メニュー

カプカプ…子犬の甘噛み。ココさえ守れば焦ってやめさせる必要なし!

 

子犬のしつけでお悩みの多い「甘噛み」。「早くやめさせなきゃ…」と焦ってませんか?大丈夫です。子犬の甘噛みは、「絶対だめ!なんとでもすぐにやめさせて!」なんてことはありません。自然に甘噛みを卒業できればOKなのです。とはいえ、愛犬に上手に甘噛みを卒業してもらうには、いくつか気を付けておかないといけないことも。今回は甘噛み大好きな子犬の飼い主さんに上手に甘噛みを卒業させる方法をお伝えします。

自然に甘噛みを卒業しよう

通常、子犬の甘噛みは成長とともに収まってきます。これは、甘噛みには子犬ならではの理由があるから。

それは、「生え変わりの時期で歯がむずがゆい!なんかかじりたい!」「知らないものがいっぱい!かじった感触を知りたい!」といった理由。こういった甘噛みは、子犬が健やかに成長するのに欠かせないもの。だからこそ無理やりやめさせるのは控えたいところ…。それに、ちょっと寂しい気もしますが、そんな甘噛みは成長とともにだんだんとなくなっていくのです。

甘噛みをしなくなった子犬

それから、見逃してはいけないのが「触らないで!やめて!」とカプっと噛んでくる甘噛み。そして、「遊んで。甘えたいよ。」とカプカプしてくる甘噛み。こういった甘噛みの時もするべきことは「しつけでやめさせる」ではありません。「触らないで!」と訴えている時の甘噛みは、叱るなどして無理にやめさせようとしてしまうと、「甘噛みじゃ伝わらないの!嫌だってば!」とばかりに、さらに激しい噛みつきへと発展するおそれがあります。また、甘えたい気持ちからくる甘噛みをやめさせようとすると、子犬の甘えたい気持ちを拒否することになってしまうのです。

ですから、子犬の甘噛みは、あわてて無理やりやめさせるのではなく、甘噛みしなくてすむような環境を整えて、自然に卒業へと導いてあげることが大切なのです。

甘噛みへの対応のルールはコレ!

甘噛みへの対応をしている子犬

「自然に卒業させましょう」「無理やりやめさせなくてもいい」といっても、自由にどこでもカミカミしてもいいよ、というわけではありません。

甘えんぼの子犬の甘噛みはとにかくかわいいので「手に甘噛みするくらいいいんじゃない?」と考える人もいるかもしれません。しかし、手を噛むことが当たり前のこととなってしまい、成犬になっても平気で人の手を噛むようでは大問題。また、日用品を甘噛みされたり、家族の大事なものをかじられたりするようでは、困ってしまいますよね。

ですから、甘噛みへの対応として、必ず守るべきルールを決めておきましょう。それは、【甘噛みしなくていい環境を作り、甘噛みを誘うような行動をとらない(特に手足や日用品)】ということ。

このことを意識して、子犬の甘噛み卒業を待ってあげましょう。ここからは、具体的な対応についてです。

※関連記事
靴下、本、メガネ…愛犬がくわえてるのを発見!その時どうする?

好きなだけかじっていいおもちゃを与える

愛犬のおもちゃは、好きなだけ、思う存分甘噛みしてもOK。色々な噛み応えのおもちゃを試して、お気に入りを見つけてあげましょう。

自由に噛んでいいものを与えることで、子犬の甘噛みしたい気持ちを発散!そうすることで、手や日用品を噛みたい気分にならないようにしてあげるのです。

また、時には一緒に遊んで、思う存分甘えさせてあげることも大切ですよ。

撫でれらるのが苦手なら、無理に撫でない

子犬が嫌がって甘噛みしてくるときに無理やり触ることは、「どんどん噛んでください」と言っているようなもの。それに、子犬の「やめてー!」の訴えを無視していることにもなります。

子犬が「やめて!」の気持ちで甘噛みをしてくるのなら、愛犬が嫌がっている行為はそれ以上しないでください。

とはいえ、体を触られることを受け入れられるようになることは必要なこと。無理やり触るのではなく、少しずつ段階を踏んで練習をしてあげましょう。

※関連記事
犬の撫で方の基本3STEPと練習方法♪撫でられるのが大好き♪

人の手足や日用品をおもちゃにしない

手や足を子犬の目の前でヒラヒラさせたら、追いかけたくなってかじりつきたくなるのは子犬の本能。手足への噛みつきをさせないため、手足をオモチャにして遊ぶ習慣は絶対NGです。

何でもかんでも甘噛みしようとしていた子犬でも、やがて、ロープやボールなどのおもちゃを好んで噛むようになっていくことがほとんどです。子犬のうちから、おもちゃを噛んで遊ぶようにうまく方向づけてあげられるとよいですね。

どうしても甘噛みしてくるなら優しく教えてあげる

人の手を甘噛みさせないように気を付けていても、ついつい子犬が手を甘噛みしてくる…ということ、実際にはあるはずです。これは子犬と遊んでいる中でヒートアップしてきた時にありがちなパターン。

手に甘噛みをしたときの対応

そんなときは、叱ったりするのではなく、優しく「人の手は噛んでも楽しくない」ことを教えてあげる必要があります。冷静にさりげなく手を後ろに隠したり、太ももに手のひらをピタッとつけたりして、子犬がそれ以上噛みにくくなるようにしてください。大声や大げさな動きは必要ありません。子犬が甘噛みをやめたら褒めて、遊びを再開してあげましょう。

子犬の甘噛み、焦らず見守ってあげましょう

子犬のうちであれば、甘噛みにそこまで神経質になりすぎなくても大丈夫。長い目で見てあげてうまく甘噛みを卒業できるように環境を整えてあげることも、飼い主の重要な役目です。叱って子犬をコントロールしようとするのではなく、飼い主さん自身の意識や行動を変えてみながら、焦らずにじっくり見守ってあげてくださいね。

※関連記事
犬が噛むのを直したい。必要なのはしつけ?それとも…?

関連記事