【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

シニア犬と長く快適に暮らしたい!自宅の環境整備のポイント

 

自宅で快適に眠るシニア犬

シニア犬になると、筋肉や体力が落ちる、目が見えにくくなる、歯が抜けやすくなるなど、体のあちらこちらに若いころにはなかった変化が現れます。シニア犬との暮らしを少しでも快適にするには、生活環境の中でのちょっとした気遣いが必要。今回は、シニア犬にとって暮らしやすい生活空間についてです。

室温に気を使う

シニア犬との暮らしてきをつけた室温管理のためのエアコン

シニア犬はうまく体温を維持できないことも少なくありません。体が冷えやすかったり、逆に体温が上がりやすく熱中症になりやすかったりするのです。また、極端に寒かったり暑かったりすると、それだけで体力を消耗します。1年を通して快適な環境になるよう、生活環境を整えてあげてくださいね。

犬と人とでは、生活している高さが異なります。冷房の冷たい風は床に溜まりやすいため、シニア犬は飼い主さんが快適と思うよりも寒く感じているケースが少なくありません。冬も、シニア犬の過ごしている床の近くでは飼い主さんよりも1~2度程寒いことがあります。サーキュレーターを活用するなどして、愛犬が生活している高さで快適な温度を保てるよう考えてあげましょう。

エアコンを使った室温を調整だけでなく、シニア犬自身が自分で快適に過ごせる環境を選べるようにするのもポイント。同じ温度でも、外の気温や湿度、体調によって温度の感じ方はさまざまです。愛犬の様子を観察しながら、犬用のひんやりグッズやあったかグッズを上手に取り入れ、犬が自分で調節できるようにしてあげましょう。やけどや暖めすぎ、冷えすぎがないように、グッズにはタオルなどを巻き、定期的に飼い主さんが実際に手で触って温度を確かめてあげることも忘れずに。

シニア犬との生活環境で気を付けたい扇風機

風も忘れてはいけないポイントです。エアコンや扇風機の風は、愛犬に直接当たらないように、角度や配置に注意しましょう。風が直接当たり続けると、乾燥によってノドや目、皮膚などがダメージを受けます。加齢とともに免疫力が低下していると、感染による炎症を起こしてしまいやすくもなりますので、ご注意を。

※関連記事
乾燥によって起こりやすい犬の健康トラブル3選【獣医師監修】

※関連記事
愛犬は寒がり?寒がりな犬種と寒さに強い犬種とは?

※関連記事
愛犬の寒さ対策について確認しておこう!【獣医師監修】

フローリングの滑り止め

シニア犬が滑らないようにこーてジングしたフローリング

筋力が衰えたシニア犬の生活環境で重要になるのが、フローリングのすべり止めです。よく滑る床は歩いたり立ち上がったりするのに、力が必要です。そのため、筋力の衰えたシニア犬や関節炎のある愛犬などでは歩くことが難しくなってしまいます。また、滑ることが原因で関節を傷めてしまうケースもあり、痛みがあるために歩く時間が短くなっていくと、体力や筋力はさらに落ちてしまいます。

シニア犬との暮らしでは、フローリングでツルツル滑らないような工夫をしてあげてください。フローリングにペット用の滑らないコーティングを施したり、滑り止めマットを敷くなどの方法があります。

※関連記事
その行動、足が痛いのかも!愛犬の痛みのサインに気づいてあげよう【獣医師監修】

段差を減らす

シニア犬になると、少しの段差でもつまづきやすくなります。また、関節炎を起こしている場合は、わずかな段差の昇り降りでも痛みが走り、シニア犬の心身の負担になります。犬にもバリアフリーを心がけ、歩きやすいように犬用のスロープなどを設置してあげましょう。

家具の配置は頻繁に変えない

視力が低下しているシニア犬

視力が低下するのもシニア犬によくある症状のひとつです。住み慣れた家の家具の配置であれば感覚で覚えている犬も多いものです。犬が思っていた場所に物がない(またはある)場合、混乱したりぶつかって怪我をしたりの原因となります。できるだけ家具の配置を変えないようにし、シニア犬が安心して過ごせる生活環境を整えてあげてくださいね。

シニア犬に起こる変化を知って快適な生活環境を

人間と同じように、犬も年齢を重ねるとさまざまな変化が現れます。愛犬が少しでも長く快適に過ごせるように、生活環境を整えたいですよね。飼い主さんの感じる快適と、シニア犬の感じる快適が同じとは限りません。シニア犬の立場に立って生活環境を定期的に見直してあげてくださいね!

※関連記事
気になる犬の認知症。症状と予防のためにできること【獣医師監修】

関連記事