メニュー

子犬が歯磨きを嫌がらなくなるコツと練習方法!【獣医師監修】

 

子犬が歯磨きを嫌がる、上手な歯磨きのコツがわからない…というのは、よく聞く飼い主さんの悩み。しかし、愛犬の健康を考えれば、子犬にも歯磨きは避けられません。でも、歯磨きは犬にとっては嫌な行為であることがほとんど。「嫌がる子犬に無理やり歯磨き→子犬はますます嫌がる→とにかく無理やり歯磨き!→子犬はもっと嫌がる!」の悪循環に陥ってはいませんか?そこで、今回は子犬も飼い主さんもストレスなく進められる歯磨きの2つのコツを、獣医師 渡利真也の監修でご紹介します。

歯磨きのコツをつかんでいる子犬
お互いにとっての「歯磨きのハードル」を下げる方法は…?

歯磨きは犬の健康維持に欠かせない

歯磨きの目的は「歯周病」を防ぐこと。
犬が歯周病にかかると、歯が抜けたり口臭がしたりするだけでなく、歯の周囲で繁殖した細菌が心臓や腎臓などの内臓にも影響を及ぼし、新たな病気を引き起こす原因にもなります。また、歯根にたまった膿や細菌の影響で頬の皮膚に穴が開いてしまうことも…

犬が重度の歯周病になると、細菌の温床である歯石の除去のために全身麻酔が必要となりますし、場合によっては抜歯もしなくてはなりません。

このおそろしい「歯周病」を防ぐためにとても効果的なのが、歯磨きです。
歯周組織の炎症の原因は、食べカスや歯垢。日頃から犬の口内をきれいに保つことで「歯周病」は予防できるのです。犬用のデンタルガムもありますが、より確実な効果を得るためには、やはり丁寧な歯磨きが必要です。

歯磨きのコツをつかんで歯周病を予防できている子犬
子犬の歯磨きのコツはムキにならずリラックスして行うこと

子犬が嫌がるケアの筆頭である歯磨き。きれいにしたいと必死になるあまり、犬にも飼い主にとってもストレスとなる…ということはよくあること。まずは落ち着いて、ここにご紹介する2つのコツをつかんで練習し、歯磨きに対するハードルを下げていきましょう。

子犬の歯磨きのコツ① 「こんなに?」超ゆっくりの練習方法

いきなり歯ブラシを使って子犬の歯磨きしていませんか?

子犬が歯ブラシを受け入れられる状態になっていないのに、歯磨きをしようとしてもうまくいかないのは当たり前のこと。

口を触ること、そして歯ブラシに対して、嫌な印象を持つことさえなければ、子犬は歯磨き好きになってくれます。ですから、子犬の歯磨きのコツのひとつめは、口を触る練習をしたり、歯ブラシに対する印象を良くしたりといったステップを踏んでから、歯ブラシでの歯磨きに挑戦することです。

歯ブラシに対する印象をよくしている子犬
歯ブラシを嫌がる子犬には、歯ブラシを見せる練習から

「歯磨きができて当たり前」ではありません。無理やり慣れさせようとしていると、ますます苦手になってしまうものなのです。

歯磨きが苦手で悩んでいる方は、ぜひ、ここに紹介するSTEPをゆっくりと練習していってください。できているように見えても、各ステップ、最低でも1週間は練習したいところ。こんなにのんびり練習するの?!と思うかもしれませんが、これから何年もずっと付き合っていく大切な歯の健康を守るためです。ここはゆっくり時間をかけてあげてください。焦りは禁物。

もちろん、上手にできたら心から褒めてあげることを忘れずに。少しずつステップアップしていきましょうね。

まずは準備。歯磨きに必要なものは何?

子犬の歯磨きには、下記のグッズが必要です。
ただ、ガーゼや歯ブラシは愛犬が指で歯や歯肉に触られることに慣れてから使用しはじめるので、最初は不要。練習をすすめながら少しずつそろえていけば大丈夫です。

  • 子犬用の歯磨きペーストやペースト状のフード
  • ご褒美、お気に入りのおもちゃ
  • ガーゼ
  • 歯ブラシ(ヘッドが小さく毛がやわらかい犬用のものか人間のこども用のもの)

STEP0 飼い主さんの手で口の中を触れられることに慣れさせる

まずは子犬が口の周りを手で触れられることを嫌がらないかどうか確認しましょう。

嫌がる場合は、無理せずに時間をかけて、口元を触る練習からのスタートです。優しく子犬に声をかけながら、顔や口元を触る練習をしましょう。

首や背中などの触られても嫌がらない場所から、手をスライドさせるように口元に持っていくことがポイント。苦手な子には、反対側の手でおやつを与えたり、おもちゃをかじらせたりしながら進めるとよいでしょう。

もちろん上手にできたら子犬を心から褒めてあげることを忘れずに。

口の周りを触られることに愛犬が慣れたら、次はそっと唇をめくられることに慣らしていきます。飼い主さんが噛まれないように気を付けてくださいね。

もし愛犬が唇をめくらせてくれたら、ご褒美をあげましょう。

歯磨きの練習のために唇をめくる練習をしている子犬
唇をめくる練習ができたら歯を触る練習へ

愛犬が唇をめくることを嫌がらなくなれば、次は歯や歯肉に触れられることに慣らします
このとき、指に愛犬の好きなペーストを付けて触り、成功したら子犬をたっぷり褒め、ご褒美をあげましょう。

早く歯磨きをしたいと焦る気持ちもあるとは思いますが、最初が肝心です。
「唇をめくる→歯や歯肉を触る」という各ステップは、焦らず、とにかくゆっくり、時間をかけて進めてください。

STEP1 ガーゼや歯ブラシで「触れられる」ことに慣れさせる

愛犬の口の中を指で触り、愛犬が嫌がらなくなったら、次はガーゼを指に巻き付けて、「歯や歯肉を数秒触る」ことに慣れさせましょう。
ここでは、触れられることに慣れるための練習なのでゴシゴシこすったり、歯を磨こうとしたりはしないでください

ガーゼは水で濡らしたり、好みのペーストを付けたりしてもよいでしょう。
ガーゼで触られることに愛犬が慣れると、今度は歯ブラシで歯や歯肉をそっと触りましょう。

もし愛犬が歯ブラシを怖がる場合は、数日間、歯ブラシは見せるだけにして。歯ブラシは怖いものではないことをわかってもらいましょう。歯ブラシに対する恐怖心がなくなってきたタイミングで、そっと歯ブラシで口に触れる練習をはじめてください。

STEP2 ガーゼや歯ブラシで歯磨きをすることに慣れさせる

ここまでのステップを確実に愛犬が安心してできるようになったら、いよいよガーゼや歯ブラシで歯を磨く練習です。

愛犬を褒めながら、歯磨きは犬歯から始め、奥歯、前歯と進めます。優しく歯ブラシを滑らせる感じで。「シュコシュコ、ゴシゴシ」ではありません。

すべての歯を一度に磨こうとする必要はありません。子犬が歯ブラシを怖がるうちは、歯ブラシを近くにおいたままにして、指にまいたガーゼで優しく歯磨きをしてみてもOKです。
くれぐれも飼い主さんが噛まれることのないようにご注意を。

歯ブラシを使って歯磨きの練習をしている子犬
犬歯から、優しく歯磨きスタート

愛犬が嫌がりそうな様子が見られたら、潔くその日はそこまでとしましょう。最後に、子犬が撫でられて喜ぶ場所を優しくなでてあげて、練習終了してください。

また、犬が痛い、嫌だと感じると、歯磨きが大嫌いになったり、顔回りを触られること自体が嫌になってしまったりするかもしでません。力を入れず、優しくそっと丁寧に磨くことを心がけてくださいね。

歯磨きを嫌だと感じている子犬
「もういや…」となる前に歯磨きを切り上げよう

歯磨きをしながら、子犬に優しく誉め言葉をかけ続けることも忘れずに。
そして上手にできた子犬をしっかりと褒め、たくさん遊んであげるとよいでしょう。歯磨きに対してよい印象を持ってもらうことを常に意識してください。

子犬の歯磨きのコツ②「少しでも」とにかく毎日!

子犬の歯磨きのコツのふたつめは、「ちょびっとずつでも、毎日磨く!」です。

犬の歯磨きをする頻度は、毎日。
これを生涯にわたって「習慣」にしてしまいましょう。

これは、愛犬が歯磨きに慣れるため、歯垢・歯石を防ぐため、といった理由もありますが、もうひとつ、大きな理由があります。
それは、「毎回完璧に磨かなくてもよいようにするため」です。

「犬に毎日、歯磨きをする」というと大変そうに思えるかもしれませんが、毎日の歯磨きは少しずつでよいのです。
嫌がる愛犬に時々完璧な歯磨きをしようとするより、少しずつ毎日歯磨きをするほうが、愛犬も飼い主さんもずっと楽なはず。

「ちょっとずつ行う犬の歯磨き」を毎日の「習慣」にすることで、飼い主さんも気持ちにゆとりが生まれます。愛犬も歯磨きの時間が必要以上に長くならないことで、歯磨きを受け入れやすくなります。

楽しく歯磨きが行えるようになった子犬
無理をしないことで、お互いに歯磨きへのハードルを下げよう

すると、気楽に、構えず、愛犬に嫌な思いをさせることなく、楽しく歯磨きを行えるようになりますよ。

ちょっとずつの歯磨きですら愛犬が歯磨きの途中で嫌がるようなら、その日は無理せずすっぱりと中止してしまいましょう。

磨き残したところは翌日に磨くことができれば大丈夫。
犬の歯石は3〜5日でできると言われており、3日間かけて全ての歯を磨くことができれば「歯周病」予防には問題ないのです。
だからこそ、「ちょびっとずつでいいので毎日」の歯磨きを習慣化するのが子犬の歯磨きを成功させる大事なコツなのです。

「ゆっくり・毎日」で、子犬の歯磨きストレスを最小限に!

犬の歯磨きは、健康を保つために欠かせませんが、実際には非常に難易度が高いケアでもあります。今回ご紹介したコツを参考にして、子犬も飼い主さんもストレスを感じることなく歯磨きをマスターしてくださいね。もし子犬が歯磨きの練習中に嫌がるようならば、無理は禁物。できなくても決して叱らず、愛犬の好きな味のペーストやご褒美を活用しながら、毎日ゆっくり、愛犬のペースに合わせて進めましょう。それでもどうしても子犬が歯磨きを嫌がる場合には、かかりつけの獣医師に相談し、愛犬に合ったオーラルケアの方法を一緒に探してもらうのもひとつの方法ですよ。

関連記事