メニュー

ダニが犬に寄生した…!その深刻な被害と効果的な対策とは?【獣医師監修】

   2019/04/24

大切な愛犬の健康を脅かす「ダニ」。非常に身近に感染のリスクが存在するため、飼い主なら誰もが気をつけなければならない問題です。しかし、実際にダニの被害にあったことがないと、いまいちその深刻さがイメージできないかもしれません。実はダニに寄生されると、様々な健康被害が起こり、時には命をも脅かす場合もあります。さらに、ダニによる被害は犬だけでなく飼い主家族に及ぶことも。ここでは、身近なところにいるダニによる健康被害と、愛犬とご家族をマダニによる健康被害から守るためにできることをご紹介します。

犬の健康を害する「ダニ」の色々

マダニ対策が必要な犬

一口にダニと言ってもその種類は様々。まずは、ダニの種類ごとの特徴や犬に与える影響を知りましょう。

アレルギーの原因になる「チリダニ」

様々なダニの中で、私たちのすぐそばに多く存在しているのが「チリダニ」です。正式には「コナヒョウヒダニ」や「ヤケヒョウダニ」などと呼ばれている、体調0.2mmほどの、ほとんど目に見えないような非常に小さなダニ。ベッドやカーペット、ソファーやクローゼットの中など、室内の様々な場所に生息しており、アレルギー症状の原因となります。ペットや人間のフケやアカなどを食べて繁殖し、そのフンや死骸がアレルギーの原因となるのです。

チリダニ被害を防ぐには、チリダニが繁殖しにくい環境を整えることが大切。こまめな掃除を心がけましょう。

犬の皮膚に寄生してひどい痒みを起こす「イヌセンコウヒゼンダニ」

ヒゼンダニによりかゆみの強い犬

「犬疥癬症」という病気をご存知でしょうか。「イヌセンコウヒゼンダニ」と呼ばれるダニによって起こる皮膚疾患です。ヒゼンダニは体長が約0.3mm程度の肉眼で見つけることはできないほど小さなダニ。犬の皮膚にトンネルを掘るようにして住みつきます。やがて、強烈な痒みを伴う皮膚炎の症状が出始め、皮膚はボロボロになってしまいます。
また、イヌセンコウヒゼンダニにより飼い主の腕などに一時的に皮膚炎が起こることがあります。ただし、人の体でイヌセンコウヒゼンダニが増殖することはありません。

イヌセンコウヒゼンダニには、既に寄生されている犬との接触により感染します。多頭飼いの場合、感染犬は治療が終わるまで隔離し、絶対に接触させないようにしておくことが大切です。

犬や人に寄生して命にかかわる病気を媒介する「マダニ」

犬や人に寄生するマダニ

マダニは大きく、肉眼でも確認可能なダニ。公園や歩道の茂み、川辺や河川敷などの草むらに潜み、犬の体温や呼吸などを感知して犬の体に付着します。どこも犬が好んで入っていく場所のため、飼い主は特に注意が必要です。

マダニに対しては、特に慎重に対策を行う必要があります。それは、犬の体に付着して吸血するだけでなく、マダニの体内に潜む様々な病原体に感染し、きわめて深刻な健康被害を引き起こす可能性があるから。しかも、マダニは人からも吸血し、人に対しても病気を媒介するのです。

特に気を付けるべきダニ、「マダニ」に寄生されたら…

マダニが吸血することで犬が痒みを訴えることはあまりありません。問題となるのは、マダニの体内に潜んでいる病原体へと感染すること。

マダニは、命に関わる貧血を起こす「バベシア症」をはじめとした、犬に深刻な病気を起こす病原体を媒介しています。

さらに、マダニは人からも吸血して、人にも重篤な病気を起こす可能性があります。マダニが媒介する人の病気としては、発熱や嘔吐から死に至る可能性もある「重症熱性血小板減少症候群」、発熱や紅斑などを引き起こす「日本紅斑熱」などが知られています。

「肉眼で確認できるダニ」=「マダニ」!

ダニのほとんどは目には見えない小さなものですが、マダニは肉眼で確認することができます。

マダニが寄生しやすい場所は、犬の眼の周りや耳、首、脇など。吸血する前の成ダニでおよそ3〜6㎜程度ですが、吸血すると体はどんどん膨れあがり、1cm以上になることも。こうなると、肉眼でもはっきりと確認可能。飼い主さんが愛犬についてしまったマダニを発見することもよくあります。

マダニを見つけてしまったら…絶対に自分で取らないで!

犬の体でマダニが寄生しやすい場所

犬にマダニが寄生していたらすぐに取ってあげたくなりますが、引っ張って取ろうとするのは絶対にやめましょう。

マダニは皮膚に頭部を食い込ませて咬みついているため、無理に引っ張って取ろうとすると、頭部が犬の体内に残ってしまうのです。また、マダニは体内に様々な病気の原因となるウイルスや細菌を持っています。誤って潰してしまうと、それらに感染する恐れがあるため危険です。必ずすみやかに動物病院で診察を受け、駆除してもらうようにしましょう。

おそろしいダニ、「マダニ」から愛犬を守るための対策

愛犬と飼い主さんの健康を守るためにも、マダニから愛犬を守るための対策は必須です。マダニは一年を通して活動しています。マダニに寄生されないために、通年で対策をしましょう。

動物病院で処方されるノミマダニ駆除薬を定期的に使用する

犬のノミマダニ対策薬の種類

マダニ対策としては、動物病院で処方されるノミ・ダニ対策の薬を使用するのが効果的です。

マダニを駆除してくれるとともに、成ダニやノミの卵、幼虫の発育を阻止してくれます。お薬にはいくつかの種類がありますので、かかりつけの獣医師と相談しながら決めるのが良いでしょう。

ちなみに、ホームセンターなどにもノミ・ダニ対策用の薬が販売されていますが、市販薬の効果は十分とはいえません。動物病院で処方された薬を使うようにしましょう。

ブラッシングと散歩後のチェックは毎日

毎日行いたいのがブラッシング。毎日ブラッシングすることで清潔さを保つことができます。また、犬の体に直接触れてチェックすることで、マダニが付着していないかを確認するとともに、皮膚に異常がないかを確認することもできます。毎日散歩から帰ってきたら行うようにしましょう。

身近に潜むダニによる被害から愛犬を守りましょう

私たちの生活環境に当たり前のように存在するダニ。あまり意識したことがないかもしれませんが、寄生されてしまうと、命にかかわる重篤な症状を引き起こしたり、ひどい痒みになやまされたりすることも。室内をこまめに掃除し、駆除薬を定期的に使用し、また、ブラッシングやシャンプーでケアするなどして、ダニの被害に合わないように日頃から対策するようにしましょう。大切なペットが辛い思いをしないで済むよう、快適な環境を整えてあげてくださいね。

関連記事