メニュー

愛犬との夜の散歩、食後すぐは非常に危険!その理由は?【獣医師監修】

 

暑い夏、熱中症対策として夜間に愛犬の散歩をする人は多いでしょう。でも、夕食後すぐに愛犬のお散歩に行くことは非常に危険です。特に、ごはんを一気に食べてしまうタイプの愛犬、そして、お散歩に出たら思い切り走るタイプの愛犬、散歩に興奮してしまうタイプの愛犬は要注意。それは、食後すぐの激しい運動が愛犬の命にかかわる病気の原因のひとつとなるからなのです。

知っておきたい病気「胃拡張―胃捻転症候群」

「胃捻転-胃拡張症候群」という病気を聞いたことがありますか?大型犬の飼い主さんなら聞いたことがある方は多いかもしれません。

この病気は、元気な愛犬に突然発症し、致死率の高い病気です。詳しくはまだわかっていないこともあるのですが、なんらかの理由で胃の内容物の発酵がすすんでガスが発生し、そのガスが胃の中にどんどんたまっていくことで「胃拡張」が起こります。どんどん拡張していった胃は、やがて周囲の血管や時には他の臓器をまきこみながらぐるりとねじれてしまって「胃捻転」と呼ばれる状態に。

ねじれの程度にもよりますが、胃がねじれることによって、胃の入り口「幽門」と出口「噴門」がふさがれてしまいます。すると、胃の中でどんどん作られるガスの逃げ場はなくなり、胃の中がガスと胃液でパンパンに。胃を含めた周囲の臓器への血流が滞り、さらに全身の血流にも影響が及んで「ショック状態」に陥り、治療を受けなければ数時間で死亡してしまうのです。

胃捻転の原因のひとつ…「食後の過度な運動」

この病気については、まだわかっていないことがたくさんあります。ですが、胃が拡張し、捻転してしまう原因として知られていることのひとつが「食後の過度な運動」。そして、食事や水を過剰に摂取してしまうことも原因と言われています。

夏、昼間は暑いから夜に散歩をする、というご家庭はたくさんあるでしょう。でも、夕方、たくさんごはんを食べて、水をいっぱい飲んで、「さあ、運動だ!お散歩行くぞ!」と走ってお散歩に行く。帰ってきてまた水をがぶ飲み…そんな生活スタイルは大変危険だと考えましょう。

胃拡張、胃捻転を起こしやすいのはどんなタイプの犬?

実は、胃拡張や胃捻転を特に起こしやすいタイプの犬がいます。それは、グレートデンやジャーマンシェパード、そしてゴールデンレトリバーといった、胸郭の深い超大型犬や大型犬のわんちゃんたち。

とはいえ、柴犬のような中型犬やダックスフントなどの小型犬であっても起こる可能性がないわけではありません。「うちの子には関係ない」などとは考えないようにしましょう。

急に発症して、あっという間に進行する!

犬が胃捻転を起こした場合、多くのケースでは、食後数時間の間で、おなかがパンパンに膨らんできます。時間とともにお腹が大きくなっていくほか、とにかく強い吐き気を催します。

げっぷを何度もし、よだれをたくさん垂らして、気持ち悪そうにしたり、吐こうとしたりしているのに何も出てこない、吐くしぐさをしするたびに白い泡ばかりたくさん出てくる、というのも特徴的な症状。

この状態が続くとやがて、ぐったりしてきて、舌の色が青っぽく、さらにすすむと白っぽくなりショック状態となってしまいます。

「お腹が膨む」「吐こうとしているのに吐けない」なら、すぐに救急病院へ!

この病気は、数時間のうちに一気に状態が深刻なものとなります。

夜、ちょっとおかしいかな?と思って、そのまま様子を見ていると、みるみる元気がなくなって、翌朝には亡くなってしまうことも少なくありません。夜間であっても必ず緊急受診をして、処置を受けるべき病気です。とにかくすぐに、かかりつけの病院や救急病院に連絡を。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

動物病院ではどんな治療をする?

まずは、速やかにお腹に溜まっているガスを抜く必要があります。皮膚の上から胃に向かって針を刺したり、可能な場合は口から胃へ向かってチューブを入れたりして、ガスを抜きます。さらに、輸液をはじめとした、ショック状態に対する緊急処置も同時に行います。

その後は手術です。開腹手術を行い、胃のねじれを元にもどさなくてはなりません。ねじれていた時間が長かった場合やねじれ具合によっては、胃の一部や脾臓が大きなダメージを受けている場合があります。ダメージが大きい時には、胃の一部や脾臓を摘出することになります。さらに、ねじれの再発を防ぐために、胃をお腹の中で固定するのが一般的です。

この病気の治療は時間との勝負。しかし、重症の場合や治療が遅れた場合は、適切な処置を行ったとしても、救命できるとは限りません。それほどまでに深刻な病気です。

予防が大事。夜の散歩は、食事の前に。

この病気にかかりやすいといわれている大型犬や超大型犬は、特に普段から予防に気を付けておく必要があります。フードを早食いさせないこと、フードを食べた後に水をがぶ飲みさせないこと。そして、食べたあとすぐに運動しないようにすることが必要です。

夏場、日中は熱中症やアスファルトによる足のやけどの心配がありますので、夕方以降にお散歩をするご家庭が多いでしょう。夜の散歩は、できれば食事の前に。

やむを得ず夕食後に行くのなら、決して夕食の直後には行かないように。夕方の食事を早めの時間帯にしておき、朝しっかり食べるようにして、夕食の量は控えめに。さらに、食後3時間ほどあけてから、ゆったりとしたお散歩に出るようにしましょう。

大型犬や超大型犬でなくても、胃拡張や胃捻転を発症しないとは限りません。どんな犬種であっても、食事はできるだけゆっくりとって、食後は激しい運動は避けてのんびり過ごしましょう。

※関連記事
愛犬にぴったりのごはんの量を見つける1番簡単な方法とは?【獣医師監修】

暑さを避けた夜の散歩、安全に楽しもう

胃捻転は、元気だった愛犬があっという間に亡くなってしまう可能性のある病気。しっかりと予防をしてあげましょう。また、少しでも様子がおかしいと思ったらすぐに動物病院に連絡をすることをおすすめします。

※関連記事
子犬が吐く…早くよくなるために知っておきたい「観察と対応のポイント」【獣医師監修】

関連記事