【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

インフルエンザ、犬にうつるの?犬もインフルエンザになるの?【獣医師監修】

 

犬への感染が心配なインフルエンザの時の体温計

インフルエンザの流行が本格化。愛犬もインフルエンザになるのかどうかや、飼い主さんのインフルエンザが犬にうつるのかどうか、心配になることはありませんか?今回は、犬とインフルエンザについて解説します。

通常、飼い主さんのインフルエンザは愛犬にうつりません

インフルエンザの飼い主と犬

インフルエンザにかかるのは、人だけではありません。鳥インフルエンザがニュースになったこともあるので、動物にもインフルエンザがあることをご存知の方も多いでしょう。

ところが、インフルエンザウイルスは、感染する動物種ごとにウイルスの型が異なります。人には「人インフルエンザウイルス」、鳥には「鳥インフルエンザウイルス」、馬には「馬インフルエンザウイルス」そして、犬には「犬インフルエンザウイルス」が感染します。そして、基本的には、動物種を超えて異なる種類の動物にインフルエンザウイルスが感染することはありません。ですから、飼い主さんのインフルエンザが愛犬にうつることはまずないと考えて大丈夫です。

「基本的には、動物種を超えてインフルエンザに感染することはありません」とお伝えしましたが、稀な例外はあります。海外では、鳥インフルエンザが変異して、犬や猫に感染する力を獲得し、実際に犬や猫に感染してしまったと考えられているケースがあります。日本でも鳥インフルエンザは見られていますので、ウイルスを持っていることのある野鳥にむやみに近づくことは、飼い主さん、愛犬ともに避けたほうがよいでしょう。ちなみに、人のインフルエンザウイルスが変異して犬に感染することも絶対にないとは言い切れませんが、非常にまれだと考えられます。心配しすぎる必要はありません。

※関連記事
体が熱い…犬の体温の測り方、発熱時の対処【獣医師監修】

犬には「犬インフルエンザ」がある…?

日本での犬インフルエンザの蔓延は今のところ報告なし

インフルエンザの心配のない犬

2004年以降、アメリカでは犬インフルエンザの発生が報告されていますが、 日本ではこれまで犬のインフルエンザの報告はありません。愛犬がインフルエンザになってしまうことや、愛犬の間で犬インフルエンザが大流行するようなことは現状では心配しすぎななくても大丈夫です。

とはいえ、いつウイルスが日本国内に入ってきてもおかしくはありません。日々の健康管理をしっかりと行い、異常を感じたら早めに動物病院を受診するなど、当たり前のことをしっかりと行っておきましょう。

※関連記事
寒い日も犬と散歩をしたほうがいい?気を付けることは?【獣医師監修】

インフルエンザを心配しすぎなくても大丈夫。毎日の健康管理を丁寧に

愛犬のインフルエンザを心配しすぎる必要はありません。健康的な食生活や適度な運動と規則正しい睡眠、日々の健康チェックなど、健康に気を付けた生活を送ることが何より大切です。元気に冬を乗り越えましょう!

※関連記事
38.6℃!発熱?!愛犬の平熱を知って健康管理に役立てよう【獣医師監修】

※関連記事
愛犬の寒さ対策について確認しておこう!【獣医師監修】

関連記事