メニュー

愛犬のごはん中に近づくとうなる、噛みつこうとする…解決方法は?

 

ごはんをとられたくなくてうなる犬

普段はとても甘えん坊で、機嫌のいい子なのに、ごはんを食べ始めると性格が豹変! そばに近づいたり、通りかかったりしただけで、うなる、噛みつこうとする…。そんなことはありませんか。そのままにしていると、いつか本気で噛みついてしまうような悲しい事故が起こってしまうかもしれません。今回は、ごはん中に近づいた時に唸ったり噛みつこうとしたり…といった問題の解決方法についてです。

叱ったり罰を与えたりは絶対NG

ごはん中に近くに来た人を威嚇するのは、「自分のごはんを横取りされる!!」と感じた犬がとる、自然な反応ですよね。ここで叱ったり、罰を与えたりするのは絶対NGです。ましてや、食べている食器を取り上げて叱りつけるなどは最もしてはならないこと。

このような対応をしてしまうと、犬は「やっぱり、人は自分のごはんを奪いに来たんだ!」と感じます。つまり、たとえそれが飼い主であろうと、「食事中にそばに来る人は自分の食べてるものを横取りする人で、争いの相手である」と伝えているようなものなのです。

これでは、犬はますます自分のごはんを守るための行動をとるようになり、事態はさらに悪化してしまうでしょう。

※関連記事
こんな叱り方は絶対NG!愛犬の困った行動への対応を見直そう

「人は犬のごはんを奪う存在ではない」ことを教える

ごはんをとられるとは思っていない犬

このような犬に必要なことは、人は犬の食べているごはんを奪うようなことはしない、争いの相手ではない、ということを教えてあげること。

それがきちんと理解できれば、犬は自分のごはんを守るために、近くに来た人を威嚇したり、攻撃しようとしたりする必要もなくなります。また、近くに人が来たからと言ってあわててごはんを食べるようなこともなくなるはずです。落ち着いた気持ちで、自分のペースで、大好きなごはんの時間を楽しむことができるようになるというわけです。

食事中、フードは何回かにわけて与えよう!

ごはんを使って犬の練習するためのフード

犬に「人はごはんを奪う存在ではない」ということを教えてあげるために、食事の与え方に少し工夫をしてみましょう。

最初から1回の食事分全部のフードをボウルに入れるのではなく、1/2とか1/4くらいだけ入れた状態で愛犬に出してあげてください。そして、それを食べ終わる頃に近づいていき、残りのフードの半分くらいをバラバラっと手から追加。また食べ終わるころに最後の半分を手から追加してあげましょう。

フードを追加するためとはいえ、フードがボウルに残っている段階で近づくとうなるようならば、最初に入れたフードを食べ終わった直後のタイミングでさっとごはんを追加することからスタートしてみてください。これは、犬が「ごはんを守らなきゃ!」と思わなくてすむようにするためです。

それができるようになったら、フードにまだごはんがほんの少し残っている状態の、食べ終わる直前にフードを追加。これもクリアできたら、ごはんの真っ最中、まだたくさん残っているところにフードを追加する、といったようにしていきましょう。

ただし、飼い主さんが手を噛まれて怪我をしてしまうようではいけません。手を出すと噛まれそうな場合には、少し離れてひょいっと追加のフードを投げ入れる方法も。また、柄が長めのスプーンを使うのもひとつの方法です。少しずつ距離を縮めていき、飼い主が近づいたり、食器の近くに手をだしたりしても気にせずごはんを食べていられるようになれば、直接手で追加のフードを入れてあげる練習へと進みましょう。

ごはん中に少しお皿を動かすことまでできるとgood

お皿でごはんを食べている犬

どんどんできるようになってきたら、ごはんを食べてる途中でお皿をちょっと動かして、追加のフードや大好物のおやつを少しだけ入れるなどの練習もしてみましょう。もちろん、おやつばかりにならないように、また、カロリーオーバーにならないようにはしてくださいね。

こうしていくうちに、やがて、ごはん中に近づいてくる人は、食べ物を奪う人ではなく、食べ物を追加してくれる人、または、もっとおいしい大好物をくれる人だと認識するようになっていきます。

難しければ、できるだけ早く専門家に相談を

専門家に相談に来た犬

ごはんを守る愛犬がとても激しく威嚇し、飼い主さんが今にもケガをしてしまいそう、といった場合は無理は禁物です。また、そこまで激しい威嚇ではなくても、10日~2週間くらい練習してみて、うまくいきそうにない場合には、できるだけ早いタイミングで専門家に相談することをおすすめします。

しつけを得意としているスタッフのいる動物病院での相談もひとつですし、行動治療を専門としている獣医師のいる動物病院への紹介を受けるのも一つの方法です。まずは動物病院で一度相談してみるとよいでしょう。

食事の時間を存分に楽しめるようにしてあげよう

食事中に人が近くを通りかかるたびに警戒していては、犬は日々落ち着いてごはんの時間を楽しむことはできていないでしょう。人は犬と争う存在ではなく、人が近くにいることは嬉しいことなんだと犬が思えるようになれば、必要以上に近くにいる人を警戒する必要はなくなります。せっかくのお楽しみの時間であるごはんの時間が、愛犬にとって心から楽しめる時間になるよう、ここでご紹介した方法を一度試してみてはいかがでしょうか。

※関連記事
犬が噛むのを直したい。必要なのはしつけ?それとも…?

関連記事