【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に甘酒を与えてもいいの?【獣医師監修】

   2020/01/02

犬も飲めるタイプの甘酒

栄養豊富で飲む点滴ともいわれる甘酒。美容や健康のために…と愛飲している方も多いですよね。そんな甘酒を愛犬にもどうかな…と思ったことはありませんか?犬は甘酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

アルコールを含まないタイプなら犬は甘酒を飲んでも大丈夫!

甘酒は犬が飲んでも大丈夫です。ただし、いくつか注意するべき点があります。

まず、甘酒はアルコールの含まれていないものを選ばなくてはなりません。甘酒には大きく二種類のタイプがあります。それは、米と米麹から作られるタイプと、酒粕から作られるタイプ。酒粕から作られているタイプのものには、微量にアルコールが含まれていることがあります。ですから、犬に甘酒を与える場合には、必ず米と米麹から作られたものを選んでください。

また、糖分や塩分が添加されているものもNG。原材料をよく確認してから選びましょう。米と米麹のみから作られた甘酒は、それだけでもとても甘くておいしいものですよ。

最近では愛犬用の甘酒も販売されていますので、愛犬に甘酒をあげてみたい方は、愛犬用のものを選ぶという手もあります。

初詣、神社で振舞われる甘酒は…

初詣で甘酒が振舞われることのある神社

最近ではペットを同伴して参拝できる神社もありますので、初詣に愛犬と一緒に行く人もいるでしょう。初詣の時、神社などで振舞われる甘酒を犬に与えるのはやめましょう。人間用に振舞われた甘酒を愛犬に与えるのはマナー違反です。

※関連記事
犬にお酒は絶対NG!舐めたり飲んだりした時は…【獣医師監修】

甘酒の与えすぎに注意!

甘酒をかけたフードを食べる犬

甘酒は糖分が多いので、与えすぎは禁物です。犬に与える1回量としては、スプーン1杯ほどで十分でしょう。寒さでちょっと食欲が落ちているかな…?などという時に、フードにかけて食べさせてあげるのもひとつです。

毎食甘酒を与えたり、ごくごくとたくさん飲ませたりすると糖分、カロリーのとりすぎとなり、健康を害するおそれがあります。少量を時々与える程度にとどめておくことをおすすめします。

病気療養中の場合は獣医師に確認を

健康的なイメージの強い甘酒ですが、治療中の疾患がある場合は注意が必要です。病気で治療中の愛犬に甘酒を与えたいと思った時は、必ずかかりつけの獣医師に確認してから飲ませるようにしてください。

注意を守っておいしく甘酒を楽しもう

甘酒は、きちんと注意を守れば、犬にとっても、体にやさしくておいしい食品です。与えるときには、アルコールが入っていないことを必ず確認してくださいね。

関連記事