メニュー

忘れ物はない?愛犬との旅行の準備、チェックリスト。

 

犬との旅行に必要な持ち物はたくさんあります。愛犬との旅行を最大限に楽しむため、出発前にもう一度チェックしておきましょう!

①迷子対策、ID、証明書関係

普段とは勝手の違う旅行先。何が起こるかわかりません。あれこれ荷物の整理をしている間に愛犬が迷子になってしまった!なんてことがあるかもしれません。また、大きな音に驚いて逃げだしてしまった…といったことも起こりえます。「うちの子は大丈夫」とは考えず、迷子対策を万全に。また、ワクチン接種を証明する書類もお忘れなく。

  • 首輪(鑑札と注射済票、迷子札を装着)
  • ハーネス、リード
  • マイクロチップを挿入している場合は登録データの控え
  • ワクチン接種の証明書 (混合ワクチン)

普段のお散歩と同様、リードと首輪、ハーネスは必須です。ホテルのロビーを含めた共有スペース、公共の場でのノーリードは絶対NG。それぞれにしっかりと飼い主を明記して愛犬に装着しましょう。中でも、首輪にはID用としての役割も。鑑札と狂犬病予防注射の済票、迷子札の装着ができているかの確認をしておきましょう。

また、ワクチン接種の証明書も愛犬との旅行には必須です。宿泊施設、ドッグラン、ドッグカフェなど、愛犬と一緒に利用する施設には証明書の提示が必要なことが多いので、必ず携帯しましょう。

※関連記事
【改正動物愛護法】犬のマイクロチップ義務化ってどういうこと?

※関連記事
ドッグランに行くなら必携!【犬のワクチン証明書】なぜ必要?なくした時は?

②リラックス、お楽しみグッズ

移動中や旅先で愛犬がリラックスして過ごすのに必要なグッズです。愛犬がずっとソワソワ落ち着きないと、飼い主さんも気が休まりませんよね。愛犬が旅先でもリラックスできるように準備を万全にしておき、飼い主さんものんびりした時間を過ごしましょう。

  • ハウス(クレート)
  • ベッド(いつも使っているもの)
  • ブランケット
  • お気に入りのおもちゃ (いくつか)
  • カフェマット、ステイマット

クレートは、はじめての場所で緊張している愛犬がほっとできる場所として活躍します。まだまだクレートに慣れていないようならば、次の旅行のときまでには、クレートの中にいれば安心!という状態になれるように、じっくりと練習しておきましょう。

※関連記事
犬のクレートトレーニングの方法。居心地の良い安心基地を作ろう♪

また、カフェマットやステイマットは、ドッグカフェや公園などでちょっと休憩するときに、愛犬に落ち着いて待っていてもらうためのもの。マットでゆっくり過ごせるように練習してあるとさらにgood。

そして、お気に入りのおもちゃもとても大切。遊びに使えるだけでなく、嫌なことがあった時の気分転換にも活躍します。

※関連記事
犬の伏せの教え方。4STEPでしっかりマスター

③トイレグッズ

当然、トイレグッズも旅行に必須の持ち物です。慣れない旅先では、トイレがうまくできないことも。愛犬が少しでも落ち着いて排泄できるように、使い慣れたペットシーツやトイレトレーを持っていってあげましょう。

  • トイレ(ペットシーツは多めに)
  • 新聞紙、ティッシュ、ウェットティッシュなど(多めに)
  • マナーベルトやマナーパンツ
  • ビニール袋(においの漏れないタイプが便利)
  • 消臭スプレー

どうしてもトイレトレーはかさばる…という方は、ペットシーツよりひとまわり大きい防水素材の敷物の上にペットシーツを重ねてトイレにするという方法も。ペットシーツからはみ出しておしっこをしてしまうクセのあるわんちゃんにもおすすめです。 新聞紙やティッシュ、ウェットティッシュ、ビニール袋などはぜひ多めに。粗相や車酔いであわてる場面もあるかもしれないので、すぐ取り出せる場所に、あちこちいくつも入れておくと便利です。

普段、粗相をしない子でも、旅行先ではうまくトイレができないことも。ホテルやドッグカフェなどでは、マナーパンツを使用するのもひとつの方法。心配事を減らしてのんびり過ごしましょう。

④食事、給水グッズ

旅先で元気に遊ぶためには、しっかり食事をとることが大切。もちろん、こまめに水を飲ませてあげることも絶対に必要なこと。食事グッズや給水グッズをしっかり用意しておきましょう。

  • 食べ慣れたフード(小分けにすると便利)
  • お気に入りのおやつ
  • 飲用水(夏場はとにかく多めに)
  • 給水ボトル、使いなれた犬用食器

愛犬用のごはんは、食べ慣れたフードを忘れずに。宿泊先で愛犬用の料理が提供される場合でも、愛犬が慣れないごはんを食べなかった時のために、いつものごはんを持参することをおすすめします。

また、お気に入りのおやつを持っていくことは大変重要です。いつもと違う環境で色々な刺激がある旅行中は、飼い主さんの指示に従うのは難しい場面もたくさん。そんな時、どんなに簡単な指示であっても、上手にできたときにはぜひお気に入りのおやつをご褒美にしてあげましょう。さらに、怖いことや嫌なことがあった時の気分転換としても、お気に入りのおやつは有効ですよ。

飲用水も忘れずに。移動中も、遊んでいるときも、こまめに休憩を取り、水を飲ませてあげましょう。水道から直接水を飲ませることはマナー違反。必ず給水ボトルや飲水用のボウルに入れた水を飲ませるようにしてください。折り畳めてかさばらない水入れやカラビナでバッグにひっかけられるボウルも人気ですよ。

飲用水は常に多めに手元にあるように。万が一愛犬に熱中症になったときに、緊急的に体を冷やすのにも使えます。

※関連記事
愛犬が熱中症かも!その時するべき事・してはいけない事【獣医師監修】

⑤お手入れ、お掃除グッズ

旅先にもお世話グッズやお掃除グッズをしっかりと持参しましょう。

  • ブラシ、スリッカー
  • 歯磨きグッズ
  • タオル(大小色々、多めに)
  • 粘着テープ
  • 虫よけ
  • 愛犬用の服(雨具も)
  • 愛犬用の靴(あれば)

タオルは濡れた体を拭いたり、ホテルに入る際に足裏を拭いたりに使うだけではありません。室内が寒い場合はブランケット代わりにもなりますし、大きめのものであれば、マットのかわりにも。

愛犬用の服は、抜け毛の飛散を防ぎ、冷房による冷え対策としても役立ちます。さらに、雨具や靴まで準備できているとよいですね。愛犬の体の汚れや冷えを防いでくれますし、利用する施設を汚さないようにするのにも役立ちます。

※関連記事
見られてますよ~!犬とのお泊り旅行NGマナー10連発

⑥健康のため、万一のためのもの(こと)

最後に、愛犬の健康状態によって必要となる準備や、万一に備えた準備についてです。

  • 動物病院の連絡先(かかりつけ動物病院、旅行先の病院や救急動物病院)

愛犬が普段から飲んでいるお薬があるならば、忘れずに持っていきましょう。また、いつも愛犬が車酔いするのなら、酔い止めの薬についてかかりつけの動物病院で相談しておくのもひとつの手。

そのほか、旅先で愛犬が体調を崩してしまった時のために、動物病院の連絡先がすぐわかるようにしておくことをおすすめします。もよりの救急病院までしっかりチェックしておきましょう。

※関連記事
愛犬とのドライブが楽しみになるコツ8連発!

準備を万全にして、愛犬と旅行を楽しもう

愛犬との旅行を成功させるには、準備がとにかく大事。とはいえ、どんなにしっかり準備をしても、予定通りに行動できないこともあるかもしれません。余裕を持ったスケジュールで、安全に旅を楽しんでくださいね!

※関連記事
楽しい&気持ちいい!プール、川、湖で夏を満喫するわんこたち♬

関連記事