メニュー

愛犬の早食いを防ぐ方法3選

 

愛犬に早食いのクセはありませんか?愛犬の早食いが原因でフードが喉につまったり、むせてしまったりすることがよくある、というお悩みはよく耳にします。また、大型犬で多く発症し、命に係わる病気である「胃拡張胃捻転症候群」も早食いが原因のひとつとされています。早食いを防ぐことは、愛犬の健康を守るためにとても大事なこと。今回は早食いをさせないためのアイデアをご紹介します。

①食器を工夫して早食いを防ぐ!

犬の早食いを防ぐひとつの方法は、食器を工夫すること。早食いを防ぐために様々な工夫をされた食器が販売されていますので、一度試してみると良いでしょう。

多くのものは、食器の底に突起や凸凹があって、一気にガツガツと食べづらい形状になっています。愛犬が短頭種の場合や子犬の場合は、フードに舌が届かなくて食べることができない…という問題が起こる可能性があります。必ず愛犬の体系、マズルの形にあった食器を選択するようにしてください。

②知育玩具でごはんを与えて早食い防止!

早食いしてしまう愛犬におすすめしたい食事の方法が、知育玩具に食事を詰めて与えること。食事は必ずしも食器で与えなくてはいけないわけではありません。

本来犬は、獲物を探して追いかけ、捕まえて、食べていた動物です。家庭では、食器に入ったごはんをペロリと食べてごちそうさま…。本当にあっという間ですよね。犬はエネルギーも時間も持て余してしまいがちです。

知育玩具に詰めたごはんを試行錯誤しながら食べることで、時間とエネルギーをたっぷり費やしてもらいましょう。持て余していた時間とエネルギーが発散されたせいか、いたずらが解決した!なんてこともよくありますよ。退屈しのぎになるので、留守番中の食事にもとてもオススメです。

※関連記事
毎日実践。犬の留守番中の不安や退屈を小さくするための5つの工夫

コングのように、中に詰めたフードを取り出すタイプ

知育玩具の代表選手と言ってもいいほど有名なコング。中にフードを詰めることができるのが大きな特徴ですよね。もちろん、よく似たおもちゃはたくさんありますのでお気に入りを見つけてみてください。

ギュギュっときつめに詰めてみたり、ドライフードを入れたあとでクッキーやジャーキーで蓋をしてみたりと、詰め方を色々と工夫して愛犬にあった難易度で与えられるのが大きなポイントです。

※関連記事
愛犬がコングに飽きずに夢中になる!その使い方とは?

コロコロ転がすことで出てくるタイプ

ドライフード詰めて、小さな穴からコロコロ転がしながらフードを取り出して食べさせるタイプのものもあります。栗のようなイガイガした形のものや、タマゴ型のものなど、それぞれ動きに特徴がありますので、愛犬が好きなものを見つけるといいでしょう。

特に、卵型になっているものは動きが不規則で、追いかけるのに夢中になる愛犬が続出。犬は本能を刺激する遊びが大好きですので、愛犬の持つ狩猟本能を刺激しながら、ごはんの時間を楽しむことができますよ。

※関連記事
遊びの中に光る個性☆ひとり遊び上手なわんこたち!

③宝探しをしながら食事にして早食いを防ぐ!

家で愛犬と一緒にまったりできる日におすすめなのが宝探しをしながらごはんにする方法。

犬は本来、においをかいでまわること、いわゆる「ノーズ(鼻)ワーク」で楽しみや満足感を覚えるものです。私たちが色々なものを目で見て情報を得て楽しむのと同じですね。ですから、宝探し感覚でごはんを見つけて食べることを楽しむのも、早食いを防ぐひとつの方法です。

たくさんついた布製のヒダやポケットの中にドライフードを隠せるようになっているマットもオススメ。「スナッフルマット」などという名前で色々なタイプのものが販売されています。隠されたドライフードを鼻を使って探しながらごはんを食べることで、ゆっくり時間をかけながら食事の時間を楽しめます。しかも、愛犬は鼻と頭と体を使って食べ物を得ることにより、大きな満足感や充実感を感じることができますよ。

早食いを防ぎ充実した毎日を!

愛犬にとってお楽しみの時間である食事の時間。少しでも長く楽しませ、心身ともにもっともっと大きな満足感を与えてあげましょう。健康のためにも、また、犬にとって毎日をより充実したものにするためにも、ぜひ一度お試しください!

※関連記事
愛犬のごはん中に近づくとうなる、噛みつこうとする…解決方法は?

関連記事