メニュー

【愛情ごはんのレシピ】家にあるもので手軽に犬の熱中症対策!

   2018/09/14

暑くなってきました。愛犬の暑さ対策ははじめていますか?今回は、暑い時期にぴったりの愛犬のためのごはんのレシピをご紹介します。いつものフードをベースに、「おうちにあるものをカットして混ぜてのせるだけ」の簡単なレシピばかりですので、ぜひ試してみてください!

おうちごはんのレシピで、手軽に暑さ対策!

今回ご紹介するレシピは、おうちにあるものを「切って混ぜて、いつものご飯にのせるだけ」の簡単なトッピングを手作りするレシピです。ベースはあくまでもいつものフード。いつものフードを少し減らして、愛情いっぱいのごはんをトッピングしてみましょう。全ての食材がそろわなくても大丈夫。レシピを参考にご自宅にある食材でお試しください。

犬の熱中症対策用のごはんを手作りしている女性

※病気などで治療中の愛犬、アレルギー性疾患のある愛犬の場合は、必ずかかりつけの獣医師に相談したうえで与えるようにしてください。

愛犬のごはんのレシピ① green&greenで水分補給

熱中症対策、夏バテ対策といえば、なんといっても水分補給。
水分を豊富に含み、ビタミン、ミネラルたっぷり、天然の栄養素のつまった緑の野菜や果物を使ったご飯のレシピ。夏場に不足しがちな水分と栄養をご飯でおいしく補給しましょう。

レシピは簡単3ステップ

材料
きゅうり、キウイ、りんご、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーでもOK)、黄パプリカ、オリーブオイル、ゼラチン

作り方
① ゼラチンを熱湯で溶かし、オリーブオイルと混ぜ冷やしておく。
 (ゼラチン3gに対し、お湯100㏄、オリーブオイル小さじ1杯程度がおすすめ)
② 野菜、フルーツは5㎜角のキューブ型にカット
③ ②のキューブに1を適量混ぜて、いつものごはんにトッピング

熱中症対策のごはん

このレシピのポイント
★オリーブオイルのほか、亜麻仁油やグレープシードオイル、ココナッツオイルもオススメ
★風味付けとして、オリーブオイルの代わりに出汁やささみのゆで汁などを使うことも可能!色々なジュレが楽しめますよ。ただし塩分があるものはNGです。

自宅で作れるレシピのごはんを食べる犬

レシピで使用した食材をご紹介!

きゅうり…95%が水分!ビタミン・ミネラル豊富な夏バテ解消食材!
過剰に摂取したナトリウムを排泄したり、血圧を下げたりといった効果のあるカリウムが豊富。カリウムには、利尿作用もあり、むくみなどを軽減する作用も。
また、体内に入るとビタミンAに変化するβカロテンも多く含み、視力、皮膚、粘膜などを健康に保つ働きがあります。
そのほか、カルシウムを沈着させ、骨を丈夫にする作用があるビタミンKや、脂肪分を分解する働きがある酵素のひとつ、ホスホリパーゼも豊富に含みます。

キウイ…水分が豊富で、暑い日におすすめ!
腸内環境を整えてくれる、食物繊維が豊富。また、キウイに多く含まれるカリウムは、体内の余分な塩分を排出し、腎臓の働きをサポートしてくれます。
そのほか、強力な抗酸化作用があり、がん予防にも効果があるとされているポリフェノールもたくさん含んでいます。

りんご…腸内環境を整えるのに効果的!
りんごの栄養は皮に多く含まれます。ポリフェノールやペクチンがその代表。ポリフェノールには抗酸化作用があり、ペクチンには腸内の調子を整え、便秘の解消や整腸作用があります。
りんごは食物繊維も多く、こちらも腸内を整えてくれる作用があります。
そのほか、有機酸(クエン酸、りんご酸)が疲労回復をサポート。
また、余分な塩分を体外に排出する働きや、利尿効果のあるカリウムも多く含まれています。

熱中症対策のごはんの材料

ブロッコリースプラウト…栄養豊富な「天然のサプリメント」!
ブロッコリースプラウトには「スルフォラファン」と呼ばれる栄養素が含まれています。このスルフォラファン、6大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質ビタミン、ミネラル、食物繊維)と同じくらい重要視されている第7の栄養素「ファイトケミカル」の一種です。体内に侵入した有害物質を取り除いてくれる酵素の力を高めてくれたり、老化の原因になってしまう体の酸化を防いでくれたりします。
そのほか、ビタミン・カルシウム・食物繊維もとてもたくさん含まれているなど、ブロッコリースプラウトは「天然のサプリメント」とも呼ばれるほど栄養価の高い食材です。

パプリカ…豊富なビタミンで免疫バランスを整える!
黄色パプリカに多く含まれるビタミンCには、抗酸化作用、免疫力を高める効果あり。
一方、オレンジパプリカに多く含まれるカロテンには、視力、皮膚、粘膜などを健康に保つ働きがあります。こちらは、油と一緒に摂ることで効果UP!

オリーブオイル…良質な脂肪酸が健やかな体を保つ!
オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸(不飽和脂肪酸ーオメガ9系脂肪酸)には、悪玉コレステロールを減少させたり、胃酸の分泌を和らげたりする働きがあります。
また、ポリフェノール、ビタミンE、オレイン酸といった抗酸化成分は、ドライスキンや毛のパサツキの改善に力を発揮。

愛犬のごはんのレシピ②フルーツ&ハーブで食欲UP!

食欲が落ちているかな?というときにもおすすめのレシピ。
栄養たっぷりの野菜や果物とヨーグルトのレシピで美味しく栄養補給。手作りごはんで夏に負けない体を作りましょう。

こちらもレシピは簡単、3ステップ

材料
マンゴー、クランベリー、ブルーベリー、トマト、カモミールティー、ヨーグルト

作り方
① 野菜やフルーツは5mm角のキューブ型にカット
② ヨーグルトにカモミールティーを入れて混ぜておく
(ヨーグルト大さじ1杯に対し、カモミールティー小さじ1杯程度)
③ いつものごはんの上に、②→①の順でトッピング

フルーツで熱中症対策できる愛情ごはんのレシピ

このレシピのポイント
★飼い主さんがカモミールティーを飲んだ時に少量とっておいてヨーグルトに混ぜ、フードにトッピングするだけでもgood!
★マンゴー、ベリー類は、市販の冷凍のものを解凍して使ってもOK!

手作りご飯を食べる犬たち

レシピで使用した食材をご紹介!

マンゴー…エネルギーと水分チャージで夏バテに効果的!
マンゴーは、炭水化物がとても豊富です。炭水化物は元気の源。犬のエネルギー源となります。
また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がどちらも豊富で、腸を整え、便秘改善に効果的。
そのほか、身体の中にある不要なナトリウムを排出する働きのあるカリウム、視力、皮膚、粘膜などを健康に保つ働きがあるβカロテンを多く含みます。
※必ず皮をむいて与えてください。

クランベリー:ビタミン、ミネラル豊富な果実!
ビタミンC、EやKが豊富なほか、フラボノイドなどの植物栄養素が多く含まれています。また、カリウム、マンガン、カルシウムとリンといったミネラルもたっぷり含んでいます。
フラボノイドなどの植物栄養素は、抗炎症特性を有しているので愛犬の歯周病対策にも。
また、クランベリーに含まれるキナ酸には、アルカリ性の尿を酸性に傾ける作用あり。pHバランスがアルカリに傾きがちで、ストラバイト結晶ができやすい愛犬への効果が期待できます。
※酸性尿が引き起こす「シュウ酸カルシウム結晶」ができやすい愛犬にはNGです。

ブルーベリー:ビタミンと食物繊維で健康維持!
抗酸化作用のある成分を多く含みます。その中でも主成分であるアントシアニンには、眼精疲労を回復する働きもあるとされています。
そのほか、食物繊維が豊富で、腸内環境の改善や便通を良くする効果が期待できます。

トマト…体の熱を取り除く、夏にぴったりの食材!
トマトに含まれる代表的な栄養素、リコピンにはストレスや運動などによって発生する活性酸素を取り除くはたらきがあり、老化予防やエイジングケアにも適した食材です。
また、βカロテン、ビオチン、ビタミンCが多く、皮膚や粘膜を健康に保つことが期待できます。
東洋医学の視点では、体の熱をおだやかに取り除く作用があると言われています。

フルーツたっぷり熱中症対策ごはんの材料

カモミールティー(ジャーマンカモミール)…ハーブの力でリラックス。
ほのかな甘みで気持ちが落ち着く鎮静効果があります。皮膚や胃腸にも効果的と言われています。

ヨーグルト…トッピングで食欲増進、お腹の調子を整える!
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を少なくする働きがあります。その結果、腸内の菌のバランスが整い、下痢や便秘、消化不良の解消が期待されます。腸内環境が整うことで、それまで悪玉菌が出していた腐敗臭や有害物質が減少し、口臭が改善されることも。
また、免疫力アップも期待でき、皮膚や被毛にも良いとされています。
愛犬がご飯をあまり食べないとき、ヨーグルトだけをフードにトッピングすることで食欲増進を狙うこともできますよ。

愛犬用の自家製ごはんのレシピの注意

トッピングの与えすぎに注意!

トッピングの与えすぎは便が緩くなるなど、消化不良につながります。また、トッピングが多すぎると栄養バランスに偏りが生じてしまうことも。
必ずいつものフードをメインに、今回ご紹介したレシピのご飯は、トッピングとして与えるようにしてください。カロリーオーバーにならないためにも、いつものフードの量を2割ほど減らし、少量をトッピングすることをおすすめします。

ごはんで健康維持している犬

また、毎日同じレシピのトッピングばかりでは、栄養バランスが崩れてしまいます。同じレシピのトッピングは週に1~2回程度に抑えましょう。

※レシピにのせた食材の様子を分かりやすくするため、画像のごはんではトッピングを多めにしています。画像と同じごはんの割合では、トッピングが多すぎますのでご注意ください。

はじめての食材は様子をみながら

子犬のうちから少しずつ色々な食材を与えることで、食物に対するアレルギーを起こしにくくなるともいわれています。はじめのうちは、一度にたくさんの食材を与えようとせず、一つの食材ごとに試していくことをお勧めします。

ごはんを食べたそうな子犬

特に子犬のうちは、消化機能が未成熟であることもあり、うまく消化ができずに下痢をしてしまう場合も。アレルギーと無関係であることも少なくありませんが、はじめての食材を与えるときには、ごく少量ずつ、下痢をしたり嘔吐したりしないか、子犬の様子を確認しながら与えましょう。

簡単愛情ごはんのレシピで美味しく夏を乗り切ろう!

毎回愛犬用のご飯を作るのは大変…という方は、野菜や果物をカットしてジッパー付きの袋で小分けにして冷凍保存してもOKです。ぜひこちらでご紹介したレシピを参考に、手軽においしく不足しがちな水分や栄養素を補給して、暑い夏を乗り切りましょう!

こいぬすてっぷに所属している獣医師チーム。臨床経験が豊富な獣医師により構成されています。獣医療の知識や経験を生かし、子犬育て、しつけに関わる正しい知識をわかりやすくお届けしていきます。

関連記事

記事がありません