【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬を迎えたら要チェック。犬に必要な健康管理のまとめ【獣医師監修】

 

愛犬との暮らしを長く続けるために大事な健康管理。犬が幸せに暮らすためには、飼い主さんによる健康管理が欠かせません。予防できる病気をきちんと予防し、もしも病気になったときはきちんと治療を受けさせることは飼い主さんの大事な役割。今回は、犬に必要な健康管理についてのまとめです。

ワクチン

犬に受けさせるべきワクチンには、混合ワクチンと狂犬病ワクチンがあります。

混合ワクチンは、ジステンパーウイルス感染症、パルボウイルス感染症、コロナウイルス感染症、ケンネルコフ、伝染性肝炎、レプトスピラ感染症といった感染症を予防するもの。かかってしまうと死亡率が高く、大変危険です。ですから、必ず混合ワクチンを接種して、予防しておく必要があるのです。混合ワクチンには予防できる病気の種類によっていくつかのタイプがあり、かかりつけの動物病院にて必要なものを接種することになります。ちなみにこれらのワクチンは、成犬になってからの追加接種も必要です。必ずかかりつけの動物病院の指示にしたがい、忘れずに追加接種を受けてくださいね。

※関連記事
犬の予防接種についての基礎知識!種類は?副作用は?【獣医師監修】

一方、狂犬病ワクチンもとても大事なワクチンです。日本では、長らく発生していない病気ではありますが、海外ではまだまだ多くの国で問題になっています。つまり、日本でも輸入動物を通じて感染のリスクがあるのです。狂犬病は、万一発症したらほぼ100%死亡してしまう病気であり、人と動物の共通の感染症でもあります。日本では、生後3か月以上の犬には、必ず、毎年接種させなくてはならないと法律で義務づけられています。動物病院で接種できますので、必ず受けるようにしてください。

※関連記事
狂犬病予防接種のあと、愛犬との散歩や遊びはOKなの?【獣医師監修】

フィラリア症予防

フィラリア症は蚊によって媒介される病気です。心臓にそうめんのような細長い寄生虫が住みつき、気付かないうちに進行します。フィラリア症が悪化すると、激しい全身症状を起こしてやがて死亡してしまうことも少なくありません。でも、フィラリア症は、きちんとした対策を行うことで予防が可能。必ず予防を行いましょう。

フィラリア症の予防には、毎年、春に血液検査でフィラリアへの感染の有無を確認してから飲ませるお薬が一般的。毎月飲ませるタイプのものや注射薬タイプなどいくつかのタイプがありますので、かかりつけの動物病院の獣医師と相談のうえ、愛犬にあったものを選択してもらいましょう。

投薬しなくてはいけない期間は、お住いのエリアの環境や気候によって異なります。投薬し忘れた月があってフィラリアに感染してしまった…などということのないように、きちんと指示にしたがって確実に予防を行ってくださいね。

※関連記事
犬のフィラリア症、予防の時期はいつまで?涼しくなったらやめていい?【獣医師監修】

※関連記事
犬がフィラリアに感染したら…症状は?治療は?治るの?【獣医師監修】

ノミマダニ予防

ノミやマダニといった外部寄生虫の予防も大切です。ノミやマダニは血を吸うだけでありません。ノミやマダニはさまざまな病気を運んでおり、時には人間にも深刻な被害をもたらします。

ノミやマダニの予防は、必ずかかりつけの動物病院で処方してもらった薬を使ってください。市販されているノミマダニ対策グッズでは効果が不十分であることがほとんど。動物病院で処方される「動物用医薬品」のノミマダニ対策薬を通年で使用することで、ノミやマダニによる被害を確実に予防しましょう。

※関連記事
アウトドアや散歩に潜むリスク!愛犬と家族に危険をもたらすマダニ…被害にあわないための対策3つ

※関連記事
ノミが犬に寄生したら…病気や被害と対策のまとめ【獣医師監修】

避妊去勢手術

繁殖を望んでいないのであれば、適切な時期に避妊去勢手術も受けましょう。望まれずに生まれて不幸になる動物を減らすためでもありますし、愛犬に将来起こる病気を予防するためでもあります。

メス犬は適切な時期に避妊手術を受けることで、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍といった命にかかわる病気を予防することが可能となります。一方、オス犬では会陰ヘルニアや肛門周囲腺腫、精巣腫瘍、前立腺肥大といった病気の予防にもつながります。

子犬を迎えたら、早い段階で避妊去勢手術についてかかりつけの動物病院で相談しておきましょう。

※関連記事
犬の不妊手術。知っておきたい基礎知識と実際の流れ【獣医師監修】

※関連記事
ドッグランに行くなら必携!【犬のワクチン証明書】なぜ必要?なくした時は?

歯磨き

犬も歯磨きはとても大事です。歯周病の犬は大変多く、3歳以上の犬は、8割方何らかの歯周病にかかっているともいわれています。歯周病は、口臭の原因となるだけではありません。口の中の痛みが強くなり、やがて歯が抜けてしまったり、歯根部での細菌感染が顎の骨を溶かしてしまったりすることも。また、時には繁殖した細菌が内臓の病気の引き起こすことも知られています。

歯磨きをしなければ、ほぼ確実に歯周病になります。歯周病を予防するためには、まだ乳歯の子犬の頃から歯磨きに慣れさせておくことが大切。毎日お互いに負担なく歯磨きできるようになっておき、歯周病から愛犬を守りましょう。

※関連記事
<いい歯の日>愛犬が歯磨きを嫌がる。その理由と対処法【獣医師監修】

日々の健康チェックと 定期的な健康診断

毎日、愛犬とのスキンシップを取りながら体中をチェックする習慣をつけましょう。子犬のうちから、全身を触られることを快く受け入れられるようになっておくことはとても大事。優しく声をかけながら、また、大好きな食べ物を使いながら、体中を触り、皮膚や被毛、目、口、耳、確認できる範囲で、気になることがないかチェックしましょう。もちろん、食欲や便、尿の様子の確認も毎日行い、気になることがあったら、先延ばしにせず早めに動物病院を受診するようにしてくださいね。

※関連記事
犬のグルーミングって何?方法は?【基礎知識】

定期的な健康診断も大切です。子犬のうちは何かと動物病院に足を運ぶ機会が多いもの。でも1歳を過ぎるとついつい足が遠のいてしまいがちです。年に1回の混合ワクチンのタイミングを目安に、毎年必ず健康診断を受けるようにしましょう。また、動物病院では、愛犬の健康管理、食事、日々のケアやしつけについてなど、様々なアドバイスを受けることもできますので、病気になった時だけでなく、愛犬との暮らしで気になることがあった時にも相談してみるとよいでしょう。

※関連記事
犬の健康診断のギモン。受けた方がいい?内容や頻度、費用は?保険は?【獣医師監修】

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

健康管理をしっかりして、愛犬と長く幸せに暮らそう

愛犬の健康を管理するのは飼い主さんの大事な役割です。予防できる病気はきちんと予防したうえで、もしも病気になった時にはできるだけ早く見つけてあげられるように心がけてあげてくださいね。

※関連記事
元気に長生きしてほしい!愛犬の長生きの秘訣5つ

関連記事