【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にお餅は与えないで!お雑煮を楽しみたいときはどうする?【獣医師監修】

   2020/01/01

犬には与えてはいけないお餅

お正月、お餅を食べる飼い主さんも多いのではないでしょうか。愛犬にもお餅を食べさせたいと思ったことのある方もいらっしゃるかもしれません。お餅は、犬にとって有毒な食べ物ではありませんが、危険性の高い食べ物の1つ。のどに詰まらせてしまう可能性があるため、お餅は犬に与えないようにしましょう。

お餅は犬が喉に詰まらせる危険性がある

犬が食べてはいけないお餅

犬にお餅を与えることはおすすめできません。理由は、のどに詰まらせてしまう危険性が高いからです。

お餅は粘り気が強いため、うまく飲み込めずにのどにくっつき、呼吸ができなくなってしまう危険があります。犬は「ゆっくり噛んで、しっかりと飲み込む」ということができません。大きなままのお餅を与えることは、決してしないでください。

一方、小さく切ったお餅であっても、犬には与えないことをおすすめします。小さなお餅であっても、お餅はねばねばしていますので、うまく飲み込めずに、口の中やのどに貼りついてとれなくなってしまうかもしれません。また、一緒に口に入ったものがおもちと絡まって喉や食道にくっつき、気道や食道をふさいでしまうことも十分考えられます。

万一、犬の喉にお餅が詰まったら

万一、愛犬がいつの間にかお餅を口にしてしまい、口の中やのどにお餅がくっついて苦しんでいるところを見つけたら、大至急動物病院を受診しなくてはなりません。

すみやかに動物病院に連絡をして、状況を説明し、指示を仰いでください。焦って無理やりお餅をとろうとすると、飼い主さんが噛まれてしまう恐れがあります。

年末年始はかかりつけの動物病院が休診だったり、診療時間を短縮していたりする可能性もあります。急な体調不良にそなえて、近隣の救急病院の連絡先もあらかじめ確認しておきましょう。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

※関連記事
犬が異物を誤飲した…その時、決してしてはいけないことは何?【獣医師監修】

愛犬にお雑煮を与えたいなら、お餅はなしで

お餅なしのお雑煮を食べる犬

新年を迎える際に、お雑煮を愛犬と一緒に楽しみたいと思う人も多いのではないでしょうか。お雑煮を犬と一緒に楽しむとき、愛犬用のお雑煮にはお餅なしで用意しましょう。

人が食べるお雑煮からお餅を抜いたもので…と考えてしまいがちですが、それはNGです。お雑煮は地域によってしょうゆ味やみそ味などさまざまですが、いずれも味付けされているものは、犬にとって塩分が強すぎます。愛犬用のお雑煮は、人が食べるものとは別に、味を付けていないもので作ってあげてくださいね。

健康に問題のない愛犬であれば、鶏の胸肉やささみ、人参、大根、里いもを少量ずつしっかりと茹でて、小さくカットしたものを野菜のゆで汁とともにいつものごはんにトッピングすれば、簡単で彩りも良く、お正月の特別感が感じられる愛犬用のお雑煮風ごはんとなります。病気で治療中の愛犬の場合は、食べてもいい食材をあらかじめかかりつけの動物病院で獣医師に確認しておきましょう。

※関連記事
子犬のごはんを手作りしたい!少しのコツで安心・手軽に楽しもう!【注意点の解説あり】

※関連記事
犬にお酒は絶対NG!舐めたり飲んだりした時は…【獣医師監修】

愛犬にお餅はNG!与えないように。

お餅はのどに詰まらせてしまうリスクが高く、最悪の場合は愛犬の命を危険にさらしてしまうことも考えられます。中毒性のある食品ではないものの、積極的に食べる必要のある食品でもありません。安全に食事を楽しむためにも、窒息してしまうリスクのあるお餅は犬には与えないようにしてください。お餅のない犬用のお雑煮で、美味しく安全にお正月を楽しんでくださいね。

※関連記事
犬がやけどをしたらどうする?【獣医師監修】

関連記事