メニュー

散歩中に犬が引っ張る…やりがちなNG対処法とオススメ対処法

   2019/05/08

楽しい愛犬との散歩…のはずが、犬がぐいぐいリードを引っ張って好き勝手行ってしまう…そんな愛犬に「そっちじゃない!」と言いながら、今度は飼い主さんが愛犬をズルズル引っ張る…。そんな散歩になっていませんか?安全に散歩を楽しむのに欠かせないのが適切なリードワーク。「リードワーク」というと、飼い主さんの横にピタッとつかせて歩くイメージがあるかもしれませんが、そんなに難しく考えなくても大丈夫。今回は、リードを引っ張る愛犬の飼主さん必見、ついやりがちなNG対処法と楽しく安全な散歩をするためのおススメ対処法です。

犬がリードを引っ張る散歩は危険!

リードを犬が引っ張って進め散歩は危険

散歩は、愛犬が社会との接点を持つとても大切な機会。犬と人の安全を守るためにも、散歩はルールとマナーを守って楽しまなくてはなりません。中でも、リードを犬がぐいぐい引っ張って勝手気ままに進むような散歩は大変危険。散歩が嬉しくて先を急ぎたくなる愛犬の気持ちもわかりますが、引っ張り癖のような危険を伴うような散歩はルール違反。

犬が道路に飛び出してしまったり、犬に引っ張られた飼い主が転倒したり、曲がり角などで出会い頭に他の犬や人とのトラブルになったりするかもしれません。犬がリードを引っ張ってリードがピンピンに張った状態では、とっさによけなくてはならない時にも対応ができないですし、愛犬の前方の様子も非常に確認しづらくなってしまいます。

※あなたと愛犬の散歩のマナーは大丈夫ですか?これを機にぜひ確認を!
犬との散歩のNGマナー6選!これ、無意識にしてない?白い目で見られているかも…。

理想的な散歩は、リードが緩んだ状態でゆったり歩くこと

リードが緩んだ状態でゆったり犬と歩く散歩が理想的

犬も人も快適に楽しめる理想的な散歩は、リードが緩んだ状態でゆったり歩くような散歩です。

においをかいだり、早歩きをしたり、ゆっくり歩いたり…犬がしたいことを自由に楽しませてあげたいと思いませんか?常に飼い主の横にピタッとついて歩かなくても大丈夫。きちんと安全が確保できる範囲で、ゆったりと落ち着いた散歩を楽しみましょう。

とはいえ、どこでも自由に、というわけではありません。狭い場所や人の多いところなど、いざという時には「ついて」できちんと飼い主の横を歩けるようにトレーニングしておくことも必要です

散歩中に引っ張る犬へのNG対処法

ついついやりがち!リードを引っ張り返すのはNG!

散歩中にリードを引っ張る犬への対策として、絶対にしてはならないことは、犬に引っ張られたリードを引っ張り返すこと

リードを引っ張る犬を引っ張り返すのはNG

リードを引っ張られた犬が咳をするのを見たことはありませんか?
首輪にリードを装着している場合、犬はリードを引っ張り返されると非常に不快に感じます。気管や頸椎にも大きな負担がかかってしまい、場合によっては大きなケガや事故の原因になることも。また、犬と飼い主が引っ張りあう拍子にすっぽりと首輪が抜けて、犬が走り出してしまうこともあるかもしれません。

もちろん、ハーネスにリードを装着している場合でも、リードを引っ張り返すことは危険ですし、犬にとっても負担が大きいのでNGです。

どんなしつけにも言えることですが、愛犬に対して、「力ずくで言うことを聞かせよう」という考えは絶対NG。犬と飼い主さんとの信頼関係にも悪影響でしかありません。そんな散歩では犬も飼い主も心から楽しむことなどできなくなってしまうでしょう。

散歩中に引っ張る犬へのおすすめ対処法

犬が引っ張ったら、飼い主は立ち止まってしまう

まずは「散歩中にリードを引っ張ることは散歩のルール違反」ということを犬に理解してもらいましょう。

散歩をしていて犬がリードを引っ張るときには、引っ張り返すのではなく、リードを固定したまま持って、ピタッと立ち止まってしまってください。飼い主さん自身が「木」になってしまったようなイメージです。

リードを引っ張ったら、引っ張り返すのではなく立ち止まる

犬はそれ以上進めなくなってしまいますので、「あれ?」と立ち止まったり、飼い主さんの方を振り返ったりするでしょう。それでも犬が立ち止まらない場合には、リードをたぐりながら少し犬に近づいてみてください。

そのようにすると、やがてリードが緩んできます。ほんの少しでもリードが緩んだタイミングを逃さないで!リードが緩んだその瞬間に「よし!」でまた歩きはじめてください。

このような歩き方を徹底して練習し、「リードを引っ張ると進めなくなる、リードが緩めば歩ける!」と理解することで、犬は散歩中にリードをぐいぐい引っ張ることが減ってくるはずですよ。

ここで注意することは、リードを決して引っ張り返さないようにしっかり固定すること。犬に不快感を与えることなく「リードがピンと張った状態=ルール違反!」と理解させるようにこの練習を繰り返しましょう。

犬が引っ張らずに散歩している瞬間を褒める

犬が引っ張らずに散歩している瞬間を褒めることが大事

好奇心旺盛だったり、公園などの目的地に一目散に向かいたがったりで、ついついリードを引っ張ってしまう癖のある犬でも、ふっと力が抜けてリラックスして歩く瞬間がきっとあるはずです。

犬がリードを引っ張らずに歩けている瞬間を見逃さずに褒めてあげましょう。「ゆったり歩いている」という状態を褒めてあげるため、立ち止まってから褒めるのではなく、歩きながら「いいこ」と言葉で褒めたり、小さなおやつを食べさせたりする方法がよいでしょう。

安全が確保できる状況ならば、飼い主さんの前を歩いたってOKです。
ゆっくりのんびり匂いかぎをする時間もたっぷりと作ってあげてください。そうして、「ゆったり歩けば、散歩は自由に楽しんでもよくて、満足させてもらえる」と犬が理解すれば、飼い主をぐいぐい引っ張ることはさらに減っていくでしょう。

室内でもリードをひっぱらずに散歩する練習をする

外に出ると興奮してしまって、リードを引っ張ってどこかに行こうとしてしまう犬ならば、ぜひ自宅でリードを装着した状態でゆったり歩く練習をしましょう。

自宅でリードを装着して歩く練習をすることも必要

少し緩むようにリードを持ってゆっくり歩きましょう。このとき、リードが緩んだ状態をキープできているタイミングで、歩きながら愛犬の名前を読んであげたり、ご褒美の食べ物をあげたりする練習がおすすめです。

※必要に応じて立ち止まる練習も大切!散歩のためのしつけについてはこちらの記事でご紹介しています。
リードを使って愛犬と散歩を思い切り楽しむコツを解説!

必要に応じで飼い主の横を歩く練習をしておく

散歩をしている道には、当然犬が苦手な方もいます。狭い場所を通ったり、人とすれ違ったりする時など必要に応じて飼い主の隣を歩けるようになっておく必要があります

はじめのうちはリードを短くして物理的に愛犬との距離を縮める方法で安全確保をする必要があるでしょう。さらに、「ついて」の合図でいつでも飼い主の隣を歩けるような状態になれば理想的。日ごろから自宅の安全な場所で練習をしておきましょう。自宅であればリードを付けずに練習してもOK。たとえリードがなくても、飼い主さんの横を歩くのが楽しい!飼い主さんのそばを歩きたい!と思えるような状態を目指します。

まずは愛犬の鼻の高さで食べ物を持った状態で歩いてください。きちんと飼い主の隣を歩けたら、褒めて食べ物を食べさせてあげましょう。

鼻の高さに食べ物を持って飼い主の隣を歩く練習をする

この要領で、「ついて」と言いながら徐々に食べ物を持つ手を飼い主の腰のあたりまであげていく練習を繰り返します。最終的に、食べ物を持っていなくても飼い主の隣を歩けるようになるまでトレーニングをしましょう。
上手に飼い主さんの隣を歩けている時には、歩きながらご褒美をあげ、しっかり褒めてあげてくださいね。

「ついて」と言いながら飼い主の隣を歩く練習
 

引っ張る犬との散歩におすすめのグッズ2選

ご褒美ポーチ

引っ張る犬との散歩の時にぜひとも用意しておきたいアイテムがあります。それは、「ご褒美ポーチ」。

リードを引っ張らずにゆったり歩けている犬を褒めるためには、「歩きながら」愛犬にちょこちょことご褒美のおやつや食べ物を与えることが非常に大切です。

歩きながら食べるの?!と少々びっくりしてしまうかもしれませんが、これは、「上手に歩いている状態」を褒めたいから。このタイミングがとても大切で、立ち止まってからでは遅いのです

犬の散歩でタイミングよくご褒美を与えるためのご褒美ポーチ

このように、引っ張る犬との散歩の練習をするときには、ちょこちょことこまめに、そして素早くご褒美を与えなくてはなりません。そのため、あらかじめ準備しておいた「ご褒美をいれたポーチ」を散歩の時には常に携帯しておき、タイミングを逃さずにご褒美の食べ物を与えるようにしてください。

※トレーニングの効果を最大限に引き出す愛犬の褒め方。ポイントは「タイミング」の他にも色々あります。
愛犬の上手な褒め方のコツ5つ!ハッピーでイキイキした愛犬に育てよう!

伸縮しないタイプのリード

リードの選び方も大切です。ついつい急いで先に進もうとしてしまい、リードを引っ張ってしまう愛犬には、伸縮しないタイプのリード(スタンダードリードやマルチファンクションリード)が欠かせません。

長さも大事。あまりに長すぎるリードは危険ですので、1-2mくらいのものがよいでしょう。 とっさの時にすぐに愛犬を呼び寄せることのできるように、犬との距離はせいぜい1m程度を保ちましょう。輪になった部分を親指にかけ、余った部分は手元でたばねて持つようにしてください。束ねて持つのは、万一犬が引っ張ったときのコントロールに役立つから。手や手首にぐるぐる巻きにするのは危険ですのでNGです。

最近では、体に斜め掛けできるタイプのリードも販売されています。そういったタイプのものは、両手をあけることができて便利。さらに犬がリードを引っ張ったときも立ち止まってしまえば、飼い主がリードを引っ張り返してしまうこともありません。

※素材も長さも用途も色々。愛犬用のリードにはどんな種類がある?選び方は?こちらの記事でご紹介しています。
子犬のリードの選び方。愛犬にぴったりなのは?【サイズ別・目的別に解説】

※愛犬との散歩のためのグッズとチェックポイントはこちらの記事でご紹介しています。
子犬との散歩のためのグッズ5選、そのチェックポイントとは?

「引っ張る犬」は卒業して、「ゆったり散歩」を楽しもう

理想的なのは、愛犬がいつだって飼い主さんのそばを歩きたい!と思えるような散歩をすること。そして、犬の気がむいたら存分に匂いかぎをして、犬の本能からくる欲求をしっかりと満たしてあげること。そうすることで、犬が散歩中にぐいぐい引っ張る、なんてことはなくなっていくはずです。そんな散歩を実現させるために意識しておきたいことは、「散歩の時間は犬のための時間」であるということ。何かと忙しい毎日の中ではありますが、散歩の時間はしっかりと犬と向き合って、ぜひ、愛犬と一緒に散歩を楽しんでくださいね。

※安全で楽しい散歩については、こちらの記事でもご紹介しています。
【散歩のしつけ】「子犬も飼い主も安全、楽しい!」を実現する2つの方法とは?

関連記事