メニュー

ノミとダニの違いとは?知っておきたい基礎知識【獣医師監修】

   2019/04/24

愛犬との暮らしの中で避けては通れないノミやダニの問題。どちらも動物の血を吸って生きる寄生虫で、私たちの生活環境のいたるところに存在するものですが、違いがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。ノミとダニは似ているようで、実は全く違う生き物。いざという時に適切な対策が取れるよう、ノミとダニの特徴について理解しておきましょう。

ノミとダニってどんな生き物?

ノミとダニはどちらも動物の血を吸います。寄生されるとかゆみや貧血、細菌感染などの症状を引き起こすだけでなく、時には他の寄生虫や伝染病を媒介することもある厄介な寄生虫です。 このような特徴や、肉眼で確認するのが難しいものもあることから、なんとなく似たようなものというイメージがあるかもしれませんが、実際には全く別の生き物です。

日本で問題となるノミは「ネコノミ」

ノミには様々な種類が存在しますが、近年、日本では「ネコノミ」という種類のノミの被害がほとんどです。ネコノミという名前からして、猫にだけ寄生するノミのように思ってしまいますが、猫だけではなく、犬にも寄生します。

犬で問題となるダニは種類がたくさん…

ダニにはたくさんの種類が存在し、ダニの種類によって犬に与える影響も変わってきます。

例えば「チリダニ」は、アレルギー症状の原因となることがあります。肉眼では確認できない非常に小さなダニで、ソファやクローゼットの中、ベッドやカーペットなど室内の様々な場所に生息し、私たちの最も身近に存在するダニです。

他にも、犬疥癬症という強烈なかゆみを伴う皮膚炎の原因となる「ヒゼンダニ」や、体力や免疫力の低下により、脱毛や膿疱などが発生する場合がある「ニキビダニ」などがいます。

犬にひどい痒みを起こすヒゼンダニ

さらに、私たちの身近に潜んでいるダニで、犬との暮らしで大きな問題となるダニが「マダニ」。マダニは犬に寄生して吸血するだけでなく、マダニの体内に潜む様々な病原体を運んでいて、犬だけでなく人にも深刻な症状を引き起こす場合があるのです。動物病院などで「毎月ダニの予防をしましょう!」などと言われているダニは、マダニのことを指しています。

ノミとマダニは全く別の生き物

ノミとマダニの違い

「ノミダニの予防をしましょう!」と言われるのを聞いたことがある方は多いでしょう。これは、ノミとマダニによる被害を予防すことの大切さを訴えたもの。一つのお薬でノミとマダニの両方への対策ができるお薬が使われることが多いため、ノミとマダニの違いを意識することはあまりないかもしれません。

ところが、ノミとマダニは似ているようで全く違います。ノミは昆虫でダニはクモの仲間であり、種類も生態もサイズも、全く異なる生き物なのです。具体的にどのように違うのか、情報を整理しておきましょう。

ノミの生活スタイル

ノミは1〜2㎜程度の小さな昆虫で、暗くて湿度が高い暖かな場所を好みます。屋外なら軒下や花壇、犬の寝床や草むらなどに生息し、室内ならカーペットの下やソファなどに生息しています。高温多湿になる真夏や梅雨はもちろん、暖房で室内が暖かい冬も繁殖するため、一年中注意が必要です。

ノミの繁殖力は非常に高く、卵から生まれて数時間経った頃にはもう吸血し始め、数日後には産卵します。1日に30〜40個ほどの卵を産むと言われており、一度寄生されるとあっという間に数が増えてしまうのです。また、驚異的なジャンプ力も特徴で、草むらに潜んで犬が来るのを待ち構えるダニと違い、ノミはピョンピョンと飛んで自由に動き回ることができるのです。

ノミのライフサイクル

マダニの生活スタイル

マダニは吸血する前の成ダニで3〜6㎜ほどあり、ダニの中では比較的大きく肉眼でも確認することができます。さらに吸血をすることで、マダニの体はどんどん大きくなり、1㎝以上になることも。

マダニがいるのは屋外で、公園や歩道の茂み、川辺や河川敷などの草むらに生息しています。犬が生息場所に入ってきた時に乗り移って寄生し、十分に吸血したら犬の体から離れ、次の吸血に備えます。

吸血して大きくなったマダニ

犬が寄生された時の症状の違いは?

実際に犬がノミやダニに寄生されると、どのような症状が現れるのでしょうか。適切に対処するためにもきちんと知っておきましょう。

ノミやマダニに寄生されるおそれのある草むらの犬

ノミの場合

ノミが犬に寄生し吸血すると、ノミの唾液に反応して、患部が赤くなったりかゆみが出たりします。皮膚がかゆいということは犬にとって大きなストレス。犬が体の一部を懸命に舐めるなど気にするような仕草をするなら、痒みがあるのかもしれません。

また、寄生したノミが大量に繁殖し、それらに吸血されることで、貧血になってしまうこともあります。特に体の小さな子犬などでは、深刻な症状に陥ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

さらに、かゆみがひどく犬が皮膚を掻きむしってしまうことで、そこから細菌感染を起こすことがあります。ノミに対するアレルギー反応を起こすようになってしまうと、ほんの少し寄生しただけで、非常に激しい痒みに襲われるようになります。

そのほか、ノミが体内に持っている場合がある瓜実条虫と呼ばれる寄生虫への感染が起こることも。瓜実条虫とは、いわゆる「サナダムシ」。無症状のこともありますが、下痢や嘔吐などの症状が出る可能性も。この瓜実条虫への感染は、犬が自分でグルーミングをしている時に、ノミを飲み込んでしまうことで起こります。

マダニの場合

マダニの寄生しやすい場所

マダニの場合は、吸血されること自体で犬がかゆみを訴えることはあまりありません。マダニで大きな問題となるのは、マダニの体内に潜んでいる病原体への感染です。

マダニは、貧血や発熱を起こし、症状が重い場合は死亡することもある「バベシア病」や、発熱や食欲不振、関節炎などを引き起こす「ライム病」など、犬にとって非常に深刻な病気を引き起こす病原体を持っています。マダニに寄生されることで、こういったおそろしい病原体へと感染してしまう可能性があるのです。

人が吸血された時の症状は?

ノミやダニが吸血するのは犬だけではなく、人間に被害が及ぶこともあります。深刻な症状を起こす可能性もあるため、きちんとした対策が欠かせません。

ノミマダニの影響は人間にも

ノミの場合

人がノミに吸血されるとまず現れる症状は、ノミの唾液による患部の赤み、強いかゆみです。犬と同様に、ノミの唾液がアレルゲンとなるアレルギー症状が出る場合もあります。

また「猫ひっかき病(バルトネラ症)」という病気になることも。ノミが媒介するバルトネラ菌によって、炎症でリンパ節が腫れたり、発熱などの症状が出ます。
バルトネラ菌を持ったノミが猫の爪や口周りに付着し、その猫に引っかかれたり噛まれた際に感染するケースが多いのですが、犬に寄生したノミから感染することもあるため注意が必要です。

マダニの場合

マダニの体内に潜む病原体は人にも感染し、きわめて深刻な症状を引き起こす場合があります。
マダニの持つ病原体が原因の主な病気には、頭痛や発熱、倦怠感などの症状が出る「日本紅斑熱」や、高熱や呼吸器症状、肺炎などの症状が出る「Q熱」、放置すると命に関わることもある「エールリヒア症」などがあります。
また、近年たびたびニュースなどで取り上げられている「重症熱性血小板減少症候群」という病気も、マダニが媒介し、死亡することのある感染症です。

ノミやダニの被害は深刻。感染する前に動物病院へ相談を

ノミやダニに寄生されると、犬や人の健康を脅かす深刻な事態になる可能性があります。「たかがノミやダニ」と思わず、生活環境を清潔にすることを心がけ、毎日ブラッシングするといった対策は日頃からきちんと行いましょう。さらに、動物病院で処方されるノミマダニ対策の薬を使用することがもっとも安心な方法です。万が一すでに寄生されてしまった、という場合は、絶対に自分で取ろうとせず、すぐに動物病院に連絡し、適切な方法で駆除してもらうようにしてください。

関連記事