メニュー

食事で愛犬の夏バテ対策!今すぐできる、簡単・手軽な方法はコレ!

 

暑い夏が続いていますが、愛犬は「夏バテ」していませんか?夏バテ対策のポイントは栄養と水分をしっかり摂ること!愛犬になんだか食欲がないなど、夏バテしたかな?と思ったら早めに、対策を取りましょう!残りの夏を元気に乗り切るために、自宅で簡単にできる夏バテ対策してみませんか?今回は、夏バテ対策に役立つ「簡単・手軽に栄養と水分をしっかり摂れる食事の方法」について紹介します。

病気でないのに食事の量が減った…それは夏バテかも!

暑い日が続く夏、病気の症状はないのに、次のような症状が見られる場合は、夏バテの可能性があります。

  • 食事を出してもあまり喜ばない
  • 食いつきが悪い
  • 食べ残しがある

夏は人も夏バテしますが、暑さに弱い犬はもっとバテやすいことをご存知ですか?
ただ、やっかいなのは「ただの夏バテ」か「病気の症状のひとつ」なのか分からないこと。ですから、食欲のない日が続いたら、まずは動物病院で病気でないことを確認しましょう。

特に病気が見られないようならば、「夏バテ」の可能性あり。
少しでも食べてもらい、夏バテをひどくしないために食事の内容を工夫しましょう。

夏バテしているので食事を工夫する犬

夏バテ対策、食事のポイントは「水分と匂い」

夏バテした犬は、口から水分や栄養を摂るのが難しくなってしまいます。

しかし、そのままきちんと食事や水分補給をせずに放置して、水分と栄養が不足していくと、状態はどんどん悪化し、脱水症状や熱中症を起こす恐れが…。
食欲が落ち始めたかな?と感じたら、すぐに水分や栄養補給などの対策をしてあげましょう。

愛犬の夏バテ対策のポイントは、

  • しっかり水分を含んだ食事にして、食事で水分不足を補うこと
  • 「匂い付け」で食欲を刺激すること
  • 少量でもしっかり栄養をとれるように工夫すること

です。

夏バテ対策として、犬に氷を与える方もいらっしゃいますが、くれぐれもご注意を。
必要以上に消化管を冷やしてしまうだけでなく、小型犬や老犬は歯が欠けたり、喉に詰まったりする危険も。氷は水分補給になりますが、与える量や大きさには注意してくださいね。

最も手軽な夏バテ対策の食事はひと手間プラスするだけ!

では、実際に今すぐできる、簡単・手軽な夏バテ対策の食事を作ってみましょう。
ポイントは「ひと手間プラス!」です。

犬の夏バテ対策用の食事

いつものドライフード+水やぬるま湯

食欲がないときは飲み込みやすい物や、喉ごしがいい物を食べたいもの。簡単に飲み込める食事の方が、より多くの量を楽にお腹に入れられるはずです。

「総合栄養食」と書かれたドライタイプのドッグフードは、栄養バランスの良いフード。これに水やぬるま湯を加えてドッグフードをふやかしてみてください。
ぬるま湯を用意するのも大変!という方は、ドライフードに水を加え、ごく短時間だけ電子レンジで温めてみてもよいでしょう。

いつもと同じフードでも、少しにおいや風味がアップして、食べやすくなるはずです。
このとき、愛犬が火傷をしないように、愛犬に与える前にフードの温度を確認することは絶対に忘れないでくださいね。

夏バテ対策の食事を食べる犬

いつものドライフード+ウェットタイプのごはん

ドライフードにウェットフードやモイストタイプのフードをトッピングする方法もあります。

ドライフードのみの場合と比べると少々お値段が高くなりますが、レトルトや缶詰タイプのフードをドライフードに混ぜた食事を与えてみましょう。
こういったウェットタイプのごはんには、食材の風味が残っていたり、水分が多く、食べやすいため、食い付きをよくする効果があります。

このとき、ウェットタイプのフードをドライフードの上に乗せるだけでは不十分。「上だけ食べて食事は終わり!」となってしまう犬もいるのでご注意を!
ドライフードとウエットタイプのフードといつものドライフードをしっかり混ぜた上で、さらに上にウエットタイプのフードをトッピングしてあげるのが、ポイントです。

缶詰やレトルトパウチなど様々なウエットフードが販売されています。
未開封なら長期間常温保存できるものも多いので、いざという時のため、予め購入して常備しておくと便利ですよ。

一時的にウェットタイプのフードに切り替えてしまう

夏バテ対策の缶詰の食事

どうしても愛犬がドライフードを食べない時はウェットタイプのフードに切り替えてしまう方法もあります。

ただし、「総合栄養食」ではないウエットフードのみを長期間与えると、必要な栄養素が十分にとれない可能性が。また、時には下痢の原因になってしまうことも。

ウェットフードはあくまで応急措置と位置付けておくとよいでしょう。
もともとドライフードを食べていた愛犬であれば、夏バテが落ち着いてきたら、徐々にウェットフードの割合を減らしていき、ドライフードの割合を増やしいくことで、元の食生活に近づけていくことをおすすめします。

いつものフード+簡単手づくりトッピングで夏バテ対策!

手づくりの夏バテ対策の食事も意外とチャレンジしやすいですよ。「いつものフードに夏の野菜や果物などをトッピング」がオススメ。

旬の野菜は水分だけでなくビタミンやミネラルも豊富。
一番簡単な方法は、キュウリ・レタス・トマトなどを小さくカットするだけ!
あとはドライフードに混ぜたり乗せたりしてみましょう。

犬の夏バテ対策の食事

野菜の茹で汁や、かつお節や鶏で取っただし汁をドライフードにかけてみるのもよいでしょう。また、プレーンヨーグルトをフードに混ぜてあげたりするのもいいですね。

ただし、「犬が食べられない食材を絶対に使わない」など、手作りのごはんを与えるときにはいくつかの注意事項があります。

  • 茹で汁を作るときにタマネギやネギ類を入れない
  • イカやタコ、貝類、タケノコ、シイタケといった消化が難しいものが混ざらないよう注意
  • 塩を加えない!
  • 鶏の骨や魚の骨は十分に取り除く
  • ハム、ソーセージ、カマボコなどは塩分が多すぎるのでNG
  • 牛乳を含め、犬用ミルク以外のミルク類はNG
  • 果物の種は中毒や喉に詰まらせる危険があるので必ず取り除く
  • 生肉を与えない

夏バテ対策としてトッピングをする時は、「犬と人は食べるものが違う」という点を忘れないようにしてくださいね。

※犬に手作りの食事を与えるときの注意についてはこちらの記事もご参照ください。
【獣医師監修】犬のおやつを手作りする前に!食べていい食材&調理法を知ろう

夏は食中毒の季節!食事にはくれぐれもご注意を

手作りフードやウェットタイプのフードは使い切り!

水分が多い食事は、食中毒の原因になる細菌が繁殖しやすいデメリットがあります。
作って冷ましたらすぐに食べさせ、食べ残しはすぐに処分してください。

鍋に残った食事も必ず冷蔵保存し、可能な限りその日のうちに食べてしまうのがベスト。常温保存は絶対NGです!

夏はほんの数時間の常温保存でも食中毒のリスクが。くれぐれも注意してくださいね。

食事を作り置きする場合は冷凍保存

夏バテ対策の犬の食事を手作りしているところ

野菜スープや肉の茹で汁、だし汁などは、たくさん作って冷凍すれば保存が可能です。製氷皿などでキューブ状にしておけば、欲しいときに少しずつ使えて便利ですね。
作った後、粗熱を取ったら衛生的な容器に入れて、できるだけ早く冷凍してしまいましょう。

使う時は必要な分だけ取りだして電子レンジなどで温めた後、しっかり冷ましてから使います。解凍したものは再冷凍しないでください。

また、人用の食事と愛犬用の食事を混同しないよう、ラベルを付けるなど工夫するのも忘れずに!

「毎日の食事で夏バテ対策」実践して夏を乗り切ろう!

毎日の食事で夏バテ対策、いかがでしたか?ぜひ実践してみてくださいね。ただし、アレルギーがあったり、病気の治療中だったりする場合は、必ず獣医師と相談した上で対策を取って下さい。また、犬の元気がなくなった、動くのを渋る、食事を全くうけつけない、嘔吐や下痢や発熱、咳といった症状が出てきたら、ためらわずに動物病院へ!食欲不振が長引くときも、早めに獣医師に相談しましょう。簡単で手軽にできる夏バテ対策の食事で水分と栄養を摂りながら、暑い夏を元気に乗り越えましょう!

※夏バテ対策におすすめの食事のレシピはこちらの記事もご参照ください。
【手作りごはんレシピ】夏!家にあるもので手軽に犬の熱中症対策!

こいぬすてっぷに所属している獣医師チーム。臨床経験が豊富な獣医師により構成されています。獣医療の知識や経験を生かし、子犬育て、しつけに関わる正しい知識をわかりやすくお届けしていきます。

関連記事