メニュー

犬の目ヤニ。お手入れのコツと病気のチェックポイント【獣医師監修】

   2019/01/11

愛犬の目についた目ヤニ。単なる汚れだと思ってそのままにしていませんか?人と同じで犬の場合も、問題のない目ヤニもあれば、目の病気による目ヤニもあります。時には大至急動物病院を受診したほうがいいケースも。また、目ヤニがついたままで放っておくと、ニオイの元になったり、あとのお手入れがとても大変になってしまったりといった場合も…。言葉を話せない愛犬のため、目ヤニに気づいたらきちんとお手入れをして、愛犬の目のチェックもしっかりしてあげましょう。

目ヤニが出ているときのお手入れのコツ

愛犬の目から目ヤニが出ているときに、そのままにしておくことは良いこととは言えません。とはいえ、犬の目のまわりを触られるのが苦手な犬も多いでしょう。日ごろから、目に限らず、顔まわりを触られることを受け入れられるように練習しておくことをおすすめします。それでも、こびりついた目ヤニをきれいにとることは、なかなか難しい場合もあるのも事実。ここでは、目ヤニが出ているときのお手入れのコツをご紹介します。

目ヤニを見つけたらできるだけ早くきれいにしよう

愛犬の目に目ヤニやよごれが付いている時には、こまめにきれいにふき取ってあげることが必要です。これは、清潔を保つためでもあり、また、目ヤニの出る量を飼い主さんが把握するためでもあります。

目ヤニがなくきれいな犬

目のまわりの汚れや目ヤニは、放っておくと、カチカチに固まって目の周りの被毛にからまり、こびりついてしまいがち。こうなってしまうと、かたまった汚れや目ヤニをとるときに、愛犬に痛い思いをさせてしまうことになります。
一度痛い思いをしてしまうと、顔の周りを触られることを警戒するようになってしまい、次に目ヤニをとる時や、目や耳など顔回りの治療が必要なときも触られるのをいやがり、大変苦労することになってしまいます。
ですから、愛犬の目ヤニや汚れに気づいたら、頑固な汚れになる前に、できるだけはやくふき取ってあげるようにしましょう。

愛犬にやさしい目ヤニの取り方

水かぬるま湯を含ませたコットンを使って、やさしくそっとふき取ってあげましょう。いきなり正面から拭こうとすると嫌がることがほとんどです。優しくなでてあげながら、愛犬がリラックスしているタイミングで、できるだけコットンが視界に入らないように、眉間や頬からそっと近づけて拭いてあげるとよいでしょう。

静かに目ヤニをとらせてくれているようならば、目ヤニをとりながら優しく「いいこだね」と声がけをしてあげましょう。目ヤニをとりおわったあとも、しっかり褒めてご褒美のおやつをあげたり、しばらく一緒に遊んであげたりしてくださいね。

ごしごしこすったり、引っ張ったりはNGです。また、かたまった状態の目ヤニをコームで無理やり引っ張ってとるのもNG。

目ヤニがきれいにとれた犬

少しかたいかな、と思ったときは、湿らせたコットンなどをしばらくあてて、目ヤニなどのよごれをふやかしてからとるとよいでしょう。
嫌がらない愛犬であれば、少々時間をかけて目の周囲を温パックする方法も。湿らせたガーゼをやけどしない人肌程度に温めて、優しく瞼の上にのせ、少し待ってみて。がんこな目やにの汚れも驚くほどとれやすくなりますし、気持ちいいと感じてリラックスしてくれる犬も少なくないですよ。
ただし、目に異常がある場合には、必ずかかりつけの獣医師に相談のうえ行うようにしてくださいね。

目ヤニが出ているとき、病気のチェックポイントは?

愛犬の目ヤニに気づいたら、お手入れをすると同時に、目に異常がないかのチェックもしましょう。
また、目ヤニが出ている場合も出ていない場合も、犬の目のチェックは毎日行っておくことをおすすめします。散歩中にごみが入ることも多いので、散歩から帰ったら目のチェックをすることを習慣にしておくのがおすすめです。
ここでは、目ヤニが出ているときの病気のチェックポイントをご紹介します。

病気の心配がないのはどんな目ヤニ?

目ヤニは、「眼脂」ともいわれ、目に入った埃などの異物や不要な細胞や老廃物などを除去するために作られるものです。
目に目ヤニ以外の症状が見られず、寝起きに白や茶色っぽかったり灰色っぽかったりする目ヤニが少量出る程度であれば、異常な目ヤニではないでしょう。起きているときには涙によって流れてしまう汚れが、寝ている間にたまってしまってできた目ヤニだと考えられます。

気を付けなくてはならないのはこんな目ヤニ

目ヤニで気を付けなくてはならないのは次のような時です。

  • 目ヤニが急に増えた
  • 黄色や黄緑色っぽい目ヤニ
  • ねばねばした目ヤニ

特に、こびりついて目が開かないほどの目ヤニが出る、拭いてもまたすぐに目ヤニが出る、といった場合には、目に何か異物が入ってしまっていたり、目の病気にかかっていたりといった原因が考えられます。できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

多くの場合、異常な目ヤニの主な原因は、結膜や角膜、眼瞼(まぶた)などの炎症。目に入ってしまった異物や睫毛や被毛による刺激、感染をはじめとした様々な原因で結膜や角膜、眼瞼(まぶた)などの組織で炎症が起こり、目ヤニがたくさん出るようになるのです。

目ヤニで受診する犬

一刻を争うようなケースもある?

目ヤニの原因として、結膜や角膜、眼瞼の炎症などの病気が考えられるとおはなししましたが、中でも、外傷などにより角膜に傷がついてしまう「角膜潰瘍」と呼ばれる状態は深刻です。
治療が遅れると、治るまでにかなりの時間がかかったり、時には手術が必要になったりするケースがあるだけでなく、視力に問題が出てしまうことも。また、かなり強い痛みも伴いますので、可能な限り早く適切な治療をしてあげることが大切なのです。

  • 外傷に心当たりがある
  • 目ヤニが出るとともに、急に愛犬が目をしょぼしょぼして開けにくそうにしだした
  • 黒目の表面に凸凹が見える
  • 黒目の部分の表面が白く濁っている

といった場合には、早急に動物病院を受診することをおすすめします。

目ヤニが気になるときはこんな症状にも注目して

目ヤニが急に増えたり、異常な色の目ヤニが出たりするのは、何らかの目のトラブルのサインであることが少なくありません。
愛犬の目を守るためにも、次のような点にしっかり注意してあげてください。

  • 目が明けづらそう(まぶしそうな顔をしている)
  • 目が開いていない
  • 目を搔こうとする
  • 目の周囲が腫れぼったい
  • 涙が異常に多い

これらの症状は、いずれも目に何らかの異常があるサインです。早めの受診をおすすめします。

目ヤニとともに目を搔こうとする犬

目の異常で受診するときは、目をかかせないように

眼に異常があると、痛みやかゆみから、犬が目を搔こうとしたり、顔を壁や柱にこすりつけようとすることがあるかもしれません。
しかし、手で搔こうとすることで、目に傷をつくってしまうなど、状況が悪化してしまうことが少なくありません。

自宅にエリザベスカラーがある場合には、装着して受診することをおすすめします。
自宅にエリザベスカラーがなければ、取り急ぎ、帯状にしたタオルを首に何重かまいて、エリザベスカラーのかわりにすることもできる場合も。このとき、必ず首とタオルの隙間に指が1本入る程度の隙間を作っておくようにしてください。また、体格によってはうまくいかないケースがあったり、愛犬が嫌がったりするケースもあります。装着することにこだわりすぎる必要はありませんので、早めに受診するようにしてください。

愛犬の目ヤニ、放置はしないで!

愛犬の目ヤニに気づいたら、決して放置はしないようにしてくださいね。きれいにお手入れしてあげること、目の健康を守ってあげることは飼い主の大事な役割でもあります。同時に、普段から顔回りのお手入れを受け入れられるように練習をしておくこともとても大事なこと。いざ目の病気になったときにはじめて触られるようでは、愛犬は顔や目の周りを触られることに強い抵抗をしめしてしまいます。毎日のお手入れや健康チェック、愛犬とのスキンシップを通して、愛犬が体中どこでも触られることができるように練習をしておくことをおすすめします。

※愛犬の健康管理については、こちらの記事でご紹介しています。
犬の健康チェックは〇〇しながら毎日しよう!おさえておきたいポイントまとめ。【獣医師監修】

東京大学農学部 獣医学専修を卒業後、大阪の高度獣医二次診療病院に勤務の後、渡米しミシガン州立大学、カリフォルニア大学 ディビス校にて、整形外科・再生医療の研究などに携わる。帰国後は、アメリカでの経験を活かし、川村動物病院の院長として、より良い地域医療の普及に邁進中。

関連記事