メニュー

犬の一日の水の飲水量は?水を飲む量が多すぎるのは病気のサインかも

 

水をたくさん飲む犬

犬も飼い主さんと同じように、暑さが落ち着いてくると、水を飲む量が自然に減ってくるはずです。涼しくなってきたにもかかわらず、愛犬が水を飲む量が減らなかったり、逆にどんどん増えていたりする場合には、何かしらの病気が隠れているかもしれません。愛犬が飲む水の量を気にかけて、愛犬の健康をチェックしてみましょう。

犬が1日に飲む水の量はどれくらい?

涼しくなっても水を飲む犬

水をたくさん飲むというと、健康的なイメージを持つかもしれません。しかし、水を飲む量にも適切とされる量があります。愛犬が飲んでいる水の量が適切かどうかを知るため、まずは健康な犬が飲む水の量の目安を知っておきましょう。

健康な犬の一日の飲水量の目安は、体重1kgあたり50~60ml程度です。例えば、体重が5kgの犬であれば1日に250~300ml、10kgの犬なら500~600ml、20kgの犬なら1L~1.2L程度です。

愛犬がこの倍以上の水、体重1kgあたり100mlを超えるような量の水を飲むようであれば、何かしらの病気の疑いが。飲水量が増えていること以外に、何か症状がないかを合わせてチェックすることもおすすめします。

水を飲む量が増えたかな?を感じるサインとは

普段の愛犬の行動から飲水量が増えたかな?と飼い主さんが気付くケースも少なくありません。以下のようなものは、犬の飲水量が増えた場合に見られるサイン。心当たりがないか確認してみてください。

  • 以前よりもお水を飲む姿を頻繁に見かけるようになった
  • 空っぽの水飲みボウルをいつまでも舐めている
  • 気が付くといつも水のみボウルが空っぽになっている
  • お風呂場などで蛇口から垂れている水を舐めるようになった

飲水量のはかりかた

犬が飲む水の量を測る計量カップ

24時間での飲水量を計るため、まずは計測開始時間と終了時間を決めましょう。朝7時からスタートする場合は、翌日の朝7時で終了です。

①いつもの水飲みボウルに水を入れるときに、計量カップなどで水の分量をはかってから水を入れます。

②日中、水を変えるときには、残っている水の量はかり、減った水の量(つまり、飲んだ水の量)を計算して、記録しておきます。(はじめに入れた水の量)-(残っている水の量)=(減った水の量)

③記録したら、再び計量カップなどで水の分量をはかって、新鮮な水を入れます。

④終了の時刻まで②~③を繰り返して、飲んだ水の量を合計すると、愛犬が24時間で飲んだ量を知ることができます。

飲水量を計るときの注意点

水を飲む量を計るために大きめの器で飲む犬

気候、フードやおやつに含まれる水分量、運動量などによって、飲む水の量は変わります。そのため、1日だけ水を飲む量をはかっただけではきちんと判断はできません。何日かにわたって水を飲む量を測り、記録を残しておくことをおすすめします。水を飲む量は食事やおやつなど食べたものにも大きく左右されますので、おやつを含めて食べたものを一緒に記録しておくとよいでしょう。

また、水飲みボウルが途中で空っぽになってしまっては、どのくらいの水分を欲しているのか、正しく知ることができません。正しい情報をキャッチするためにも、こまめにチェックして補充するか、大きめの水飲みボウルを用意して、水を絶えず切らさないように注意しましょう。

そのほか、薬を服用している場合には、副作用として水をよく飲むことがあります。薬を飲んでいる場合には、そのことも記録したうえで、診察時に獣医師に提示しましょう。

水を飲む量が多すぎるならおしっこもチェック

水を飲む量が多い犬のおしっこを確認するためのペットシーツ

愛犬が飲む水の量があまりに多い日が続く場合は、病気の可能性が。できるだけ早く動物病院を受診することをおすすめします。飲水量が多すぎる場合には、多尿の症状が出ていることが多いものです。犬が飲む水の量が多い、おしっこの量も多いというのは、さまざまな病気の初期によく現れる症状です。おしっこの様子を合わせてチェックしましょう。

いつもはしていなかった粗相をする、トイレの失敗が増えた、1回のおしっこの時間が長くなった、と感じるようであれば、多尿になっている可能性があります。

また、ペットシーツを交換するときに、いつもより重い気がする…といった時もおしっこが増えているかもしれません。また、おしっこの量が増えている時には、おしっこの色が薄くなっているケースもありますので、色についても注目してみて下さい。

※関連記事
犬が血尿したかも…色や観察のポイントは?緊急性の判断や原因は?【獣医師監修】

多飲多尿になりやすい病気とは?

多飲多尿となる病気の例

  • 糖尿病
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 腎不全
  • 子宮蓄膿症 など

犬の場合、多飲多尿はホルモンの異常や腎臓の病気が関係している可能性があります。病気といえば、食欲が低下するというイメージがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。しかし、糖尿病や副腎皮質機能亢進症といったホルモンに関連した病気では、むしろよく食べるようになります。

また、避妊をしていない雌の犬に起こる「子宮蓄膿症」は、速やかに手術をしなければ命を落とすこともある非常に深刻な病気です。

食欲があるから大丈夫というわけではなく、明らかに飲水量が増えたり、おしっこが増えたりしている場合には、元気があるように見え、食欲があったとしても、できるだけ早く獣医師の診察を受けることをおすすめします。 この時、飲水量の記録や、採取したおしっこを持参することができると、診断の助けになります。

※関連記事
【獣医師監修】避妊手術の時期、「若いうちに」って、具体的にはいつ?

飲水量が多いときには早めに動物病院へ

愛犬の水を飲む量が増えている時には、重篤な病気の初期症状である可能性があります。大切な愛犬の病気を早く発見してあげるためにも、日ごろから変わった様子がないかチェックしてあげましょう。飲水量や尿量に変化を感じる場合には、早めに動物病院を受診することをおすすめします。

※関連記事
犬のおしっこの回数が増えるのは、どんな病気?【獣医師監修】

関連記事