【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬はみかんを食べてもOK!与えるときの7つの注意点【獣医師監修】

 

犬に与えてもよいみかん

冬を代表する果物、みかん。甘みが強くジューシーでとっても美味しいですよね。みかんは基本的には犬に与えても大丈夫。ただし、いくつか注意すべき点があります。

健康な犬はみかんを食べてもOK!

みかんを食べる健康な犬

一般的に、みかんは適切に与えれば、犬に大きな問題は起こしません。

豊富な水分はみかんの大きな特徴の1つ。気温が下がってきて水を飲む量が減ってくる犬は多いものです。でも、健康のことを考えると、水はできればしっかりと飲んでもらいたい…。そんな時、甘みのあるみかんは犬にも食べやすく、水分補給をサポートしてくれますよ。

また、みかんの薄皮や筋には食物繊維が豊富に含まれるため、便通をサポートしてくれることが多々あります。その一方、みかんの食物繊維には消化されにくい面もあります。犬の体質や食べる量などによっては、消化不良を起こして、繊維がそのまま便に出てきたり、嘔吐や下痢になったりする可能性もあります。

※関連記事
冬でも愛犬にうまく水分補給させる方法7つ【獣医師監修】

ミカンを犬に与えるときの注意点

みかんは、愛犬のおやつやご褒美としての位置づけで

みかんはあくまでも、ちょっとしたおやつやご褒美としての位置づけで。喜んで食べるからといって、みかんばかりを与えて、主食のドッグフードが食べられなくなるようなことは避けなくてはなりません。

愛犬に必要な栄養素をしっかりとることを考えると、主食はあくまでも総合栄養食であるドッグフードとするのが安心。総合栄養食と表記のあるドッグフードは、適量のドッグフードと水のみで犬の健康に必要な栄養が過不足なく補えるように作られています。 総合栄養食を適切な量食べさせているのであれば、何らかの栄養素を補充するためにみかんを与える必要はありません。毎日みかんを追加で与えていると、かえって栄養に偏りが出てしまうことも考えられます。

みかんを愛犬に与える場合は、少量をたまのおやつ程度に与えるなど、分量に注意しましょう。1回に与える量は、犬の大きさや年齢などによっても異なりますが、1~3房くらいを目安に、それ以上は与えないことをおすすめします。

※関連記事
【獣医師目線】愛犬のドッグフード選び。見るべき3点はここ!

※関連記事
【結局どっち?】犬におやつ、いる?いらない?

みかんの外皮はむいてから犬に与える

犬に与えるために皮をむいたみかん

外皮がやわらかで薄いみかんであっても、犬にそのまま与えることは避けてください。みかんの外皮は愛犬の消化器に負担をかけ、消化不良を起こすことが考えられます。さらに、外皮には農薬が残留していることもあります。みかんの外皮は剥いて与えましょう。

みかんの種や白い筋は取って与えるのがベター

みかんの種や白い筋は、犬が多少食べてしまったっとしても特別大きなトラブルになるようなものではありません。しかし、種や白い筋は消化しづらく、消化不良を起こしやすいもの。できるだけ取り除いて与えるほうが良いでしょう。食べてしまった場合は、消化されずにそのままうんちと一緒に出るのが一般的です。

みかんの薄皮もできれば剥きたい

可能であれば、薄皮も剥いてから与えるとよいでしょう。みかんの薄皮まで剥いて犬に与えるのは、面倒だと感じる方も多いかもしれません。しかし、みかんの薄皮は食物繊維が豊富。場合によっては消化不良を起こしたり、下痢に繋がるおそれがあります。

小房のみかんにわけて犬に与える

犬に与えるために薄皮をむいたみかん

みかんは必ず小房に分けてから与えてください。みかんを大きな塊のままで犬に与えると、丸のみしてしまうことがあります。すると、みかんがのどにつまって、窒息するおそれがあります。命の危険もありますので、必ずみかんは小房に分けて与えてください。

みかんの加工品にはご注意を!

犬には与えてはいけない缶詰のみかん

みかんを剥いて与える手間を省きたい…ということで、みかんの缶詰やみかんジュースを思い浮かべる方もいるかもしれません。ところが、みかんの加工品には砂糖がたくさん使われていることが多々あるため注意が必要です。

中でもみかんの缶詰は、みかんが甘いシロップにしっかり浸かっているので犬にはNG。また、味付けのされているみかんジュースも犬に与えることはおすすめできません。糖分の多いこれらのみかんの加工品は、犬の健康にとって好ましいものでありません。

一方、砂糖やその他の添加物を加えていない、果汁100%のみかんジュースであれば、少量を犬に与えることは大丈夫。もちろんご自宅で絞ったフレッシュなみかんジュースでもOK。犬が水分をあまり摂らないときの香りづけとして、お水やフードに少量を垂らしてあげるという使い方もできます。

※関連記事
健康なうちに…愛犬のかかりつけ動物病院の選び方【獣医師監修】

病気で治療中の場合はかかりつけの獣医師に確認を

病気で療養中の犬

何かしら持病のある犬の場合は、みかんを与える前にかかりつけの獣医師に相談しましょう。みかんに限らず、柑橘類は病気で治療中の犬、特にお薬を使っている犬には与えないようにしてください。

柑橘類のなかには、薬との飲み合わせがよくないものがあります。グレープフルーツが特に有名ですが、はっさく、ハッサク、甘夏みかんなども避けましょう。また、かんきつ類を使ったジュースもNGです。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

みかんは犬に与えてもOK!与え方と量に気を付けて

みかんは、愛犬と一緒に楽しめる冬においしい食材のひとつ。健康な犬に与える限りは比較的安全性の高い食べ物ですが、みかんを犬に初めて与える場合は、食後に体調の変化がないかしっかりと見守ってください。

※関連記事
犬は大根を食べてもOK!おすすめの部分は?NGな大根もある?【獣医師監修】

※関連記事
犬にお酒は絶対NG!舐めたり飲んだりした時は…【獣医師監修】

関連記事