【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に服って必要なの?着せる意味はあるの?【獣医師監修】

 

服が必要な犬

最近では犬に服を着せている人も多く見かけるようになりました。ペットショップやインターネット通販では、おしゃれでかわいい服がたくさん。でも、実際のところ、犬に服は必要なのでしょうか?なにか役に立つのでしょうか…?

犬によっては、また、状況によっては必要

犬に服が必要か、という問いに対しては、「『犬により』また、『状況によっては』必要です」というのが答えです。

そもそも犬が不快に感じたり、服を嫌がったりするようであれば、無理やり着せることはよくありません。その一方で、「防寒のため」「汚れを防ぐため」「手術をした場所やケガをした場所を保護するため」など、状況によっては服が大変役に立つ場合もあるのです。

犬に服を着せることには、実用的な面もある!

犬の服というと、最近では本当に色々な種類のものがあり、おしゃれや飼い主の楽しみとしての側面が強いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも、犬の服には機能的な面もたくさんあるのです。

抜け毛の飛び散り防止

被毛の飛び散り防止に服が必要な犬

犬が服を着ることによって、抜け毛が飛び散るのをある程度防ぐことができます。特にダブルコートの犬種では、換毛期の抜け毛の飛び散りに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。抜け毛の飛散を防ぐ一番の方法はこまめなブラッシングですが、それでも追いつかないほどに抜けてしまう…という場合には、薄手の服を一枚着せてあげるというのもひとつの方法です。これは、自宅だけでなく、ドッグカフェや宿泊施設を利用するときに被毛をまき散らさないためのマナーとしても活用できます。

※関連記事
「常に洋服に毛が付いている…」犬の抜け毛対策の王道2つと裏技2つ!

濡れや汚れ防止

雨のため服が必要な犬

服を着せることで、散歩中に濡れたり汚れたりするのを防止することもできます。体が濡れることで愛犬の体が冷えてしまうことも防げますし、散歩時の汚れを室内に持ち込むこともある程度防ぐことができるでしょう。

※関連記事
雨の日も犬の散歩は必要?楽しむコツと4つの注意点【獣医師監修】

体温調節

防寒のために服が必要な犬

犬の服には、防寒の役割もあります。寒さが得意な犬がいれば、苦手な犬もいます。寒い日の散歩のときの防寒や、夏場のドッグカフェでの冷房よけとして、季節によって適切な服を選ぶことで体温調節にも役立ちます。

※関連記事
寒い日も犬と散歩をしたほうがいい?気を付けることは?【獣医師監修】

手術部位やケガをした部分の保護

手術をしたあとの傷の部分や、ケガをしてしまった場所などを保護するために服を着せることもあります。 傷口や塗った部分を舐めてしまったり、足の爪でひっかけてしまったりすると、傷の治りが悪くなったり、縫った傷口が開いたり、治癒を遅らせてしまったりすることがあるためです。病院で「術後服」を用意してもらったことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

※関連記事
<犬の去勢>なぜ勧められているの?問題点やデメリットはないの?【獣医師監修】

犬に服を着せるときの注意点

犬の服には、実用的な側面がたくさんあることをお伝えしましたが、気を付けなくてなならないこともいくつかあります。

犬が嫌がる服を無理に着せない

犬が服を着ることを嫌がるならば、無理はしないようにしましょう。服の形や素材によっては、違和感から犬が服を嫌がる場合もあります。服を着たら急に動きが止まって歩かなくなった…なんて時も、服に違和感がある可能性が。犬に服を着せるなら、着ても気にすることなく、快適だと感じられる服を着せてあげましょう。

季節や気候に合わせた服を着せる

季節や気候にあわない服は当然、NGです。かわいいからといって真夏に厚手の服を着せて、犬が暑い思いをする、というのは、犬にとって迷惑であるだけでなく、健康を害するおそれもあります。

犬の体格にあった服を着せる

体格にあった服を着せることが必要な犬

服のサイズの選びも大切です。きちんと首輪まりや胴回りを確認し、犬種にあったものを選択しましょう。犬の自然な動きをさまたげないようなものを選んでくださいね。サイズが合っていないと、不快なだけでなく、転倒しやすくなったり、皮膚と服がこすれて皮膚を傷つけたりといったことも起こりえます。

服を着せっぱなしにしない

犬が気にしないからといって、服を着せっぱなしにするのはよくありません。犬は暑いと感じていても自分で服を脱ぐことができないので、こまめに暑すぎないかを確認することが大事です。また、愛犬の被毛の質と服の素材によっては、摩擦によって毛玉ができやすくなることも。毛玉ができると動くたびに皮膚がひっぱられて犬はとても痛い思いをしますし、毛玉をほぐすのも大変。犬にとって非常に大きな負担となります。服は着せっぱなしにはせず、こまめに脱がせましょう。また、服を脱いだらブラッシングをしてもつれをほどいてあげることもお忘れなく。

※関連記事
犬のグルーミングって何?方法は?【基礎知識】

服は便利。でも、犬の立場に立ってよく考えましょう

実用的な面もたくさんあり、色々な場面で役立つ犬の服。でも、使い方を誤ると犬にとって不快だったり、トラブルの原因になったりもします。今、その服を着せることが犬にとって本当に必要なことかどうか、その都度よく考えたうえで活用するようにしてくださいね。

※関連記事
犬にも靴や靴下がある!役立つ場面と慣らすコツや注意点のまとめ!

関連記事

犬の服の上手なサイズの選び方

犬の服の上手なサイズの選び方

犬の服はサイズの選び方が難しいものです。サイズが適切でないと、犬が不快感を覚えて服嫌いになってしまったり、ケガのもとにな…