メニュー

犬がキャットフードを食べても大丈夫?どんな問題がある?【獣医師監修】

 

ドッグフードとよく似た見た目のキャットフード。小型犬用のドライフードであれば、ドライのキャットフードとサイズもほとんど違わないし、犬がキャットフードを食べてはいけないのだろうか、と思ったことはありませんか?

たまたま食べてしまうくらいなら問題なし

結論からお伝えすると、ドライフードでもウェットフードでも、一般的な体格の健康な成犬が一度や二度、猫の1食分程のキャットフードをたまたま食べてしまう分には、大きな問題はおこらないでしょう。ただし、食べ慣れないものを食べたことで、お腹がゆるくなったりすることはあるかもしれませんので、愛犬の様子をよく見ておくようにしてください。

長期的には問題あり。フードは動物種にあったものを与えましょう

一度や二度食べたからといって問題は起こらないとはいえ、長期にわたって犬にキャットフードを与え続けることには問題があります。

これは、本来、犬と猫は必要とする栄養素が異なるから。「総合栄養食」と呼ばれるペットフードには、その動物種にとって必要な栄養素がバランスよく配合されています。そのため、市販されている総合栄養食であるドッグフードとキャットフードに含まれる栄養の組成はそれぞれ異なっているのです。ですから、犬がキャットフードを継続して食べ続けることは、必要な栄養素が不足し、特定の栄養素が過剰となることで、健康に問題が起こるおそれがあるのです。

めんどうくさいから、などといって、意図的に毎日愛犬と愛猫に同じフードを与えることはおすすめできません。犬には犬用の、猫には猫用のフードを与えましょう。

食事としてキャットフードを与えてはいけないことはもちろんですが、犬が自分のごはんを食べ終わってから同居猫のキャットフードを食べることも問題です。きちんと決められた量の自分のごはんに加えて、猫のごはんまで日常的に食べているようでは、カロリーオーバーで肥満を起こすことになりますよね…。

※関連記事
【獣医師目線】愛犬のドッグフード選び。見るべき3点はここ!

犬が頻繁にキャットフードを食べてしまう、という時は…

愛犬の食事量が十分かどうかをチェックする

毎日のように猫用のごはんを食べてしまうようならば、愛犬に必要なごはんの量が十分であるかを確認してみましょう。空腹感から猫のごはんを食べてしまっているようであれば、愛犬用のごはんの量を調整する必要があるかもしれません。

体重をきちんと測定して食事の量を見直してみたり、腹持ちのよいタイプのドッグフードを試してみたりするとよいでしょう。

また、病気で食欲が亢進しているケースもあります。あまりに空腹感が強いようならば、一度動物病院で相談してみましょう。

※関連記事
愛犬にぴったりのごはんの量を見つける1番簡単な方法とは?【獣医師監修】

※関連記事
夏太りわんこ集合!秋を楽しむための愛犬のダイエット作戦!

犬と猫の食事をする場所を工夫する

キャットフードは、ドッグフードと比較してにおいが強く、嗜好性が高い傾向があります。中でも、猫用の缶詰やパウチタイプのフードは、とってもいいにおいがしますよね。犬にとってもやはりキャットフードは魅力的で、大好きな犬が多いのです。しかも、犬は出されたごはんを一気に食べることが多い一方、猫はチョコチョコ時間をかけて食べる、いわゆる「ダラダラ食べ」をする傾向があります。ということは、猫がキャットフードを食べ残してお皿に残っている状態というのは、犬にとって、魅力的な食べ物がずっと目の前にある状態。ですから、犬がキャットフードを食べないようにするためには、猫と犬の食事の場所を分けて、キャットフードに犬がアプローチできないようにしなくてはなりません。

食事を与える部屋をわけるのはひとつの方法です。また、段差のあるキャットケージの上段を猫の食事場所にするという手も。また、キャットタワーの活用も一案ですね。犬が届かない高さの場所で猫にごはんを与えるようにすることで、犬がキャットフードを食べてしまわないようにすることができます。

犬にはキャットフードではなくドッグフードを!

犬と猫、それぞれ必要な栄養素が大きく異なります。健康を守るため、動物種にあったフードを与えるようにしてくださいね。

※関連記事
ふたりのお兄ちゃん猫が僕の師匠!愛され末っ子、ジャックラッセルのろびんくん

関連記事