【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

ヘルシー?栄養満点?犬が食べられる肉の種類と食べさせる時の注意【獣医師監修】

 

犬にお肉を与えたいと思ったことはありませんか?肉はたしかに良質なたんぱく源で犬が好むことの多い食材。でも、与えるときには気を付けておかなくてはならないこともあるのです。

犬が食べてOKなのはどんな肉?

色々な肉を食べられるが、赤身の部分を選んで

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 馬肉
  • 猪肉
  • 鹿肉
  • ラム
  • 鴨肉

犬は様々な種類の肉を食べることができます。ただし、愛犬用に肉を選ぶときには、骨付きのものや脂肪の多い部分は避け、赤身のものを選択するようにしてください。

また、食物アレルギーをはじめとした病気で治療中の犬の場合は、必ずかかりつけの動物病院の獣医師の指示に従ってください。

肉は嗜好性が高く、喜んで食べることの多い食材。さまざまなフードや愛犬用のおやつにも取り入れられています。日常的に私たちが口にする牛、豚、鶏以外の食材も目にすることが多いでしょう。

犬に肉を与えるときに注意するべき点

肉はごく少量を、たまに与えるようにする

犬は色々な種類の肉を食べられます。でも、それはいずれも、少量を「たまに」であればOKということ。ヘルシーだとか栄養満点だとかいわれても、肉ばかりでは犬が必要とする栄養素をきちんととることはできません。

犬の食事の基本は、総合栄養食であるドッグフード。水と適量のドッグフードのみを与えていれば、その犬に必要な栄養素を過不足なくとることができるように作られているのが総合栄養食。ですから、きちんとドッグフードを食べている犬に積極的に肉を与える必要はありません。それどころか、ドッグフードにたくさんの肉を加えてしまうと、せっかくきちんと調節された栄養バランスは確実に崩れてしまいます。もちろん、カロリーオーバー。これが毎日続いてしまうと、体調不良や肥満へとつながるおそれもあります。

あくまで主食はドッグフード。そこに肉を加えるのであれば、ごく少量のトッピングとし、その分ドッグフードの量を減らすようにしてください。また、毎日与えるのではなく、たまのおたのしみにすることをおすすめします。きっととても喜んでくれますよ。

肉を与えるときは、必ず加熱すること

犬に肉を与えるときには、生肉ではなく、必ず中心部までしっかりと加熱したものを与えてください。サルモネラ、大腸菌といった食中毒を起こす原因菌を含む可能性があるだけでなく、寄生虫への感染リスクもあります。

肉についている脂肪、骨は取り除き、赤身の部分を小さくして

犬に肉を与えるときには、脂肪分の少ない赤身の部分を選んで与えてください。脂肪が多いと消化不良の原因となりますし、時には命にかかわる病気でもある膵炎の原因になることも。脂身は犬にはNGです。

また、骨をきちんと取り除くことも大事です。犬は骨を消化できません。特に鶏の骨には要注意。縦に裂けるように割れ、喉や消化管に刺さってしまうおそれがあります。大変危険ですので、犬に骨付きの鶏肉を与えることは絶対にしないでください。

与えるときには、肉を喉につまらせないように配慮することも大事。指先ほどにカットしたものかミンチがよいでしょう。

犬に与える肉には味付けをしない

肉に限らず、犬に手作り食を与えるときは、味付けは不要です。過剰な塩分や糖分は犬の体にとって大きな負担となります。ですから、犬に肉を与える場合も、塩コショウはもちろんのこと、タレで味付けしたりもしないでください。

※関連記事
それ大丈夫?愛犬におすそわけNGなお弁当のおかず

犬も大好きなお肉、健康を損なわないよう楽しもう

愛犬が喜ぶことの多いお肉ですが、与えることで体調を崩すことがあってはいけません。犬が大好きな食材だからこそ、たまのご褒美のほか、ちょっと食欲が落ちたかな?という時のトッピングとして活用するのがひとつの手。健康を損なわないよう注意しながら楽しんでくださいね!

※関連記事
愛犬用の手作りフードにチャレンジする前に知っておくべきこと【獣医師監修】

関連記事