メニュー

愛犬がトイレを失敗する3つの理由

   2019/10/03

トイレウィ失敗した犬

愛犬のトイレの失敗は多くの飼い主さんの悩みの種。今回は、「犬がトイレを失敗する理由」を3つご紹介します。やみくもにトイレを教えようとするのではなく、愛犬がトイレを失敗する理由を知ったうえで対策すれば、失敗も減っていくはずですよ。

①そもそも、トイレの教え方を誤っている

犬のトイレの教え方

犬がトイレを失敗する理由は、そもそも教え方を誤っているからかもしれません。犬がトイレを失敗するのは、飼い主さんが失敗しているから、と言ってもいいほどです。

犬はとても頭の良い動物ですが、人の話は理解できません。「ここがトイレだよ」「おしっこはここでやってね」と言葉で伝えたって、トイレで排泄してくれるわけではありません。また、「トイレに成功したら褒めましょう」とはよく言われることですが、実はそれだけでも不十分。トイレができるようになるためには、失敗しないように、飼い主さんがうまく導いてあげることが必要なのです。

※関連記事
【超基本】子犬のトイレトレーニング

失敗させないように導いて成功させ、褒める!

飼い主さんがうまく導くことで失敗させないようにすることは、とにかく大切です。

特に、愛犬がトイレトレーニング中なのであれば、トイレに連れていくタイミングがとても大切。タイミングが合っていないと、いくらトイレに連れて行っても排泄するわけがありませんし、そうなると、トイレの外でおしっこの時間が来てしまって失敗…となってしまいます。愛犬のトイレのタイミングをしっかりとつかむことで、とにかく失敗させないように導いてあげましょう。

そして、トイレを成功させたら、その成功をしっかりと褒めてあげましょう。犬は「成功すると嬉しいことがある」という経験を積むことで、その行動をとる頻度は、どんどん増えていきますよ。

※関連記事
愛犬の上手な褒め方のコツ5つ!ハッピーでイキイキした愛犬に育てよう!

トイレの失敗を叱るのは絶対ダメ

犬がトイレに失敗した時は、叱らず何事もなかったかのように静かに片付け、しっかりと消臭してしまいましょう。叱ることで、飼い主さんが犬にとって恐怖の対象となってしまい、飼い主と愛犬との関係に悪影響でしかありません。

また、「飼い主さんの前で排泄すること=ダメ、叱られる」と間違って覚えてしまい、排泄を我慢したり、隠れてトイレをしたりするようになるケースも。そのほか、飼い主さんがトイレの失敗に対して大きな声を出すことで、犬はかまってくれたと勘違いし、もっとトイレ以外の場所で排泄するようになってしまうのです。

※関連記事
こんな叱り方は絶対NG!愛犬の困った行動への対応を見直そう

②トイレの場所が認識できない

トイレとブランケットの感覚が似ているとトイレと間違える

トイレに連れて行けばできるけれど、自分でトイレに行けない…という場合は、犬がトイレを正しく認識できていないのかもしれません。人間がトイレのつもりでペットシーツやトイレトレーを置いていても、犬はそこがトイレであることが認識できないのです。

紛らわしい感触のものは置かない!

犬は、ニオイだけでなく、「足元の感触」でもトイレを認識するようになります。じゅうたんやマット、ブランケットのような、ペットシーツと間違いやすい素材のものは、トイレの周囲に置かないほうがよいでしょう。

トイレを失敗した場所は念入りに消臭を!

設置したトイレ以外の場所で子犬が排泄した時には、しっかり消臭しましょう。失敗した時の「におい」が残っていることで、その場所をトイレだと思ってしまい、また同じ場所で排泄をするようになっているケースがあります。

③体調が悪い

犬がトイレを失敗するときに、ぜひ考えてもらいたいことのひとつに、愛犬の体調があります。特に、今までできていたのに、急に粗相をするようになった…という場合は、体調不良が原因かもしれません。

頻尿となってしまっていてトイレが間に合わない、お腹の調子が悪くてトイレが間に合わない、といったケースのほか、とにかく体がだるくてトイレまで行くのがつらい…ということも考えらえます。

愛犬の様子をよく観察し、失敗が続く場合や、失敗以外に気になる症状があるならば、早めに動物病院を受診しましょう。

※関連記事
犬のおしっこの回数が増えるのは、どんな病気?【獣医師監修】

叱らず騒がず、失敗の理由を考えて対応しよう

トイレで排泄する習慣というのは、犬が生まれつき持っている習性とは異なります。ですから、「できるようになった」と思っても、何かのきっかけで失敗してしまうことは必ずあります。愛犬がトイレを失敗しても決して叱らず、理由を考えて対応していくようにしましょう。

こいぬすてっぷでは、トイレトレーニングをはじめとした生活で必要なしつけを楽しく進めていけるような「しつけプログラム」で子犬育てをサポートしています。また、子犬に限らず、愛犬との暮らしを楽しくサポートするサービスもご紹介していますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

関連記事