しくなってしまいますよね。

そこで大切になるのが定期的なシャンプーやスキンケア。シャンプーにより、皮膚の汚れだけでなくアレルゲンを洗い流すことが大切です。また、保湿機能のあるシャンプーを用いるなどしてしっかりと保湿を行うことで、皮膚の持つバリア機能を高めることも大事です。シャンプーや保湿剤の種類や頻度については、体質や症状により調整が必要です。

さらに、症状に応じて、体内に侵入したアレルゲンへのアレルギー反応を抑えるためのお薬も必要です。飲み薬だけでなく外用薬も用いることもよくあります。お薬の量や使い方は、必ずかかりつけの動物病院の指示に従いましょう。

このようにいくつかのアプローチを組み合わせることで、できるだけお薬の副作用を抑え、痒みに苦しまずに過ごせる状態を作ってあげることが、一般的なアトピー性皮膚炎の治療の目標となります。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

アトピー性皮膚炎の愛犬との暮らしで大事なこと

お薬は勝手に増減しないこと

アトピー性皮膚炎の薬

アトピー性皮膚炎の治療で用いるお薬は、必ず指示された量で指示された期間を守って与えましょう。「痒みがひどい時だけ飲ませてください」という「頓服」の指示がある場合を除いては、自己判断で増やしたり減らしたり、やめたりするのは絶対にいけません。

お薬の種類によっては、急激にやめることで健康を大きく損ねてしまうおそれのあるものがあります。また、一定期間続けることで効果を発揮するタイプのお薬もありますので、勝手にストップしてしまうと、これまで頑張って続けてきたことが無駄になってしまうかもしれません。

シャンプーやスキンケアの効果も大事な治療!

犬のアトピー性皮膚炎の治療として大事なシャンプー

アトピー性皮膚炎の治療は、お薬だけではありません。シャンプーやスキンケアも立派な治療です。生涯にわたる長い期間付き合っていく病気ですので、副作用の心配のあるお薬をできるだけ少なくしつつ、つらい痒みも抑え、愛犬と飼い主さんとの生活の質を維持していくことをめざしたいところ。そのために、シャンプーやスキンケアといったケアはとても重要な役割を果たすのです。

熱すぎるお湯は避け、ぬるま湯と保湿成分の配合されたシャンプーをしっかり泡立ててやさしくシャンプーし、シャンプー後の保湿も忘れずに。

※関連記事
【梅雨は耳トラブル多発!】犬が耳掃除を嫌がる3つの理由と克服方法

季節の変わり目は症状の変化に注意

アトピー性皮膚炎の症状をひどくする季節の変わり目の花粉

アトピー性皮膚炎の特徴のひとつに季節による症状の波があります。特に春や秋には、アトピー性皮膚炎の原因となる花粉が飛散するため症状が悪化することがよくあります。季節の変わり目にはかゆみなどの症状の変化に注意しておき、症状に変化が見られるようあならば早めに動物病院を受診しましょう。

※関連記事
春に〇〇する犬は要注意!犬も花粉症になる?人との違いを解説!【獣医師監修】

強いかゆみは辛い。できるだけ早く対応してあげよう

アトピー性皮膚炎は痒みが強く愛犬にとっても、大変つらい病気のひとつです。完治が難しい病気だからといってあきらめず、足先をなめる、特定の部分をしきりにかじるなど、痒がっている様子が見られたら様子見せず、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

※関連記事
【獣医師監修】犬の毛が抜ける…病気を見分けるポイントとおすすめケア

※関連記事
犬の目ヤニ。お手入れのコツと病気のチェックポイント【獣医師監修】

関連記事