メニュー

犬のおすわりの教え方。確実にマスターするための4STEP

   2019/05/08

「おすわり」は、犬のしつけに使われる言葉として非常に有名なフレーズのひとつ。興奮している愛犬を落ち着かせるためだけでなく、「伏せ」「お手」などの様々なしつけの基礎にもなるしつけです。今回は「おすわり」を確実にマスターするための教え方を4STEPでご紹介。実は「おすわり」の教え方で大事なポイントは最終STEPのSTEP4にあるのです!ここでは完全マスターを目指した「おすわり」の教え方をご紹介します。

「おすわり」のしつけのゴールを知っておこう

おすわりの教え方がうまくいっている犬

犬の「おすわり」は単なる芸ではありません。「おすわり」を愛犬に教えるならば、本当に暮らしに役立つ「おすわり」の教え方をしてあげたいと思いませんか?

「おすわり」のしつけのゴールは、「いつでもどんな時でも『おすわり』ができるようになること。」

ごはんの前だけできる「おすわり」や、飼い主がおやつを持っている時だけできる「おすわり」では十分とはいえないのです。

「いつでもどんな時でも」が必要な3つの理由

①「おすわり」で犬の急な動きを防ぐ
散歩中に急にとびかかるなどの事故をふせぐためにも、いつでも、どんなときでも、飼い主の言葉で「おすわり」ができることはとても大事なことです。

②「おすわり」が犬の興奮を抑えるのに役立つ
興奮している愛犬が「おすわり」の合図で落ち着けるようになれば、 遊びの途中や、飼い主の帰宅時などに犬が過度に興奮してしまうことを抑えることができます。
このことは、不必要な吠えや、噛み癖といった困ってしまうような行動への対策にもなります

③「おすわり」が「伏せ」や「お手」などのしつけの土台となる
「伏せ」や「まて」、そして「お手」といったしつけは、「おすわり」ができてはじめて練習できるもの。そのため、「おすわり」はぜひとも早いうちに確実にできるようになっておきたいしつけなのです。

※「おすわり」や「おて」の大切さについてはこちらの記事で解説しています。
【犬のしつけ】「おすわり」「お手」は本当に必要なの?

おすわりの教え方STEP1 おすわりの姿勢を教える

はじめは「おすわりの姿勢」の教え方からです。
ご存知のように、「おすわり」とは、犬が床にお尻をつけた状態をキープすること。「おすわり」という言葉の教え方はのちほど。ここでは「おすわりの姿勢」だけを教えます。

まず、おやつなどの好物の食べ物を持った手を犬の鼻先に近づかせ、においをかがせてください。そのまま、食べ物をもった手を、犬の鼻先からおでこのほうへとゆっくりと移動させてみましょう。

飼い主の手の中の食べ物につられて、犬は顔をぐーっと上へと向けていき、やがてストンと自分でお尻を床につけた姿勢になるはずです。

フードを使って犬におすわりの姿勢を教える

犬のお尻が床についたタイミング、つまり「おすわり」の姿勢になったタイミングですかさず犬を褒めて、手に握っていたご褒美の食べ物を食べさせてあげましょう。

うまく「おすわりの姿勢」に誘導するには、おやつを追いかける犬の動きをよく見ておくことがポイントです。
おやつだけ先に動かして顔から離れてしまったりしないように気を付けながら、おやつを持った手の動きを調整してください。

犬のお尻を押さえつけて無理やり座らせるのはNG

「おすわり」の姿勢の教え方では、犬が自ら「おすわり」の姿勢をとるのを待つことが基本です。

犬がどうしても「おすわり」の姿勢をとらない場合は、おやつを持っていない方の手をそっと犬のお尻にあててみると、犬がストンとお尻をおろしてくれるでしょう。

この時も、犬のお尻が床についた瞬間に「上手」「おりこう」などと褒め、食べ物を食べさせてあげましょう。

この練習をくりかえすことで、犬は「おすわり」の姿勢をとることで嬉しいことが起こる!と学習してくれ、自分からおすわりの姿勢をとることが増えていきます。

偶然おすわりの姿勢をしたときに褒めるのも効果的

練習のとき以外でも、偶然犬が「おすわり」の姿勢をとったりしたときには、「お、上手!」などと言って誉めてあげてください。そうすることで「おすわり」の姿勢がもっと好きになり、自ら「おすわり」の姿勢をとる頻度が増えていきます。

偶然おすわりの姿勢をとったときに褒めることが効果的

おすわりの教え方STEP2 おすわりの言葉を教える

ここでいよいよ「おすわり」の言葉の教え方です。

「おすわり」の姿勢を教える時と同様に、好物のおやつを持った手を犬の鼻先からおでこの上方へとゆっくり動かして、犬が自分からお尻を床につけようとするのを待ちます。

犬の様子をよく見て、犬が腰を落とそうとした瞬間に「おすわり」と1回、声をかけてください。

そのままきちんと「おすわり」の姿勢がとれたら、すぐに誉め言葉をかけてご褒美に手に持っていた食べ物を食べさせてあげてください。

これも、根気よく何度も繰り返しましょう。

おすわりの教え方STEP3 言葉だけですわれるように

ここまでを繰り返すことで、犬はだんだんと言葉だけで「おすわり」ができるようになってきます。

そこまでできたら、好物のおやつを握った手を出すことなく、「おすわり」の言葉をかけてみましょう。

手元のおやつを出すことなく「おすわり」と声をかける

「おすわり」と声をかけただけでおすわりの姿勢がとれたら、すぐに誉め言葉をかけてご褒美をあげることを繰り返してください。

このとき大事なことは、ご褒美を与えるタイミング。犬の鼻先にご褒美を出すことはしませんが、必ずおすわりの姿勢をとれた瞬間にご褒美を与えてください。ご褒美をあらかじめ手元に準備をしておくことを忘れないようにしてくださいね。

「ちょっと待ってね…」などとキッチンにおやつをとりにいってからでは遅すぎて「おすわり」ができたご褒美にはなりませんのでご注意ください。

できなくても叱らない。おやつを持っていない手でヒントを。

「おすわり」を教えている中で、うまくいく時とうまくいかない時があるのは当然のこと。特に、おやつを見せないで練習したら途端にできなくなった…というのはよく聞くお悩みです。
でも、愛犬が「おすわり」の練習につまずき、うまくできなくても、決して犬を叱ったりイライラしたりはしないでくださいね。

そんな時は、おやつを持っていない方の手で、犬の鼻先からおでこのほうに手を動かしてみるなど、「おすわり」のヒントをだしてあげてください。

おすわりがうまくいかない時はおやつを持っていない手でヒントを出す

それでも難しい場合には、またおやつを握った手で誘導してあげる教え方に戻り、気長に練習を繰り返しましょう。

おすわりの教え方STEP4 どこでもできるように

「おすわり」ができるようになったけど、「食事の前しかできない」、「ご褒美を持っていないとできない」などというのは、よくあるお悩み。おやつを持っていないとできない「おすわり」はまだまだ未完成の段階です。
ここからはとても大事な最終STEP、どんな状況でも「おすわり」ができるように練習しましょう。

STEP3までマスターしたら、今度は状況や環境を変えて「おすわり」の練習を続けてください。

状況や環境を変えておすわりの練習をする

練習する時間帯をかえてみたり、いつもは愛犬の目の前に座って「おすわり」の指示を出していたなら、立った状態で「おすわり」の指示を出してみたりしてみましょう。

時には外出先で練習するなど、場所をかえて「おすわり」の練習をするのもおすすめです。さらには、ご家族で協力して、指示を出す人を変えてみるのも練習のひとつです。

この練習をしっかりしておくことが「おすわり」がいつでもできるようになるために大事な「最終STEP」なのです。どんな状況でも「おすわり」ができるようになることで、「おすわり」が本当に役立つしつけとして完成するのです。

おすわりをマスターした後、フォローも大事

ここまでを実践して、愛犬が「おすわり」を完全にマスターしたあとも、「できて当たり前」などとは決して思わず、きちんとできたことを褒めることは続けてあげてください。

愛犬が成長していき、さまざまなトレーニングを進めていくにつれ、「おすわりはできて当然」といった様子で、「おすわり」ができても褒めることをしなくなってしまいがち…。

毎回ご褒美のおやつを与える必要はありませんが、「おすわり」ができた時には、褒め言葉をかけてあげるなど、「きちんと見てるよ、できてるね」の気持ちを伝えてあげることを忘れないようにしてください。

愛犬が「おすわり」をマスターしたあともしっかりとフォローを続けることで、どんな時も確実に「おすわり」ができる状態がキープされるはずですよ。

難易度の高い状況で成功したら特別なご褒美を

難易度の高い環境でおすわりに成功したら特別なご褒美を与える

周囲に音がある、ドッグランのようにまわりに他の犬がいる、といったような環境は、気が散りがちで、飼い主の指示に集中することが難しいもの。また、飼い主の帰宅時のように犬が興奮している時も指示に従うことは難しいでしょう。

このような難易度の高い環境で「おすわり」が成功した時には、その瞬間に心から褒めてあげ、愛犬が喜ぶ特別なご褒美をあげるようにするのがおすすめです。

このことは、「おすわり」以外の指示にも応用可能。ご褒美にメリハリをつけることで、褒めたりご褒美を与えたりすることの効果がUPするのです。

丁寧なトレーニングときめ細かなフォローを

「おすわり」に限らず、愛犬のしつけにはマスターするまでの気長で丁寧なトレーニングと、マスターしたあとのきめ細かいフォローが欠かせません。これから様々なしつけに挑戦していくことになると思いますが、ぜひ楽しみながらいろいろなトレーニングに挑戦していってくださいね。

こいぬすてっぷでは、「おすわり」をはじめとした、愛犬との暮らしに必要なしつけやコマンドを、愛犬の成長にあわせて無理なく習得できるようにご紹介していきます。ご興味のある方はぜひお問合せください。

※「おすわり」からステップアップ!「お手」「待て」の教え方は、こちらの記事でご紹介しています。
犬の「お手」の教え方。こうすればうまくいく!
【子犬のしつけ】いつでも「待て」ができるようになる4STEPとは?

関連記事