メニュー

【犬の伏せの教え方】いつでも成功する「基本」からドッグカフェで使える「応用」まで

   2018/10/30

「伏せ」は興奮している犬を落ち着かせるために使えるしつけのひとつ。また、「待て」やクレートトレーニングにもつながる基本のしつけでもあります。さらに「伏せ」を「待て」と組み合わせることで、飼い主の足元で落ち着いて過ごせるようにもなります。これは、愛犬とドッグカフェを利用してみたいと考えている方が必ずあらかじめ練習しておかなくてはならないしつけなのです。「おすわり」と比べてしつけに苦労することもある「伏せ」。どんな状況でも確実にできるようにマスターしておきましょう。ここでは、「伏せ」の教え方の基本から応用までをご紹介します。

伏せの教え方が成功した犬

伏せの教え方①【基本】伏せの姿勢を教える

まずは、犬に「伏せ」の姿勢をとること教えます。教え方のポイントは「伏せ」の姿勢をすることがいいことがある、と教えてあげること。「伏せ」という言葉はこの段階では必要ありません。

「おすわり」からスタート

「伏せ」は「おすわり」の姿勢から教えてあげると教えやすいでしょう。
※「おすわり」の教え方はこちらの記事でご紹介しています。
【犬のおすわりの教え方】完全マスターには「しあげのステップ」が超重要!

おすわりをした犬の鼻先に食べ物をもった手を近づけ、においをかがせます。食べ物を持った手を鼻先からそのまま下へとまっすぐ、床につくまで移動させてください。
犬が手を追って下を向いたら、床から犬の前方へと食べ物を持った手を移動させていきます。Lの字を書くイメージで動かしていってください。

犬が食べ物を追って姿勢を低くし、肘とおなかを床につけて「伏せ」の姿勢になったタイミングですぐに「いい子」と誉め言葉をかけてご褒美の食べ物を与えてください。

犬への伏せの教え方の基本

「伏せ」の姿勢の教え方で大事なことは、犬が自ら「伏せ」の姿勢になるように、食べ物を少しずつ移動させること。手だけをさっさと動かしてしまっては意味がありませんので、犬のペースをよく見ながら、手を動かす速さを調節してください。また、無理やりおさえつけて「伏せ」の姿勢をとらせることはしないでください。

「伏せ」の練習をしている時以外でも、たまたま犬が伏せをした時にも「上手」などと褒めてあげると、犬は「伏せ」の姿勢が好きになるので、さらに効果的ですよ。

伏せの教え方②【基本】言葉を教える

犬が「伏せ」のポーズをとることができるようになってきたら、「伏せ」という言葉を教えていきましょう。

「伏せ」、と言いながら、「教え方①」の時とおなじように食べ物をもった手を犬の鼻先から動かしていき、「伏せ」の姿勢へと誘導してください。犬が「伏せ」の姿勢になったら、タイミングよくすぐにご褒美を与えることを繰り返しましょう。

伏せの教え方③【基本】言葉だけでできるようになろう

「教え方②」までの練習を繰り返すことで、だんだん言葉だけでも「伏せ」ができるようになってくるはずです。
食べ物で誘導することなく、「伏せ」という言葉だけで「伏せ」の姿勢をとれたらすぐにご褒美をあげてください。
うまくいかない時は、食べ物を持っていない手を「教え方②」のように動かしてヒントを与えてあげて。うまく「伏せ」ができたらしっかり褒めてあげましょう。

伏せの教え方を成功した犬

「伏せ」の教え方④【基本】どんな状況でもできるように

食事の前しかできない、おやつを持っていいないとできない…なんてことのないように、色々なシチュエーションで「伏せ」を練習しましょう。時にはお散歩で外に出た時にも練習してみてもよいでしょう。
「伏せ」がしっかりできるようになれば、興奮を落ち着かせることで、突発的な事故などを防ぐことにもつながります。時間帯、場所、指示する人を変えながら、どんな時でも確実に「伏せ」ができるようにしておきましょう。

【必ず守って!】「伏せ」の教え方④の注意点

「伏せ」は様々な場所で練習することが大切とお伝えしました。自宅での練習の場合はノーリードで練習してもOKですが、外で練習する時には、必ずリードを装着した状態で練習してください。

外で伏せの教え方を実践している犬

伏せができたら、次のしつけへとステップアップ!

「待て」は、「伏せ」と組み合わせることで教えやすくなります。また、クレートレーニングでクレートの中で「伏せ」をして落ち着いていられるようになることも大事なこと。
「待て」も、クレートトレーニングも、犬との暮らしの中で必要なしつけです。「伏せ」ができたら、「待て」やクレートトレーニングへとステップアップをしていきましょう。

※「待て」の教え方はこちらの記事でご紹介しています。
【子犬のしつけ】いつでも「待て」ができるようになる4STEPとは?
※クレートトレーニングはこちらの記事でご紹介しています。
犬にハウスのしつけは絶対必要!ハウスが役立つ場面としつけの方法とは?

また、「おすわり」から「伏せ」をするだけでなく、立った状態から直接「伏せ」ができるようにも練習しておくことで、必要なときによりスムーズに「伏せ」ができるようになるでしょう。

「伏せ」の教え方⑤【応用】カフェトレーニング

「待て」ができるなら、カフェでお行儀よく過ごすための練習にチャレンジしましょう。
食べ物を使ってお散歩中の休憩用のマットの上へ誘導し、犬がマットに乗ったタイミングで褒めてご褒美の食べ物を与えましょう。中型から大型犬の場合は食べ物を使って飼い主が座っている椅子の下へと犬を誘導する練習をしましょう。この時、食べ物をもった片手を犬の鼻先に近づけて、犬を椅子の側面から少しずつ誘導してあげてください。うまく椅子の下に入ることができたら、ご褒美をあげましょう。

椅子の下でする伏せの教え方を練習している犬

犬がマットの上や椅子の下にいる時に「伏せ」の指示を出し、できたらご褒美を。そのまま「待て」で待つことができたら、また愛犬にご褒美をあげましょう。はじめは5秒ほどから、少しずつ待っている時間を長くしていきましょう。

ここまでできたら、次は食べ物を使うことなく誘導することなくマットの上や椅子の下へ誘導し、「伏せ」「待て」の指示を出しましょう。
そして、マットの上や椅子の下でリラックスしてくれたタイミングで褒め言葉をかけたり、優しくなでてあげたりしてください。あくまで「リラックスしている状態」を褒めてあげたいので、興奮させるような褒め方はNGです。

また、当然ですが、外で練習する場合には、決してリードを外すことなく練習してください。

カフェで使える伏せの教え方をしている犬

※ドッグカフェを利用する前に確認しておきたいことは、こちらの記事でご紹介しています。
ドッグラン・ドッグカフェへ行こう!子犬と100%楽しむための準備とマナーとは?

「伏せ」の教え方、目標は「伏せ」の姿勢でリラックス

「伏せ」で犬が自ら「伏せ」の姿勢をとり、「伏せ」の姿勢でリラックスできるようになることが「伏せ」の教え方の目標。ですから、無理やり押さえつけるようなやり方で「伏せ」をさせることはNGです。むしろ、犬が何気なく「伏せ」をした時にも優しく声をかけ、「『伏せ』で落ち着いていることはいいことだ!」と犬に理解してもらうことが大切なのです。また、「伏せ」をマスターしたかな、と思っても、できて当たり前!などとは思わず、上手にできている愛犬を褒めることは必ず続けてあげてくださいね。

こいぬすてっぷでは、「伏せ」や「待て」、「カフェでの上手な過ごし方」など、愛犬との暮らしに必要な様々なしつけを無理なくマスターできるような教え方を月齢ごとにご紹介していきます。ご興味のある方はぜひお問合せください。

東京大学農学部 獣医学専修を卒業後、大阪の高度獣医二次診療病院に勤務の後、渡米しミシガン州立大学、カリフォルニア大学 ディビス校にて、整形外科・再生医療の研究などに携わる。帰国後は、アメリカでの経験を活かし、川村動物病院の院長として、より良い地域医療の普及に邁進中。

関連記事