【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にマカダミアナッツはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

 

犬にはNGなマカダミアナッツ

犬にマカダミアナッツを与えてはいけません。今回は、犬が食べてはいけない食材として有名なたまねぎやチョコレートと違って、あまり知られていない、マカダミアナッツによる中毒についてです。

犬がマカダミアナッツを食べたらどうなる?

犬がマカダミアナッツを食べると、中毒を起こす物質が筋肉や神経、消化器などに作用し、12時間以内に様々な症状を起こし始めます。マカダミアナッツに含まれる何の成分が犬に毒性を示すのかについては、はっきりわかっていません。

犬がマカダミアナッツを食べた時に起こす症状の例としては次のようなものがあります。

  • 運動障害
  • 元気が無くなり、ぐったりする
  • ふるえ、けいれん
  • 呼吸困難
  • 嘔吐、腹痛
  • 高体温(40℃以上)
  • 四肢の腫れや疼痛

犬はどれくらいの量のマカダミアナッツを食べたら危険なの?

犬が食べられないマカダミアナッツ

犬がマカダミアナッツで中毒症状を起こす量は、非常に幅が広いようです。ほんのわずかなマカダミアナッツを食べただけで中毒症状を起こす犬がいる一方で、大量のマカダミアナッツを食べてはじめて中毒症状を起こす犬もいると報告されています。

ほんの少量でも中毒症状を起こすケースがある以上は、たとえひとかけらであっても犬にマカダミアナッツを与えないようにしてください。

※関連記事
犬がチョコレートを食べたらどうなる?対処法は?【獣医師監修】

※関連記事
犬にブドウはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

マカダミアナッツには、脂肪分による膵炎のリスクもある

マカダミアナッツには、中毒症状の他にもリスクがあります。マカダミアナッツの高い脂肪分によって、犬が膵炎を起こす恐れがあるのです。膵炎は命にかかわることも少なくない、深刻な病気です。

マカダミアナッツに限らずナッツ類はすべて避けて

犬に膵炎を起こすリスクのあるナッツ類

マカダミアナッツに限らず、ナッツ類は脂肪分が多いもの。ピーナッツのように致死的なアレルギーを起こすものもあります。あえて犬に食べさせる必要のある食材でもありませんので、犬には与えないようにしてください。

最近では、ナッツ類の健康効果に期待してご自宅に色々なナッツ類をストックしている方もいらっしゃるかもしれません。お酒のおつまみとしても大変人気ですよね。ついつい一粒、おすそわけ…としたくなるかもしれませんが、それは大変危険です。そのほか、ナッツ類はクッキーにも含まれることが多い食材。ポロポロと食べこぼしたものを拾い食いすることがないようにしましょう。

※関連記事
犬にアボカドはダメ!食べたらどうなる?どうする?【獣医師監修】

もし愛犬がマカダミアナッツを食べたら…

マカダミアナッツを食べた犬

愛犬がマカダミアナッツを食べたことに気づいたら、すぐに動物病院に連絡をし、受診することをおすすめします。

どんな方法であっても、自宅で無理やり吐かせる、という処置は極めて危険です。絶対に行わないでください。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

犬にマカダミアナッツは決して食べさせないで

犬にマカダミアナッツはNGです。チョコレートはもちろん、クッキーやパンケーキなど、飼い主さんのおやつに含まれることも多々ありますので、安易に人の食べ物を与えないことを徹底しておきましょう。

※関連記事
愛犬が人間の食べ物を欲しがる…どうしたらいい?【獣医師監修】

※参考文献
Some food toxic for pets
Interdiscip Toxicol.

関連記事