メニュー

子犬が甘噛みするときの4つの気持ち

 

人の手を甘噛みする子犬

甘噛みとは、歯を立ててガブリと噛むのではなく、優しくカプリと噛むこと。かわいいなあと思う反面、何度も甘噛みされるのは困ったもの。また、噛みつきによる事故を防ぐためにも、人の体に歯を当てることがないように教えていかなくてはなりません。ここでは、甘噛み対策をするにあたって大事なポイントである、甘噛みする時の子犬の気持ちをご紹介します。一括りに甘噛みと言っても、愛犬にとってはその時によって甘噛みの意味が違うかもしれません。愛犬がどんな状況で、どんな気持ちで甘噛みをしているのかをよく見てあげてくださいね。

①「歯が生え変わりそうで、ムズムズする!」

歯の生え変わる時期には、人間でも歯ぐきがムズムズします。これは犬も同じ。そのムズムズを解消するために子犬は甘噛みします。こういったタイプの甘噛みであれば、生え変わり終了とともに、多くの場合はおさまります。

噛み応えのあるおもちゃを使って「噛みたい!」の気持ちを発散させてあげましょう。子犬がかじったぬいぐるみなどに点々と薄ピンクの血のあとがついていたり、ポロリととれた歯が落ちていたりしないか気を付けて見てあげてくださいね。

②「これは何?いろんなことを知りたい!」

犬は口の中に物をいれることで、それが何かを確かめます。人間の赤ちゃんが色々なものを手で触ったり、口に入れたりして確認するのと同じですね。その探求心を、甘噛みすることで満たし、硬さや噛み心地を自分の経験として蓄えていくのです。

こんなタイプの甘噛みを無理やりやめさせてしまっては、子犬が色々なことを勉強する機会を奪ってしまうことにつながります。日用品は子犬の届かないところにしまったうえで、さまざまな素材やかたさ、感触のおもちゃを用意し、探求心や好奇心をどんどん満たしてあげましょう。

③「甘えたいよ」「遊ぼうよ!」

じゃれあう子犬同士の甘噛みがまさにこれ。愛情のしるしです。

こういったタイプのを無理やりやめさせようとするのは、子犬の「甘えたい」という気持ちを拒絶することになります。「ダメ!」などと叱るのはもってのほか。日ごろから十分甘えさせてあげ、さりげなくおもちゃを噛むように導き、おもちゃを噛んでいるタイミングで「上手だね、いいこだね」と褒めてあげましょう。

④「そこは触らないで!」「ヤメテ!」

子犬は、「嫌だ」という気持ちでも甘噛みします。この甘噛みの意味を知っておくことはとても大切なことです。

たとえば、特定の場所を撫でると甘噛みしてくる…という時は、もしかしたらその場所を撫でられるのが苦手なのかもしれません。また、ケガをして痛みがあるために触らないでほしいのかもしれません。

「ヤメテ!」という意味でしている甘噛みを無視して撫で続けたら、やがて本気で噛んできたり、うなって警告を発したりするようになります。

「この子は嫌がっているんだ」ということをきちんとわかってあげて受け入れ、嫌がることをしないようにすることで、子犬は飼い主さんのことを信頼するようになります。また、安心して身をゆだねることができるようにもなることでしょう。

※関連記事
まずはここから。読んであげたい愛犬の「やだな…」のサイン3つ

気持ちを知って、甘噛みしなくてよい環境を作ろう

子犬の甘噛みへの対策としては、子犬の気持ちを第一に、次の4つのポイントを確認して対応しましょう。

  • 犬本来がもつ「噛みたい」欲求を色々なおもちゃで満たしていますか?
  • 運動や遊びでストレスは発散できていますか?
  • 子犬を十分甘えさせてあげられていますか?
  • 子犬が嫌がることをしていませんか?

子犬の甘噛みは、いやがらせやイタズラなどでは決してありません。犬にとっての自然な行動です。ですから、人の手や日用品などのかじってはいけないものを噛まない限りは、「甘噛みは無理にでもすぐにやめさせなくてはならない」ということはありません。

まずは、子犬が甘噛みする理由を知り、甘噛みしてほしくないところを甘噛みさせないような環境を整え、おもちゃのような甘噛みしてもよいものを存分に甘噛みさせてあげましょう。

※関連記事
カプカプ…子犬の甘噛み。ココさえ守れば焦ってやめさせる必要なし!

子犬の気持ちに寄り添おう

甘噛みに限らず、子犬との暮らしの中では、飼い主にとってしてほしくないことを子犬がしてしまう場面には何度も直面します。でも、それは子犬にとって自然な行動をとったにすぎません。飼い主さんが子犬にとって常に安心できる存在であるためにも、叱りつけてやめさせるようなことはしないように。根気のいることではありますが、子犬の気持ちを知り、子犬の気持ちに寄り添いながらひとつひとつ解決していきましょう。

こいぬすてっぷ2か月編では、甘噛み対策や子犬との上手な遊び方を解説しています。もちろん2か月を過ぎていても遅すぎることはありません。時には大変なこともある子犬育てですが、子犬の成長にあわせて、子犬の気持ちを大切にながら一緒に楽しみましょう!

関連記事