メニュー

愛犬をペットホテルに預ける前にするべき3つのこと

   2019/10/08

ペットホテルを利用するときは、早い段階からしっかり準備をしておくことが必要です。今回は、ペットホテルを利用する前にしておきたい3つのことをご紹介します。

①愛犬の健康管理

常日頃から愛犬の健康管理をしておくことは、飼い主さんの大事な役割です。愛犬をペットホテルに預けることになったら、今一度、愛犬の健康管理を見直すようにしてください。

ワクチン接種、ノミ・マダニ対策、フィラリア予防

愛犬がペットホテルを利用する前の準備として、予防は必須

ペットホテルにはたくさんの動物が集まります。混合ワクチンの接種とノミ・マダニ対策、フィラリア予防は必須です。

ワクチンが完了していない子犬やワクチンを接種したことのない愛犬の場合は特に気を付けておかなくてはなりません。ワクチンが十分に効果を発揮するには、必要なワクチンをすべて接種してから1週間程度は必要です。ペットホテルを利用する日からさかのぼってワクチンを完了させておかなくてはなりません。

ノミ・マダニの対策は秋であっても欠かせません。ペットホテルで過ごす間にノミやマダニに感染しないように、また、愛犬が感染源にならないために、動物病院で処方してもらったノミマダニ対策の薬を指示通り使用してください。

さらに、フィラリア予防もかかりつけの動物病院の指示に従って行っておくようにしてくださいね。

※関連記事
ドッグランに行くなら必携!【犬のワクチン証明書】なぜ必要?なくした時は?

健康診断

ペットホテルを利用する準備として大事な犬の健康診断

ペットホテルに預ける前に動物病院で健康診断を受けておきましょう。当然、問題が見つかった場合は、治療を受ける必要があります。ペットホテルに預けてもよいかどうか、預けるのであればその間の注意事項を確認しておきましょう。

②脱走や迷子対策

「飼い主が誰であるかがハッキリわかる状態にしておくこと」は、犬と暮らす全ての飼い主に必要なことです。防災対策としても必須ですので、これを機に一度見直してみてください。

愛犬に首輪(名札、鑑札つき)を付ける

愛犬の飼い主を明記するもペットホテルに預ける前に必要な準備

名前や連絡先を記載した名札の付いた首輪を付けておくと、万が一愛犬が脱走して迷子になった場合でも、保護した方が連絡をくれるかもしれません。また、首輪は愛犬を探す時の目印にもなりますので、より愛犬を見つけやすくなるでしょう。

名札や鑑札がいつの間にか外れていることや、名札に書いた文字がこすれて消え、読めなくなっていることがとてもよくあります。ペットホテルを利用することが決まったら、改めて愛犬に装着している名札や鑑札を確認してください。

マイクロチップの挿入と登録

愛犬にマイクロチップを入れておくとさらに安心です。マイクロチップとは動物の識別を目的とした小さなチップ。獣医師によって、ワクチン接種の時と同じように針を刺し、動物の皮膚の下に埋め込みます。

マイクロチップを挿入し、必要な情報をきちんと登録をしておけば、万が一の時にも、愛犬が飼い主の元に戻ってくる可能性が高まります。

※関連記事
【改正動物愛護法】犬のマイクロチップ義務化ってどういうこと?

③ペットホテルへの伝達事項のメモを作成

ペットホテルに預ける前に愛犬についての伝達事項をメモで準備する

いざ、愛犬とペットホテルに到着したときは、飼い主がドキドキしていたり、愛犬がソワソワしていたり、また、たくさんの荷物に手間取って時間が無くなってしまったりしがちです。そのため、ペットホテルのスタッフへと必要なことをすべて伝えきれないようなことも考えられます。

愛犬についてペットホテル側に伝えておきたいことを、間違いなく伝えられるように事前にメモなどを作成しておくことをおすすめします。

フード・散歩・癖など、生活習慣や生活環境について

  • フードの種類や食べさせ方
  • トイレの習慣
  • 散歩の時間や回数
  • 誤食など心配な癖
  • 薬について
  • 愛犬が好きなことと嫌いなこと

食べ物や散歩などの日課についてあらかじめ伝えておくことはもちろん必要ですが、そのほかにもぜひ伝えておきたいことがいくつかあります。

まず、拾い食いや誤食のように、事故の心配があるような癖については、かならず前もって伝えておきましょう。

そのほか、薬を処方した動物病院併設のペットホテル以外に預ける場合には、投薬処置などをしてもらえるかの確認を事前にしておかなくてはなりません。

さらに、愛犬の好きなことや苦手なことを伝えておくことも非常に大切です。ペットホテルに滞在している間、苦手なことをなるべく避けてもらい、好きなことを積極的に経験させてもらうようお願いしておきましょう。たとえば、体を撫でられるのが苦手な犬の場合、ペットショップのスタッフがスキンシップのつもりで優しく撫でたとしても、愛犬にとっては嫌な経験となってしまう可能性があります。また、逆に、はじめは緊張していた愛犬でも、ペットホテルでお気に入りのおもちゃでの遊びを楽しんでいるうちに「ペットホテルは楽しい!」と良い印象を持てるようになってくるはずです。

※関連記事
遊びの中に光る個性☆ひとり遊び上手なわんこたち!

ペットホテルを利用するときには準備を確実に

ペットショップを利用するときは、飼い主さんも愛犬も緊張してしまうものです。愛犬が滞在中に少しでもストレスなく楽しく、そして安全に過ごせるように、ぜひ早めに準備を進めてくださいね。

※関連記事
社会化でご機嫌な愛され犬に♪子犬期に慣れさせたいのはこの7つ!

※関連記事
犬のクレートトレーニングの方法。居心地の良い安心基地を作ろう♪

関連記事

愛犬の早食いを防ぐ方法3選

愛犬の早食いを防ぐ方法3選

愛犬に早食いのクセはありませんか?愛犬の早食いが原因でフードが喉につまったり、むせてしまったりすることがよくある、という…