【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬がやけどをしたらどうする?【獣医師監修】

 

冬場に家庭内で気を付けたい事故のひとつ、やけど。ストーブやヒーター、やかんや鍋などによるやけどだけでなく、ホットカーペットやペットヒーターでの低温やけどにも注意が必要です。今回は、犬がやけどをしてしまった時の対応について紹介します。

犬がやけどをした時は…

できる限り処置は二人以上で。安全を確保できる範囲で無理せずに。

やけどをしたらまずは患部を冷却。それは犬でも同じです。処置はできればふたりがかりで。ひとりが保定し、ひとりが冷やすことができると一番良いでしょう。やけどをした愛犬は、びっくりしたり痛かったりでナーバスになっていることも。どんなに普段おとなしい性格であっても、飼い主さんに噛みつこうとするかもしれません。飼い主さん自身がケガをすることのないように、安全を確保できる範囲で、無理をせず処置を行いましょう。

やけどをしたことがわかっていて、飼い主さん自身で処置をすることができないと判断したなら、すみやかに動物病院を受診することをおすすめします。

安全な抱き方で保定し、できるならカラーをつける

まずはやけどをした部分の状態を確認し、それ以上悪化させないことを考えましょう。痛くてパニックになって暴れたり逃げたりすることもありますので、スムーズに装着できるなら首輪やリードを付けておきましょう。嫌がったり暴れたりするようならば、応急処置を優先してください。

また、エリザベスカラーが家にあるなら装着しましょう。やけどをした部分をなめようとしたり、患部を確認しようとする飼い主さんに噛みついたりすることがあるからです。家にエリザベスカラーがない場合には、取り急ぎタオルで代用することも可能です。

※関連記事
愛犬がケガをした時の応急処置の基本

やけどをした部位を冷水で流し、保冷剤などで冷却する

患部が確認できたら、すぐに冷たい水で洗い流してください。患部が被毛で見えにくかった場合でも、水でぬらすことで皮膚の状態が確認できることがあります。

皮膚の状態を確認しつつ、市販の保冷剤を凍らせたものをタオルに包んで、患部を冷やしはじめましょう。

冷やしながら動物病院へ

できればやけどした部位を冷却しながら動物病院へ向かってください。冷やしながら向かうことが難しければ、いったん保冷剤で冷やしたあとで、冷たいで水で湿らせた清潔なガーゼで患部を保護し、動物病院へ向かいましょう。

至急病院に行くのはどんな状態のとき?

  • 皮膚が赤く腫れている
  • 毛が抜けている
  • 皮膚がむけたり、水ぶくれができたりしている

やけどをした部分がこのようになっていたら、かなり重症である可能性があります。動物病院に連絡の上、すみやかに受診しましょう。

また、ホットカーペットやペットヒーターなどで起こる低温やけどでは、なんとなく赤くなっているだけにみえても、皮膚の深部に大きなダメージを受けていることも。軽症かな、などと安易には考えず、しっかりと冷やして動物病院を受診しましょう。やけどはジンジンとした痛みを伴うものです。特に犬が皮膚を噛んだり舐めたりと気にする様子を見せているようならば、ちょっと赤いだけかな、と思ってもしっかり冷やして早急に受診することをおすすめします。

動物病院に行くときは…

やけどをした部分の確認をしたり、応急処置をしたりする時と同様、可能であればふたり以上で動物病院にむかいましょう。そうすれば、ひとりが患部を冷やしながら病院へと向かうことが可能です。

ひとりで連れて行かざるを得ないなら、クレートなどを使ってできる限り安静な状態を保ちながら連れて行ってあげてください。クレートに入れることが難しいようならば、必ず首輪とリードをつけ、常にそばにいてあげるようにしましょう。万が一、愛犬が痛みからパニックになって逃げだそうとすることがあるかもしれないからです。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

暖房器具を使う冬はやけどに十分気を付けて

犬もやけどをしてしまうと、治療に非常に長い時間がかかったり、手術が必要になったりすることもあります。高温のものに触れてしまっておこるやけどはもちろん、気づかないうちに重症化しやすい低温やけどにも十分気を付けなくてはなりません。特に、全身が被毛に覆われている犬の場合は、やけどを自覚しにくいため、飼い主さんが気を付けて対策を取っておく必要があります。それでも万一愛犬がやけどをしてしまった時には、すぐに冷却のうえ、すみやかに動物病院を受診するようにしてくださいね。

※関連記事
愛犬の寒さ対策について確認しておこう!【獣医師監修】

関連記事