【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

黄色いネバネバ目ヤニは要注意!犬の乾性角結膜炎(KCS)【獣医師監修】

 

乾性角結膜炎(KCS)になりやすい犬種

乾性角結膜炎(KCS)は、シーズーやアメリカンコッカースパニエルなどで多く発症することが知られている眼の病気。この記事では、犬の乾性角結膜炎についてご紹介します。

犬の乾性角結膜炎(KCS)とはどんな病気?

乾性角結膜炎(KCS)になりやすい犬

乾性角結膜炎は、涙の量が減少することで、眼の表面が乾燥し、角膜や結膜で炎症を起こしてしまう病気です。

涙液は、普段、眼に入った異物を洗い流す働きだけでなく、眼を細菌感染から守る働きもしています。この涙液が十分に作られなくなるため、眼の表面が傷つきやすくなるほか、細菌感染も起こしやすくなります。

犬の乾性角結膜炎(KCS)の原因は?

涙の量が減少する原因は、ほとんどの場合はよくわかりません。一般的には免疫の異常が原因となっていることが多いと考えられてはいるのですが、詳しい発症メカニズムはわかっていないのです。

一方で、先天的な異常や薬の副作用、涙腺をコントロールする神経の障害、チェリーアイの治療のための瞬膜腺の摘出といったように、原因が判明する場合もあります。

犬の乾性角結膜炎(KCS)の症状は…?

乾性角結膜炎(KCS)に気を付けるべき犬

涙の量が減少し、油っぽくネバネバ、ベタベタした黄色い眼脂がたくさん出るようになります。こういった目ヤニは、眼や睫毛、周囲の被毛にこびりつきやすく、とても取りづらいもの。時には、眼脂が頑固にこびりついてしまって、瞬きがうまくできなくなってしまうこともあります。

さらに、角膜や結膜の炎症に伴って、黒目の表面が白く濁って見えたり、白目の部分が充血したりしてきます。中でも、角膜に傷がついて炎症を起こしている場合は早急な処置が必要です。目の痛みが強く、眩しそうに目をシバシバさせて目を開けたがらなかったり、顔を触られる事を嫌がったりするでしょう。速やかに動物病院へ行きましょう。

炎症を起こしてから時間がたつと、黒目の表面に新しい血管ができているのが見えることも。そのほか、乾性角結膜炎が慢性化してきている犬の場合には、角膜で色素沈着を起こすとともに眼球の表面がでこぼこして見えることもあります。

乾性角結膜炎(KCS)の診断

乾性角結膜炎(KCS)の診断のために必要な目の検査を受ける前の犬

一般的には、眼脂や角膜や結膜の状態を確認し、涙の量を測定します。また、角膜の傷について詳しく確認するために、角膜の表面を染色します。そのほか、眼の状態を詳細に観察し、角膜や結膜を含めた一連の眼科検査を行います。

ひと口に乾性角結膜と言っても、来院した時の眼の状況は様々です。角膜の傷がないか、傷がある場合にはその深さはどれくらいか、眼の他の部分の異常がないかなども同時に確認を行わなくてはならないのです。

もちろん、眼科検査だけでなく、一般的な診察による全身状態の把握も大切です。

乾性角結膜炎(KCS)の治療は…?

乾性角結膜炎(KCS)の治療をした犬

最もよくある免疫の異常が疑われるタイプの乾性角結膜炎では、治療の中心は丁寧な洗眼と点眼です。残念ながら、治療によって乾性角結膜炎が完治することはほぼありません。生涯、何かしらの治療を続け、良化悪化を繰り返す病気と付き合っていく必要があります。

多くのケースでは、免疫抑制剤の一種である「シクロスポリン」といわれる薬剤を眼軟膏として用います。この薬には、炎症を抑える作用に加え、涙液を産生させる作用があると言われています。また、眼軟膏には眼球の乾燥を防いで、眼を保護する狙いもあります。さらに、眼の乾燥を和らげるために、こまめに人工涙液を点眼する場合もあります。

お薬の効果をしっかりと発揮させるには、点眼前に丁寧に洗眼して、眼脂をきれいに取り除くことが大事です。とはいえ、眼脂を無理やり取ろうとすると、痛い思いをさせ、顔回りを触られることを嫌がるようになってしまいがち。長く付き合っていかなくてはならない病気ですので、ご家庭でのケアや投薬でいやな思いをさせないことが大切です。人肌に冷ました蒸しタオルで少し目元を温めてふやかすようにしてあげると、ケアがしやすくなりますよ。くれぐれもやけどをさせないように気を付けましょう。

※関連記事
お手入れが好きになる!子犬のブラッシング、基本のキ【獣医師監修】

※関連記事
犬の撫で方の基本3STEPと練習方法♪撫でられるのが大好き♪

愛犬が乾性角結膜炎(KCS)と診断されたら気を付けたいこと

乾性角結膜炎(KCS)と愛犬が診断したら用意しておきたいエリザベスカラー

黄色いネバネバした目やにが増えた、眼を開けにくそうにしている、など、異常を感じたら早めに動物病院を受診し、処置を受けましょう。角膜に傷がついてしまった場合、傷の深さによっては手術が必要になったり、治療が遅れることで視力を失ってしまったりといったこともあります。

この病気は比較的飼い主さんが異常を発見しやすい病気です。目を開きにくそうにしている、眼脂が増えたなどの変化に気づいたら、できるだけ早く動物病院へ。この時、前肢や柱などで愛犬が目をゴシゴシこすって、状態を悪化させないように気を付けましょう。愛犬が乾性角結膜炎と診断されたら、ご自宅にエリザベスカラーを用意しておくことをおすすめします。

※関連記事
乾燥によって起こりやすい犬の健康トラブル3選【獣医師監修】

※関連記事
犬の目ヤニ。お手入れのコツと病気のチェックポイント【獣医師監修】

関連記事