【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

社会化期を逃した犬の社会化はできないの?【獣医師監修】

 

犬の社会化期とは、人間や他の犬との関わり方を学び、暮らしで出会う様々な刺激に慣らすのに適した期間。社会化期は生後3週頃~16週くらいの時期なので、「ワクチンの完了を待ってたら、社会化期が過ぎていた」というのは非常によくあることです。社会化期を逃した犬は、もう社会化できないのでしょうか…?

社会化期を逃しても犬の社会化はできる!(ただ、だんだん難しくなる)

社会化期を逃したが遊んでいる犬

社会化期を逃したからといって、その犬は社会化ができないわけではありません。年齢を重ねるにつれ難しくはなっていきますが、丁寧に練習すれば社会化させてあげることはできます。

ですから、「社会化期を逃したから、もう社会に慣らすための努力をしない」というのは決しておすすめできません。社会化をあきらめたら、愛犬は世界に対しておびえながら生涯を過ごすことになってしまいます。

実際、多くの犬が本格的なお散歩デビューをするのは社会化期を過ぎた頃。 この時期は、警戒心を持ちやすくなる時期でもあります。しかも、家の外には、犬にとってなじみのないものがあふれています。 社会化期を家の中だけで過ごした犬が、社会化期を過ぎた頃に急に家から出て、次々に強い刺激を受けると、子犬によっては、外の世界が非常に恐いものに感じてしまうかもしれません。そのような子犬がそのまま成長すると、神経質で臆病な犬、ちょっとしたことが我慢できない犬、また、飼い主さんが困ってしまうような問題行動を起こしてしまう犬になりやすいともいわれています。

本来であれば、スポンジのようにたくさんのことを吸収できる社会化期を利用して、ワクチン接種が終わる前から色々な経験をさせてあげるのが理想的。地面に降ろさないよう抱っこで子犬を家の外へ連れ出したり、動物病院で開催されるパピークラスに参加したりして、社会に触れ、様々な刺激に慣らしていくのです。でも、もうすでに社会化期を過ぎてしまったのであれば、社会化期にしておきたかったことを、より慎重に、ゆっくりとすすめていけばよいのです。

※関連記事
犬の社会化期はいつまで?絶対しておくべきことは?【獣医師監修】

社会化期を逃したのなら、慎重に社会に慣れていこう

社会化期を逃してしまった愛犬の社会化でとにかく大事なことは、ひとつひとつゆっくりとすすめてあげること。

すでに警戒心が生まれ、社会化期ほどの柔軟性はなくなっていますので、焦らずゆっくり、時間をかけながらひとつずつ苦手を克服していきましょう。今日明日で結果を出なくても当然です。まだまだこれから長い愛犬の生涯を穏やかに過ごすためには、焦らず根気よく続けることが大切ですよ。

愛犬と家の外に出る練習から!

フードやおやつは愛犬の味方。どこへでも持って行って。

家の外の世界が怖いと感じているようなら、外出にはフードやおやつを持っていくのがおすすめです。家の外で飼い主の手から好物のフードやおやつを食べる練習をして、「家の外も安心だ!」という経験を積み重ねましょう。お腹がすいてる時間に行くと成功しやすいですよ。

最初は家の玄関あたりからスタート。抱っこのほうが安心できるなら抱っこででかけましょう。散歩だからって、無理に歩き回ることにこだわらなくって大丈夫。

車の通る音やサイレンの音がしたり、自転車が目の前を通りすぎたりする時のような、こわがるかな?というタイミングで、やさしく安心させるように声をかけながらフードを食べさせてあげましょう。そうして、少しずつ家から離れて行き、近くにある静かな公園などで愛犬のごはんの時間を楽しむなどするのもいいですね。慣れてくれば、地面に降ろして歩く練習も進めていきましょう。

知り合いで犬好きのお友達がいらしたら、協力をお願いして、手からフードを与えてもらうのも、家族以外の人に慣らせる練習になりますよ。

※関連記事
子犬の抱っこ散歩を始める時期と3つの注意点【獣医師監修】

※関連記事
犬、車、ポスト?!家の外を楽しめる犬になるために慣れさせたいもの6選

※関連記事
フードポーチって何?犬との暮らしが楽しくなる便利グッズ!【獣医師監修】

動物病院のしつけ教室への参加もおすすめ

かかりつけの動物病院でしつけ教室をしているようなら、参加できるかどうか相談してみるとよいでしょう。

他の犬に慣れたり、家族以外の人、動物病院のスタッフと楽しい時間を過ごすことは愛犬にとってとてもよい刺激になるはずですよ。

※関連記事
動物病院のパピークラスをおすすめする3つの理由【獣医師監修】

愛犬の「怖い…!」のサインには敏感になろう

社会化期が終わったばかりの頃は、特に警戒心が増す時期でもあります。耳を倒す、尾を下げる…といった、愛犬が怖がっている時に見せる反応を見逃さないようにしましょう。

怖がっている様子が見られたら、無理してそれ以上怖がっている対象に近づけることはしないでください。慣れさせるため、と言って無理強いすると、事態は悪化すると考えてください。優しく声をかけて食べ物をあげるなどして、気分転換するのがよいですね。

愛犬が日に日に外に出るのを怖がるようになっていく場合は、早めの段階で専門家に相談を。パピークラスを行っている病院であればしつけを得意とするスタッフがいる可能性が高いでしょう。場合によっては、行動診療と呼ばれる専門的な診察を行っている動物病院へと紹介してもらうという方法もあります。

※関連記事
まずはここから。読んであげたい愛犬の「やだな…」のサイン3つ

犬の社会化、社会化期を逃してもあきらめないで!

犬の社会化は、犬の生涯を通じて行うもの。社会化期を逃したからと言ってあきらめてしまっては、その後愛犬は色々なものにおびえたままで一生を過ごさなければならなくなります。愛犬が安心して毎日を過ごせるように、少しずつ家の外で楽しい経験を積み重ねていきましょう。ちょっと難しいかな、と思ったら早めに専門家に相談するのが問題をこじらせないために大事なこと。ぜひ覚えておいてくださいね!

※関連記事
社会化でご機嫌な愛され犬に♪子犬期に慣れさせたいのはこの7つ!

※関連記事
病院好きな犬になるために…健康なうちに実践したい2つのこと

関連記事