メニュー

パーティー中の誤食に注意!犬に与えてはいけないもの7選【獣医師監修】

   2019/11/20

10月末はハロウィンですね。ご自宅でちょっとしたハロウィンパーティーを楽しまれる方も多いのではないでしょうか。愛犬のいるご家庭でのパーティーでは、ついつい愛犬にパーティーフードをおすそわけしたくなることがあるかもしれません。また、ハロウィンの時期は、お子さまが集まってお菓子を広げることの多い時期でもあります。愛犬のためにも与えてはいけないものを与えないように、いつも以上に気を付けてあげましょう。

①チョコレートを含むお菓子

犬が食べてはいけない食べ物として、非常に有名なチョコレート。犬がチョコレートを食べると、数時間のうちに痙攣などの症状を起こして死亡することもあります。「trick or treat!」でたくさんのお菓子が自宅にあるハロウィンシーズン、中にはチョコレートを含むものもあるはずです。決して犬には与えないように、おこさまにもしっかりと教えてあげましょう。

※関連記事
犬にチョコレートは危険!恐ろしい症状と食べた時の対処法、自己判断NGのワケ【獣医師監修】

②キシリトールを含むお菓子

キシリトールは、ほんの少量でも、あっという間に犬に深刻な低血糖を引き起こし、命にかかわるような中毒を起こすことが知られています。虫歯予防効果に注目が集まっているキシリトールですが、犬には絶対NGですので、キシリトールを含むお菓子などを決して犬に与えないでください。

※関連記事
有害!キシリトール入りのお菓子を絶対に犬に与えないで!【獣医師監修】

③ぶどう、レーズンを含むジュースや食べ物

おこさまとのハロウィンパーティーでは、ぶどうジュースを用意することも多いのではないでしょうか。また、サラダをはじめレーズンを使用したパーティーメニューが並ぶこともあるかと思います。もちろん、デザートにぶどうがある場合もあるでしょう。ぶどうジュース、レーズンも含め、ぶどうは、犬に深刻な腎臓機能の障害を起こす恐れがあります。絶対に食べさせたり飲ませたりはしないようにしてください。

※関連記事
犬にブドウは厳禁!食べたらどうなる?レーズンは?【獣医師監修】

④アルコール類

当然ですが、お酒も犬には絶対NGです。故意に与えないようにすることはもちろん、誤って飲んでしまうことのないようにしてください。人間同様、アルコールによる中毒は命にかかわります。まして、人よりずっと体重の軽い犬にとっては、ほんのちょっとでも深刻な事態となりかねないことを意識しておいてくださいね。

⑤玉ねぎ

サラダやオニオンリング、タルタルソース、サンドイッチなど、パーティーメニューにもよく入っている玉ねぎですが、玉ねぎも犬が食べてはいけない食材として、有名ですよね。玉ねぎを犬が食べると、命に係わる深刻な貧血を起こすことがあります。たとえ加熱してあったとしても犬には与えないでください。玉ねぎを含んだ煮物の煮汁もNGです。

※関連記事
犬に玉ねぎはダメ!「気を付けるべき4つのシーン」と玉ねぎ中毒についてのまとめ【獣医師監修】

⑥アボカド

黄緑色がきれいで、パーティーレシピとしてもよく登場するアボカドですが、犬にはNGです。詳しいことははっきりわかっていませんが、嘔吐や下痢、呼吸困難といった中毒を起こすおそれがあります。

⑦揚げ物

サクサクおいしくて、おすそわけしたくなる揚げ物ですが、油分の多いものを犬に食べさせてはいけません。急性膵炎を起こしてしまうことがあるからです。急性膵炎はひどい嘔吐や下痢を繰り返し、時には命にかかわることも。揚げ物を犬に与えることはやめましょう。

安全に楽しいハロウィンパーティーを!

おこさまとも一緒に楽しむことの多いハロウィンパーティー。どうしてもバタバタしたり、気が緩んだりしがちですが、愛犬のいるご家庭では特に気を付けて楽しみましょう。悲しい事故を防ぐためにも、おこさまも含めた来客の方にも、食べ物を愛犬に与えないようお願いしておくようにするとよいでしょう。

※関連記事
カボチャを愛犬と楽しむときの注意点

※関連記事
それ大丈夫?愛犬におすそわけNGなお弁当のおかず

関連記事