メニュー

【超基本】ご褒美のおやつは不要?!子犬の留守番練習

 

留守番練習の間も寝ている子犬

犬と暮らしていく中で、愛犬に留守番をお願いしなくてはならない時は必ずあるはずです。でも、本来、犬は留守番が得意ではないことがほとんど。愛犬が留守番上手になるためには、いかに不安な経験をさせないか、が大変重要です。今回は、愛犬が上手に留守番できるようになるために必要な「留守番前の準備」と「練習方法」についてです。

留守番のための準備

留守番のしつけの段階から準備はしっかり

留守番が苦手な犬は多いものです。だからこそ、準備が大事。これは、留守番の練習段階でも同じことです。本番と同じようにきちんと準備をして留守番の練習をはじめましょう。

➀ 犬が安心できる環境を準備する

留守番だからといって急に環境を変えるのでなく、普段から生活している慣れ親しんだ環境で、安全な留守番ができるように用意をしましょう。

犬が安心して留守番できる環境の準備

サークルに慣れている犬ならサークル内での留守番がベスト。サークルの中に、トイレ、水、マット(ベッド)などを設置し、そこで留守番をさせましょう。普段クレートで寝る犬ならば、扉を外して自由に出入りできる状態にしたクレートも設置してください。サークル内やクレート内に危険なものがないかのチェックもお忘れなく。

普段から、サークルやクレートが愛犬にとって大好きなスペースになるように過ごしましょう。サークルやクレートはお仕置き部屋ではありません。罰としてサークルやクレートに閉じ込める、といった使い方は絶対にしないでください。

サークルに入り慣れてない犬の場合、留守番だからといって無理にサークルに入れてしまうと、犬はそれだけで不安になります。ですから、普段の生活どおり、サークルの外で留守番させることになるでしょう。階段やキッチンなどには入れないように、部屋の一部を区切っておくとより安心です。当然、いたずらしそうなものや危険なもの、誤飲の心配があるものなどは、犬から見えない場所、犬が届かないところに片付けてください。安全確保を絶対にお忘れなく。

※関連記事
これで安心、愛犬の留守番。環境づくりで大切な5つのポイント

➁ 犬が長く楽しめるおもちゃを用意する

留守番中に楽しめるようにおもちゃを用意しておく

留守番の時間、何もすることがなければ、犬は退屈し、不安になってしまいます。そこで、活躍するのがおもちゃ。お気に入りのおもちゃはもちろん、コングのような、長い時間遊んでいられる知育玩具も用意しておきましょう。

おもちゃを用意する場合には、必ず事前に遊び方を愛犬と一緒に確認し、壊す可能性がないかを毎回確かめてから与えましょう。

※関連記事
愛犬がコングに飽きずに夢中になる!その使い方とは?

留守番させる前の散歩や遊びは超大事

理想的な犬の留守番は、飼い主が家を出てしばらくたったら犬は眠っている…という状態。これは、犬が不満や不安を感じずに留守番ができてこそ。そして、眠って過ごすことができれば、犬にとっても留守番の時間が短く感じ、留守番の負担も減らせます。

逆に、遊びたい、運動したいモードでは、落ち着いて留守番させることは難しいでしょう。ましてや、「飼い主さんと一緒に遊びたい!!」という気持ちでいっぱいの時に留守番をさせようとしても成功するわけはありません。

留守番の前に犬と散歩や遊びを楽しみ、ストレス発散する

犬に留守番をお願いする前には、愛犬と散歩や遊びを楽しみ、しっかり運動させておきましょう。心も体も満たされていて、ほどよく疲れている状態だと理想的。こうすれば、犬が疲れて眠っているうちに留守番が終わっているなんてことも。また、犬の気持ちを満足させておくことで、愛犬は落ち着いた気持ちで留守番をすることができるようになります。

朝の忙しい時間に散歩なんて…と思ってしまうかもしれませんが、愛犬はそのあとの時間をひとりで過ごすことになるのです。ぜひ早起きして、お出かけ前にたっぷりと愛犬との時間を作ってあげてください。

※関連記事
留守番もお任せ♪愛犬を退屈知らずにするためにしてあげたい2つのこと

いざ、留守番の練習

犬の留守番の練習は、いかに不安な経験をさせないか、を常に意識しておこないましょう。

はじめはほんの短い時間から

犬の留守番のトレーニングで大事なことは、飼い主の姿が見えない時間を徐々に伸ばしていくこと。留守番をしたことがない子犬や、ちょっとした留守番も難しい犬の場合は、ちょっと何かをとりに隣の部屋に行くだけ、といったような、「え、これだけ?」って思うような、ほんの少しの時間からのチャレンジしましょう。

ハウスの合図でサークルに入った子犬にお気に入りの知育トイなどのおもちゃを与え、おもちゃに夢中になっている間にそっと部屋を出てみましょう。

おりこうに待っていられたら、飼い主が戻ってきたことに喜ぶ愛犬に「おすわり」などの合図をだし、落ち着いたタイミングで「ただいま」と一言。さらに愛犬をしっかり褒めて、少し遊んであげてください。

少しずつ時間を伸ばしていこう!

飼い主さんが部屋から出ても気にせず遊んでいられたら、少しずつ時間を伸ばしていきます。 飼い主さんが姿を消す前から子犬がソワソワしていたり、キュンキュン鳴いていたりと不安そうな様子を見せていないことを確認したうえで時間を伸ばしていくようにしてください。

「これ、留守番って言っていいの?」と思ってしまうかもしれませんが、それでいいのです。なんだかとてもじれったく感じるかもしれません。でも、留守番が不安だった!という経験をさせないことがとにかく大事。急に留守番させる時間を伸ばしたりは決してせず、ゆっくりとゆっくりと留守番させる時間を伸ばしていくことが、結果的には成功への近道です。

最初、飼い主さんの姿が見えなくなることに不安を感じていた子犬であっても、短い時間の留守番の成功をしっかり褒め、成功した!という体験を丁寧に積み重ねていけば、次第に「いなくなっても戻ってくるんだな」、「自分ひとりでも大丈夫だな」と学習してくれます。そして、ひとりの時間を楽しめるようになっていくはずです。

<ポイント>飼い主さんが戻った時の行動は…?

ほんのひと時、子犬の前から姿を消したそのあと、子犬の前に現れたときの飼い主さんの行動も大切です。

飼い主さんも子犬も落ち着いてから挨拶を

留守番のあとは興奮しがちだが、お互い落ち着いてから扉を開ける

一人で待っていた愛犬の前に飼い主が姿を見せると、愛犬は嬉しくて飛びついてくるかもしれません。子犬の熱烈歓迎はとっても嬉しいものですよね。でも、そこはお互いにいったん落ち着いてから、「ただいま」とあいさつをする習慣を。サークルで留守番をさせている場合は、「おすわり」などと合図をして、犬が落ち着いてからサークルの扉をあけるようにしましょう。

留守番が上手にできたご褒美のおやつは不要!

留守番を上手にしてくれた愛犬にご褒美のおやつを与えたくなるかもしれませんが、その必要はありません。それは、愛犬にとって、飼い主が帰ってきたこと自体が、すばらしいご褒美だから。

食べ物を与えるのであれば、留守番中に楽しめるように、知育トイの食べ物を詰めた状態で、留守番前に与えるようにしてください。

こんな時はどうする…

留守番の練習が進んでいき、だんだんと子犬をひとりにする時間が長くなってくると色々な問題が起こってくることがあります。

帰ってきたら家がメチャクチャ!

少し長めの留守番ができるようになってきたかな…と思って愛犬に留守番をお願いし、帰宅したら、子犬がごみ箱をひっくり返してたり、粗相をしていたり、家の中がめちゃくちゃになっていることがあるかもしれません。「あーもう!」とイラっとするかもしれませんが、ぐっとこらえて。決して愛犬を責めないでください。

留守番中に困った行動をとるのは留守番時間が長すぎたから

留守番させられた腹いせにいたずらをしているわけではないからです。犬は不安で不安でたまらなくて、こうした行動をとってしまったのであり、わざと困らせようとしているのではありません。

こうした場合には、留守番をさせた時間が愛犬にとって長すぎたんだな…と理解して、留守番時間の見直しを。もう少し短い時間の留守番に挑戦させて、改めて成功体験を重ねていきましょう。

※関連記事
犬の留守番のストレスを減らすためにできる6つのこと

出かけようとしたらキュンキュン鳴く…

留守番をさせたあと、飼い主がでかける用意をするとキュンキュン鳴く、ソワソワしはじめるようになった…というのもよくあります。

これも、留守番をさせた時間が長すぎた可能性があります。留守番時間を短くして、「留守番は不安ではない」という経験をもう一度積み重ねていきましょう。

犬の留守番練習はゆっくり時間をかけて

犬が留守番をじょうずにできるようになるためには、できる限り不安な経験をさせることなく、成功体験を積ませてあげることにつきます。 留守番前の様子や帰宅時の様子をよく見て、ゆっくりと練習を進めていきましょう。

※関連記事
【熱中症対策にも】留守番をもっと安心に、ペットカメラを活用しよう!

関連記事