【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

高齢犬に表れる見た目の変化とは?【獣医師監修】

 

人と同じで、犬も加齢に伴って体は変化します。犬種にもよりますが、一般的に犬では7歳以上になるとシニア犬の仲間入り。見た目にも少しずつ変化が出てくる頃です。犬の加齢に伴う見た目の変化にはどういったものがあるのでしょうか。

犬の加齢に伴う見た目の変化の例

  • 歯が抜けたり、歯が抜けて部分から舌が出っぱなしになる
  • 口臭が強くなる
  • 目が白っぽくなる
  • 白い毛が増える、ひげが白くなる
  • 被毛の艶がなくなる
  • 皮膚の弾力がなくなる
  • イボが増える
  • 立っている時に背中を丸めたような姿勢になる

適切な治療でよくなることも…

実は、ここに挙げたような加齢に伴う見た目の変化は、時にはただの老化現象などではなく、病気の症状のひとつであることも少なくありません。

たとえば、強い口臭が歯周病や口の中にできた腫瘍が原因だということもありますし、イボのようなできものが実は悪性の皮膚の腫瘍だというケースも。

一見、加齢による変化に見えるちょっとした症状が、病気によるものなのかそうでないのかの判断は難しいこともあります。愛犬の体の変化に気づいたら、まずは一度動物病院でチェックを受け、治療が必要なのか、経過観察が必要なのか、といった指示を受けておくことをおすすめします。

※関連記事
愛犬の口臭…。まずチェックすべきはここ!【獣医師監修】

高齢犬との毎日に欠かせない健康チェック

毎日、愛犬の健康チェックをしていますか?高齢犬と暮らす飼い主さんは、毎日の健康チェックをぜひ行ってください。

愛犬の体をブラッシングしたり歯磨きしたりする時に、目や耳、口、被毛や皮膚の状態をしっかりチェック。お尻周りやお腹の部分も見落としがちなので、しっかり見て触って確認しましょう。

※関連記事
犬の健康チェックは〇〇しながら毎日しよう!おさえておきたいポイントまとめ。【獣医師監修】

高齢犬の体の変化は「加齢」で済ませず、病気の早期発見につなげよう

これから年齢を重ねていく中で、愛犬の体に少しずつ色々な変化を見つけていくことになるでしょう。毎日一緒にいる飼い主さんだからこそ、気づくことのできるような小さな症状から、大きな病気の早期発見につながることもあるということを、ぜひ覚えておいてくださいね。

※関連記事
気になる犬の認知症。症状と予防のためにできること【獣医師監修】

※関連記事
高齢になった犬。様子や行動に表れる変化とは?【獣医師監修】

関連記事