【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬はみかんを食べてもOK!ただし注意点あり!NGみかんもある…?

 

冬を代表する果物、みかん。甘みが強くジューシーでとっても美味しいですよね。みかんを食べているお隣で愛犬に物欲しそうな目で見つめられると、ついついみかんを分けてあげたくなりませんか?みかんは基本的には犬に与えても大丈夫。ただし、いくつか注意すべき点があります。

犬はみかんを食べてもOK!

一般的に、みかんは適切に与えれば、犬に大きな問題は起こしません。とはいえ、何も注意せずに与えられるというわけではないため、与え方の情報はしっかり把握しておきましょう。

みかんにはどんな栄養がある?

みかんの栄養のなかでも注目すべき点は、ビタミンCの含有量です。ビタミンCは細胞や皮膚の修復を助けたり、ストレスへの抵抗力を高めることなども期待されます。

こたつにみかんは冬の風物詩ですが、空気が乾燥した環境でみかんを食べると、みかんの水分でノドが潤うのを実感したことがある方も多いでしょう。豊富な水分はみかんの大きな特徴の1つ。愛犬が体調を崩しているときに、あまり水分を摂りたがらないと心配になってしまいますよね。そんなとき、甘みのあるみかんは犬にも食べやすく、水分補給にもなりますよ。

そのほか、薄皮や筋には食物繊維が豊富に含まれます。食物繊維はご存じの通り、便秘解消をサポートします。ただし、犬の場合は食べすぎると消化不良を起こしたり、おなかがゆるくなってしまうこともあります。

与えるときの注意点は?

与えるなら少量をたまのおやつに

みかんは栄養豊富な果物です。しかし、ドッグフードを与えている犬の場合、みかんはすすんでどんどん与えるべき食べ物というわけではありません。

総合栄養食と表記のあるドッグフードの場合、適量のドッグフードと水のみで犬の健康に必要な栄養が過不足なく補えるように作られています。ペットフード以外の栄養を追加する必要はなく、毎日何かを追加することで、かえって栄養に偏りが出てしまうことも考えられます。

みかんを愛犬に与える場合は、少量をたまのおやつ程度に与えるなど、分量に注意しましょう。1回に与える量は、犬の大きさや年齢などによっても異なりますが、1~3房くらいを目安に、それ以上は与えないことをおすすめします。

※関連記事
【結局どっち?】犬におやつ、いる?いらない?

外皮はむいて与える

温州みかんや紀州みかんの場合、外皮がやわらかで薄いため、そのまま与えても大丈夫と思われがちですが、そうではありません。やわらかい皮であっても、みかんの外皮は愛犬の消化器には負担がかかり、消化不良を起こすことが考えられます。さらに、外皮には農薬が残留していることもあります。みかんの外皮は剥いて与えましょう。

種や白い筋は取って与えるのがベター

みかんの種や白い筋は、犬が多少食べてしまったっとしても特別大きなトラブルになるようなものではありません。しかし、種や白い筋は消化しづらく、消化不良を起こしやすいため、できるだけ取り除いて与えるほうが良いでしょう。食べてしまった場合は、消化されずにそのままうんちと一緒に出るのが一般的です。

薄皮もできれば剥きたい

みかんの薄皮まで剥いて与えるのは、面倒だと感じる方も多いかもしれません。しかし、みかんの薄皮は食物繊維が豊富で、場合によっては消化不良を起こしたり、下痢に繋がるおそれがあります。可能であれば、薄皮も剥いて与えてあげるとよいでしょう。

小房にわけて与える

みかんは必ず小房に分けて与えてください。みかんを大きな塊のまま与えると、丸のみしてしまうことがあります。すると、みかんがのどにつまって、窒息に繋がってしまうことも。命の危険もありますので、必ず小房に分けて与えてください。

みかんの缶詰はNG

みかんの外側の皮を剥き、白い筋を取って薄皮も剥く…缶詰のみかんであれば、その手間が省けるのでは?と思うかもしれません。しかし、みかんの缶詰は加工品であり、甘いシロップにしっかり浸かっています。

糖分の取り過ぎや、食品添加物など犬の健康にマイナスになる要素が多いため、缶詰のみかんは与えないようにしてください。

みかんジュースにも気を付けて!

みかんを剥いて与える手間を省きたい…ということで、みかんジュースを思い浮かべる方もいるかもしれません。ところが、ジュースには砂糖がたくさん使われていることが多いためおすすめできません。

果汁100%のみかんジュースであれば、犬の食欲がないときや水分を摂らないときの香りづけとして、ひとさじほどのごく少量を犬の食事やお水に垂らしてあげるという使い方はできます。とはいえ、食欲不振が続くようならば、早めに動物病院を受診しましょう。

※関連記事
健康なうちに…愛犬のかかりつけ動物病院の選び方【獣医師監修】

病気で治療中の場合はかかりつけの獣医師に確認を

柑橘類のなかには、薬との飲み合わせがよくないものがあります。グレープフルーツが特に有名ですが、はっさく、ハッサク、甘夏みかんなども避けましょう。また、かんきつ類を使ったジュースもNG。あえて食べなくてはいけない食材でもありませんので、投薬中の犬には柑橘類は全般的に与えないようにすることをおすすめします。

そのほか、体内の水分量を調整する役割のあるカリウムが問題になることも。心臓や腎臓の病気などで食事療法を行っている場合はもちろんのこと、何かしら持病のある犬の場合は、みかんを与える前にかかりつけの獣医師に相談しましょう。

みかんは与えてもOK!与え方と分量に気を付けて

冬の味覚みかんは、愛犬と一緒に楽しめる食材のうちのひとつです。比較的安全性の高い食べ物ですが、初めて与える場合には、食後、体調の変化や変わった様子がないかしっかりと見守ることが大切です。与えすぎると、消化不良で下痢になることがあるため、ごく少量をたまに与える程度にとどめておきましょう。

※関連記事
犬にお酒は絶対NG!舐めたり飲んだりした時は…【獣医師監修】

関連記事