メニュー

愛犬のフィラリア症の予防は正しい知識と方法で!【獣医師監修】

   2019/04/24

愛犬を病気から守り、健康的に日々を送らせることは飼い主さんの大事な責任。予防することができる病気は、あらかじめきちんと対策をしておかなくてはなりません。フィラリア症の予防もそのひとつ。蚊というきわめて身近に感染リスクが潜んでいる感染症であるうえに、万一発症してしまったときの症状は極めて深刻。愛犬は命をも脅かされます。フィラリア症は、正しく予防を行うことで確実に防ぐことが可能です。そのためには、正しい知識を持って予防を行うことが非常に大切。フィラリアにおびえることなく安心して暮らすため、ぜひ一度、フィラリア症の予防について学びましょう。

フィラリア予防を正しく行っている犬

フィラリア症は命にかかわる!

フィラリアとは蚊を媒介して寄生する寄生虫。成虫にもなると、長さ20cmほどもある白くて細長い「そうめん」のような見た目になります。

フィラリアの幼虫は蚊に刺された傷から犬の体内に侵入し、少しずつ成長していきながら、犬の血管内へと入る準備を整えていきます。
準備が整ったフィラリアは犬の血管に入り、最終的には犬の心臓や肺動脈などに住みつきます。そこで成虫となり、ミクロフィラリアと呼ばれる子虫を大量に生むのです。

心臓や血管内に入る前の段階のフィラリアの幼虫によって犬の具合が悪くなることはありません。
しかし、犬の心臓や肺動脈に寄生したフィラリアの成虫の影響は非常に深刻。数年という時間をかけて、やがて犬の心臓や血管は正常に機能できなくなってしまいます。こうして起こるフィラリア症は、治療が難しく、死に至ることも少なくないとても重大な病気です。

※フィラリアによって起こる病気についてはこちらの記事でご紹介しています。
犬がフィラリアに感染したら…症状は?治療は?治るの?【獣医師監修】

フィラリア症は予防が可能!

フィラリア予防を正しく行っている犬

フィラリアに感染したことにより起こるフィラリア症の問題は命にかかわることがあるということだけではありません。

たとえ一命をとりとめたとしても、一度フィラリアによって傷ついてしまった心臓や血管を元の状態に戻すことはほぼ不可能で、生涯病気とつきあっていかなくてはなりません。
しかも、フィラリアを運んでいるのは蚊。私たちの身近にいる虫です。
このように、フィラリア症は犬と暮らしていく中で、軽視することのできない感染症なのです。

しかしその一方で、フィラリア症は、予防が可能な病気です。予防が可能な病気である以上、予防を怠って愛犬につらい思いをさせるようなことはあってはなりません。
大切な愛犬を守るため、フィラリア症の予防について正しい知識を持って、確実に予防をしましょう。

犬のフィラリア症の予防方法は?

動物病院でフィラリア予防薬を処方してもらう犬

フィラリア症の予防方法は、「駆虫薬」を月に1回投与すること。
飲み薬のほか、皮膚に滴下するスポットタイプもあります。また、注射薬もありますので、愛犬にあったものをかかりつけの動物病院で処方してもらいましょう。

特にコリーをはじめとしたいくつかの犬種では、予防のための駆虫薬の投与に注意が必要なケースがあります。必ず獣医師の指示にしたがい予防を行ってください。

駆虫薬を飲ませるよりも、蚊に刺されないようにするほうがフィラリアに感染すること自体を予防できていいのでは、と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際に蚊に刺されること自体を「皆無」にすることはほぼ不可能ともいえます。虫よけスプレーをしていたのに蚊に刺された…という経験、ありますよね。それは犬でも同じこと。
アロマやハーブをはじめとした虫よけスプレーはもちろん、蚊に刺されにくくする薬などを使った対策をとったとしても、フィラリア症を予防するという観点からは十分とはいえませんのでご注意ください。

フィラリアが体内に入ることを予防するわけでははない?

犬のフィラリア予防の薬の効果

じつは、フィラリア症予防の薬は「駆虫薬」。つまり、フィラリアが犬の体内に入ること自体を予防するものではありません。

犬が感染力のあるフィラリアの幼虫を持つ蚊に刺されたら、その刺し傷から犬の体内にフィラリアの幼虫は侵入します。そこから、フィラリアの幼虫は2か月ほどかけて成長しながら犬の血管内へと移動する準備を整えますが、この間、犬はフィラリアによる症状を起こすことはありません。

フィラリア症予防の薬は、この「血管に入る前の幼虫」を月に1回、まとめて退治する駆虫薬。これにより、フィラリアが血管内に入り、犬にフィラリアによる病気が起こることを予防しているのです。

犬にフィラリア症の予防をするときの大切な注意点

フィラリアによって起こるフィラリア症を確実に、そして安全に予防するためには、いくつか気を付けておかなくてはならないことがあります。

シーズン初めの予防は必ず検査をしてから

フィラリア予防を確実に行っている犬

すでにフィラリアに感染している犬の場合、予防のための薬を飲むことで命を落としてしまうリスクがあります。これは、犬の体内の成虫が産んだ大量の幼虫が駆虫薬により一気に死滅することで、アナフィラキシーショックと呼ばれるアレルギー反応を起こす可能性があるから。
そのため、動物病院での血液検査によりフィラリアへの感染がないことを必ず確認してもらったうえで、その年の予防をスタートしなくてはなりません。

あってはならないことですが、去年の飲ませ忘れや余りがあるから…などといって、自己判断で飲ませることは大変危険です。

また、「前年にきちんと予防をしていたならば、検査をしなくても大丈夫」と言いたいところですが、それも危険。
前年最後の予防薬を投薬した後、本当に一度も蚊に刺されなかったと断言することはできません。また、予防薬を飲ませたつもりが何かの拍子にどこかで吐き出してしまっていて、実際にはきちんと駆虫できていなかったという可能性もゼロとは言えません。

フィラリアに感染している状態で予防薬を飲ませてしまったときに起こりうる症状は非常に重大です。安心して予防を行うためにも、シーズン初めの予防は必ず動物病院で検査を受けてから行うようにしてください。

ちなみに、年間を通して毎月予防薬を投与している犬の場合には、フィラリアの成虫がいることもありませんので、血液検査で確認する必要はありません。また、子犬の場合は産まれたシーズンや月齢によって検査の必要性がないケースもありますので、必ずかかりつけの獣医師の指示にしたがってください。

毎月必ず投薬する

犬のフィラリア予防を毎月忘れないようにする

投薬する日が数日程度ずれることは許容範囲ではありますが、必ず毎月飲ませてください。そうすることで、前回駆虫したタイミング以降に体内に入ってきたフィラリア幼虫が犬の血管に入る前にすべて駆除することが可能となります。

きちんと正しいタイミングで投薬をしなかったら、幼虫は駆虫薬により退治されることなく血管内へと入りこみ、やがて最終的な住みかとなる心臓や肺動脈へと移動してしまいます。心臓や肺動脈に住みついたフィラリア成虫により、心臓や肺動脈の壁はどんどん傷つけられ、やがて犬に深刻な症状を起こすことになってしまうのです。

途中で飲ませ忘れてしまってフィラリアに感染してしまったら、それまでしっかり予防していたことが無駄になってしまうかもしれません。万一飲ませ忘れてしまったら自己判断で薬を飲ませることはせず、必ずかかりつけの獣医師に相談をしてください。

予防の期間を守って投薬する

犬にフィラリアを媒介する蚊

フィラリアの予防は蚊がいる間だけ…というのは大きな間違いです。

正しくは「蚊が発生し始めて1か月後」~「蚊が見られなくなったあと、さらに1か月後まで」。

最後に活動していた蚊に刺された時に犬の体内に入ったフィラリア幼虫を確実に駆除するために、蚊が見られなくなったあとの予防を決して忘れないようにしてください。

フィラリア症予防を行う期間は蚊の発生時期に左右されますので、投薬期間はお住いの地域や生活環境によって異なります。必ずかかりつけの獣医師の指示通りに、シーズン最後まで確実に予防を行うようにしてください。

※フィラリア症の予防を行う時期についてはこちらの記事でご紹介しています。
犬のフィラリア症、予防の時期はいつまで?涼しくなったらやめていい?【獣医師監修】

フィラリア症の予防は正しく確実に!

感染のリスクが身近にあり、万一発症してしまうと命にかかわるフィラリア症。その一方で、正しく予防をすることで愛犬の命を守ることができる病気でもあります。蚊に刺されないように心がけることもひとつの対策ではありますが、それだけでは不十分。きちんと正しく駆虫薬を投薬することにより、確実に予防することをぜひ徹底してください。安心して愛犬との暮らしをたのしみましょう。

関連記事