【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

気になる犬の認知症。症状と予防のためにできること【獣医師監修】

   2019/12/23

認知症に気を付けたい高齢犬

犬も高齢になると認知症を起こすことがあります。ここでは、これからシニア期を迎える愛犬のために知っておきたい認知症の症状と予防についてご紹介します。

犬が認知症を発症するとどうなるの

いわゆる認知症は「高齢性認知機能不全」といい、高齢の犬に発症する脳の病気です。犬が長寿になったこともあり、認知症は色々な犬種で見られますが、中でも柴犬は、遺伝的に認知症を発症しやすい犬種として知られています。

  • 若い頃に覚えたはずのしつけやコマンドができなくなる
  • 昼夜が逆転し、昼間に寝て夜に活動的になる
  • 抑揚のない吠え方で吠え続ける
  • 1日中同じところでウロウロしている
  • 部屋の隅や狭いところに入ってじっとしている
  • 飼い主を認識しなくなる
  • 攻撃的になる

犬が認知症を発症すると、このような症状が見られます。

認知症は進行していく病気です。時には、犬が夜中に起きて吠え続けるようなこともあり、飼い主さんも疲れてしまう原因にもなってしまいます。

※関連記事
高齢になった犬。様子や行動に表れる変化とは?【獣医師監修】

認知症をできるだけ予防したい…愛犬にできることは?

認知症を予防すためコマンドを復習する犬

認知症を防ぐためにできることを簡単に言うと、愛犬に日々できるだけ楽しい刺激を提供してあげること。年齢とともに、寝ているだけの時間が増えたり、動きが緩慢になってきたりするのは自然なことです。でもだからといって、愛犬にかまうことなく、一日中そっとしておく…というのはおすすめできません。

大きな病気がないのであれば、若い時と同じように接し、できる限りこれまでの生活に近い生活をさせてあげましょう。

  • 散歩では時々ルートを変え、遊びを積極的に取り入れる
  • おでかけを増やし、時には知らない場所に行ったり、新しい人や犬に会う
  • これまで行ったことのあるお気に入りの場所に連れて行く
  • トレーニングは継続する
  • 飼い主さんと一緒に過ごしたり、遊んだりする時間を積極的に作る
  • 嗅覚を使った宝探しゲームや頭を使うゲームを取り入れる
  • 若い頃に教えたコマンドを復習する

このように、体が元気ならこれまで以上に積極的に楽しい経験をたくさん積ませてあげることが大切です。楽しく一緒に遊び始めたら、意外なほどにノリノリで遊んでくれたりもしますよ。

ちなみに、こういった経験をシニアになった愛犬が「楽しい!」と感じるためには、若い時から色々なところに行ったり、色々な人や犬に会ったりして、飼い主さんとたくあん遊んだりして、楽しかった!嬉しかった!という経験を積み重ねておくこともポイントです。

さらに、昔教えたけど最近やってないな…というコマンドがあるなら、そういったものをもう一度教えてあげるのもよいですね。できなくなったからといって叱るようなことは決してせず、むしろより丁寧にゆっくり教えていくようにしましょう。

※関連記事
寒い日も犬と散歩をしたほうがいい?気を付けることは?【獣医師監修】

認知症かな…と思ったら

認知症かもしれない犬

もしも愛犬に認知症かな…と思うような症状が見られたら、まずは動物病院へ相談しましょう。認知症かもしれない…と思っていた症状が実は適切な治療で治る病気だった、ということもよくあります。

また、認知症が進行することで起こる夜鳴きや徘徊は、一緒に暮らす飼い主さんにとっても大きな負担となる症状でもあります。お薬で治療ができるケースもありますし、介護についてのアドバイスを受けることもできますので、無理をせず動物病院へ相談しましょう。

年だからとあきらめずに予防と対策を!

年だからしょうがない…などとあきらめたり、放っておいたりされがちな犬の認知症。少しでも発症を遅らせ、また、発症したとしても進行を遅らせるためには、毎日一緒に暮らす飼い主さんが楽しく過ごす時間を作ることが大事です。もしも認知症が進行し、日々の生活で困ってしまうことが重なるときは、遠慮せず動物病院へ相談してくださいね。

※関連記事
元気に長生きしてほしい!愛犬の長生きの秘訣5つ

※関連記事
犬の健康診断のギモン。受けた方がいい?内容や頻度、費用は?保険は?【獣医師監修】

関連記事